« ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」習志野文化ホール | トップページ | ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」宇都宮市文化会館 »

2005年5月 3日 (火)

ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」町田市民ホール

20050503今日からまた三連休!
ゴールデンウィークならぬピンクウィークということで、今日は町田へ。
京王線と横浜線を乗り継いで、町田へ到着したのは14時前。
駅からちょっと歩いたところに、町田市民ホールはあった。
おしゃれな感じの外観。中に入るとワンフロアのわりと小さめのホール。
こりゃあチケットとるのも大変なわけだ・・・と納得。
私の席はせ列18番。前後でいっても左右でいっても、ちょうどド真ん中という位置。

予定よりちょっと遅れて14時半過ぎ開演。
最初からものすごい熱気で、ふたりも「今日はこじんまりと、熱い感じがもぅストレートにドンと・・・いいんじゃない。
そのぶん私たちのエネルギーも、隅っこまで届きますよね~」と挨拶。

「モンスター」のラスト、いつもなら火柱があがるのだが、ステージが狭いためか今日はなし。
「どうでもいいけど、なんでこんなに着るの? 良かったねぇ~夏までやってなくて。夏これだったら大変よ」と
ケイちゃんが言うと、「夏までやるんだったら、Vol.4があるって・・・」とミーちゃん。
おぉ~っひょっとしてツアー延長か?と場内大歓声。
「そんな火をつけるようなこと、口が裂けても言っちゃいかん。禁物、禁物」とすかさずケイちゃんが取り消す。
再度「秋までやって・・・なんて冗談じゃない」とケイちゃんが言うと、
「47(歳)だって言ってるじゃない。秋までやってたらあなた、48(歳)になっちゃうのよ、ケイさん」とミーちゃんが一言。

お客さんいじりのとき、コスプレの人が駅のトイレで着替えて「うわっぱり」を着て歩いてきたという話に
ケイちゃん大うけ。「うわっぱりだって。うわっぱりわかる自分も悲しいけど」と完全にハマっていた。
キラキラしてる人が多いためか、お客さんいじりの時間がいつもよりかなり長かった。
そのためなのか、終演したのは16時50分。

夜の部までの間、町田の街をブラブラ。町田は昔よく来てたけど、ホントに久しぶりって感じ。
「ドンキホーテ」や「TOKYU HANDS」「ダイソー」なんかをのぞいているうちに、そろそろ時間。
会場へ引き返して、友人と落ち合う。席が別々になってしまったので、しばらく話をしてから自分の席へ。
今度の席は、え列31番。前から4列目の右端。
前のほうはフロアがフラットだったのでちょっと観ずらかったけど、ステージがかなり近くてゴキゲン。

今回も予定よりちょっと遅れて、18時半過ぎ開演。
夜の部も、最初からもの凄い盛り上がり。
「なんか悪いものでも食べましたか?みなさん。すごいノってます。町田はちょっと変わってますから」と
言いつつも、嬉しそうなケイちゃん。

全米進出の話のとき、「新聞にはあの当時、お金をかけて全米進出したみたいな感じで書かれたけど」
「お金積んでもとれるもんじゃないんですよ」「お金はどっかいっちゃったのよね」という話になり、
「その当時のスタッフの話によると、2年ぐらい先までピンク・レディーのスケジュールがびっしり埋まっているところを
キャンセルして、そのキャンセル料が莫大だったっていう話は聞いたことあるわよ」とミーちゃんが言うと、
「えぇ~何百億も~? そうかしら~? ミーさんうまいこと騙されたわね。私はそんなことないだろうなと思う」と
ケイちゃん全否定。

モンスターシリーズの後、お客さんから「もっとやって~」「もう一回!」と声がかかると、
「町田の人は勝手によくしゃべるね~。私たちのおしゃべり楽しいんだから聞いてなさい」と
ケイちゃんが厳しい突っ込み。確かにおしゃべりも絶好調で、「モンスター」の衣装を
「47にもなってさ、この格好普段してたら、頭おかしくなったと思われるわよ」
「これね、ひとりじゃ出きん。ミーといっしょだからできるわ」
「こんな格好でテレビ局歩いててごらんなさい。守衛さんに見つかって、つかまっちゃうよね、本当に」
とのやりとりの後、「二人だから、大手をはって着れるのよ。こんなもの」とケイちゃん。
すかさず「ケイ、それ今の混ざってたよ。『胸を張って』と『大手を振って』と混ざってなかった?今」と
ミーちゃんが突っ込む。「もう何言い出すかわかんないんだからこの口」とケイちゃん。
お客さんがステージを観ずに踊りまくってるので、「踊るか観るかどっちかにしなさいよ。
カラオケと間違ってるんじゃないのかしら? これ終わってからにしなさい。カラオケ行くのは」とも。

「OH!」の後のMCで、またもや「こんなに豊かな胸」と言い間違えたケイちゃん。
すかさず「どこ?」とミーちゃんから突っ込みを受け、しばらく笑いが止まらなくなっていた。
お客さんいじりのコーナーでは、お客さんのアクセサリーを見て「何それ?ダイソー?」とミーちゃん。
その後も「ダイソー」連発で、ここんところちょっとしたブームみたい。
「後のほうにもなんか光ってる人がいるよ~ ・・・(ヘンな間)・・・ あれは~何だ?」とケイちゃん。
「また違うもん見つけたんじゃないの? あれは機械のボックスじゃないかしら?ケイさん。衣装じゃないのよ」と
ミーちゃんにたしなめられる。

そんな感じでいつもに増して熱いコンサートは、20時55分に終了。
その後、駅前の「えん」という飲み屋で乾杯。今日のコンサートの感想を肴に、美味しいお酒を飲む。
終電の時間もあるので、23時前にはおひらき。
横浜線と京王線を乗り継いで調布へ戻り、「そらまめ」でラーメンを食べる。
その後、「LEON」にも寄ってみたけど満席というので、そのまま1時前に帰宅。

|

« ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」習志野文化ホール | トップページ | ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」宇都宮市文化会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」町田市民ホール:

« ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」習志野文化ホール | トップページ | ピンク・レディー「Unforgettable Final Ovation」宇都宮市文化会館 »