« ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」東京ドーム | トップページ | ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」さいたまスーパーアリーナ »

2006年3月24日 (金)

ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」東京ドーム

2006032401グループのフロアが5階から7階に移転するので、今日は午後から荷造り作業。
てきぱきと終わらせて、16時半にはフレックス退社。そのまま水道橋へと急ぐ。
一昨日に続いて、ROLLING STONESの来日公演二日目。
17時半に水道橋に到着。既に開場時間過ぎていることもあり、駅前は大勢の人でごったがえしていた。
駅前のテキ屋で、バッタもんのマウスパッドとステッカーを購入。
こういうところに、意外といいモンがあったりするわけだ。
オフィシャルのグッズ売場はものすごい行列で、冷やかししようと思ったけど断念。
まだ時間があるので、東京ドームのまわりをぐるっと一周してみた。
これといった発見はなかったけど、初めて一周したという達成感を味わう。

18時を過ぎたので、ドーム内へ入場。今日も22ゲートから入って、スタンドを抜けてアリーナへ降りる。
席はアリーナA1ブロック118番。ステージ向かって一番左端のブロック、前から12列目の右端。
ステージはちょっと遠いけど、全体が見渡せてなかなかイイ。
今日もまたアリーナ専用コンコースをぶらついたりしているうちに、開演時間の19時が近づく。
今日はスタンド席もほぼ埋まり、なかなかいい雰囲気。。。否が応でも、期待は大きくなる。

19時ぴったりに、オープニングアクトのリッチー・コッツエンが登場。
あいかわらず淡々としたステージが、30分ほどで終了。
再び客電がつき、STONESのセッティングが始まる。
ステージ脇からスモークがあがり、ステージセットのビルにお客さんがのぼると、そろそろ開演だ。

200603240220時13分、客電が一斉に落ち、ステージ上の巨大スクリーンにはイメージ映像が映し出される。
先日は気づかなかったが、メンバーの顔が一瞬現れる凝った作り。
最後に巨大なTONGUE LOGOが映し出されると、「Start Me Up」のイントロが始まる。
ゴールドのジャケットを羽織ったミックが、ステージ狭しと動きまくる。
「マタ来タゾ、TOKYO!」とミックが一言しゃべると、キースが「It's Only Rock'n Roll」を弾き出す。
おいおい、一昨日とセットリストが全然違うぞ。。。うひゃぁ~こりゃサイコーだわ!
「Are You Feel Good?」との問いかけの後、「ツギハシンキョクデス」と「Oh No Not You Again」。
ミックは、「マタ来レテウレシイ。25カイメノSHOWダ」とMC。今日は東京ドームでの25回目の公演なのだそうだ。
続いて、「Bitch」。一昨日は演ってくれなくて残念・・・って思ってたんだけど、まさか演ってくれるとは・・・嬉しい!
「タノシンデルゥ?」との一言に続いて、「Tumbling Dice」。
ミックとキースが交互に、ステージサイドの花道をこっちに向かってやって来る。
スクリーンに映し出された女性のお客さんが慌てて顔を隠すと、「ヤバ~イ。アトデドウ?」と突っ込みを入れるミック。
ステージにはエレピがセットされ、「スゴクタノシイ」と言いながら弾き出す。「Worried About You」だ。
ミックのファルセットと、「Baby~!」のシャウトに酔いしれる。「ドウモアリガトウ」と感謝の意を述べるミック。
「Are You Feel Good? Oh~Yeah~!」とお客さんを煽り、「Ain't Too Proud To Beg」。
そしてチャーリーのドラムに、キースとロニーのブルージーなギターが加わり、ミックのハープがかぶさる。
「Midnight Rambler」の始まりだ。いつ聴いてもこの曲はカッコいい。中盤のコール&レスポンスもサイコー。
続いて、キースが「Gimme Shelter」のイントロを弾き出す。
それに応えるかのように、リサ・フィッシャーのコーラスが加わる。
今日もまた、ミックとリサのセクシーなヴォーカルがこれでもかとからみ合う。

メンバー紹介をはさんで、キースコーナー。
今日もまた吸いかけの煙草を指ではじいて、アコースティックギターで「This Place Is Empty」。
そしてロニーがスライドギターをセッティングすると、お馴染みの「Happy」。
キースコーナーが終わると、「Miss You」が始まる。ミックはギターを持ち、メンバーとともにステージごと花道を移動。
演奏しながら、Bステージへとたどりつく。私の席からだと、かろうじてメンバーの後姿が見えるといった感じ。
それでもミックは、「イ~イ眺メ」とご満悦。「Rough Justice」「You Got Me Rocking」と、最近の曲が続く。
「Honky Tonk Women」を演奏しながら、FLOWER TONGUEの風船が膨らむメインステージへ戻る。
しばらくステージが暗転した後、「Sympathy For The Devil」が始まる。
ミックはステージ後方のお立ち台を駆け回り、キースは花道でギターを弾きまくる。
このあたりになるとアリーナの通路にはお客さんがあふれ、みんなでグシャグシャになってノリまくる。
そんな中、キースの「Jumping Jack Flash」のリフが炸裂! 火に油を注いだような大騒ぎ。
「ミンナスゴ~イ! ラストォ~!」というミックの掛け声とともに、「Brown Sugar」でフィニッシュ。

アンコールは一昨日と同じく、「You Can't Always Get What You Want」で開始。
「イッショニウタッテ~」というミックの言葉に応えて、お客さん全員で大合唱。
「Yeah~!」とお客さんとコール&レスポンスするミックをさえぎるように、キースが「Satisfaction」を弾き出す。
ステージサイドの花道を駆け巡るミック、ギターを弾きまくるキース。そしてロニー、チャーリー。
とにかくもうサイコー! これ以上ないっていうくらい盛り上がり、ステージ脇から花火があがって演奏は終了。
最後は、ステージ中央に4人が並んでカーテンコール。名残惜しそうにメンバーは、ステージ裏へと消えていった。
時間は、22時18分。セットリストも好みだったし、まわりの盛り上がりも良かったし、
自分が観たSTONESのライブの中で過去最高だったような気がする。

しばらく席で呆然とした後、スタンド席を抜けて場外へ。
混み合う水道橋を通り越して神保町へ行き、「天鴻餃子房」で餃子をつまみに乾杯して24時頃帰宅。

|

« ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」東京ドーム | トップページ | ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」さいたまスーパーアリーナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」東京ドーム:

« ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」東京ドーム | トップページ | ROLLING STONES「A BIGGER BANG TOUR」さいたまスーパーアリーナ »