« LAUGHIN' NOSE「AM A LIVE ツアー」日比谷野外大音楽堂 | トップページ | BLONDIE「“FAREWELL” JAPAN TOUR 2006」渋谷O-EAST »

2006年8月27日 (日)

VA「WORLD BEAT 2006」日比谷野外大音楽堂

20060827今日は、日比谷野外大音楽堂へ「WORLD BEAT 2006」というイベントを観に行った。
ちょっと前の飲み会で「ライブに行こう」という話になり、後輩といっしょに行くことになったのだ。
現地集合だったので、開演時間の15時45分に間に合うよう出発。
霞ヶ関駅で後輩と会ったので、いっしょに会場内へ。
会場内は、立見が出るほど超満員。その中を、自分の席B5列7番へと向かう。
既にもうひとりの後輩と友達のコが来ていて、挨拶なんぞしているうちに開演時間となる。

まずは新日本プロレスの解説者という人が登場して、開演の挨拶。
そうしている間に、会場後方から白塗りのパフォーマーと管楽器を持った人達が登場。
トップは、渋さ知らズオーケストラだ!
ステージにも大勢のメンバーが登場して、いよいよ演奏が始まる。
いつも通りにアグレッシブな演奏と、ダンサーのセクシーな踊りがたまらない。
最初は座って聴いていたお客さんも次第にエキサイトしてきて、立ち上がって踊り出す。
もちろん私もビールを片手に、心地よいリズムに身をゆだねる。
ラストは、「本多工務店のテーマ」をみんなで大合唱して終了。
ちょうど1時間のステージ。最初から燃えつきたという感じだ。

しばらくの休憩をはさんで、17時10分からROVOのステージ。
バイオリンが中心という珍しいメンバー構成のバンド。
もともと渋さ知らズのメンバーらしく、人気はけっこうあるみたい。
初めて観たけれど、SPACYでCOOLなサウンドが私にはちょっと物足りなかったかな。
それでも最後はお酒の勢いもあって、ガンガンに踊りまくって40分ほどで終了。

再び休憩が入り、18時15分から本日のメインKONONO No1のステージ。
ステージ両脇には大きな拡声器が客席に向かって立てられている。
コンゴ出身というこのバンド、リケンベという親指ピアノを使うということ以外、何の予備知識もない。
演奏が始まると、ん~なんて言うんだろう。。。
土着のリズムとノイジーなサウンドとの融合というか、とにかく強烈な音の塊に圧倒される。
魂の奥底から突き動かされる感じ・・・ 思わず身体が反応してしまう。
日本の夏の一夜に、遠く離れたコンゴのリズムが響き渡る。なんか不思議な感覚。

大盛り上がりのうちにアンコールを迎え、KONONO No1に渋さとROVOのメンバーも加わる。
とにかくみんなで踊りまくれ~っとばかりに、一心不乱に踊りまくる。
何もかも忘れて、見知らぬ同士がいっしょに踊る。こんな愉快なコトはない!
楽しい時間はあっという間に過ぎて、19時45分にイベントは終了。

終了後、「有楽町で飲みましょう」ということになり、ガード下へ行ってみる。
日曜日だというのにどの店も混んでいて、ようやく「霧笛屋」という店に落ち着く。
ちょっと小洒落た店だったけど、お酒と料理はそれなりに美味しかった。
あれやこれやと四人で楽しく話をして、22時過ぎにおひらき。

|

« LAUGHIN' NOSE「AM A LIVE ツアー」日比谷野外大音楽堂 | トップページ | BLONDIE「“FAREWELL” JAPAN TOUR 2006」渋谷O-EAST »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VA「WORLD BEAT 2006」日比谷野外大音楽堂:

« LAUGHIN' NOSE「AM A LIVE ツアー」日比谷野外大音楽堂 | トップページ | BLONDIE「“FAREWELL” JAPAN TOUR 2006」渋谷O-EAST »