« 甲斐よしひろ「aco-gi na KILLER GIG 2006」町田市民ホール | トップページ | BUZZCOCKS「JAPAN TOUR 2006」渋谷duo MUSIC EXCHANGE »

2006年9月18日 (月)

いぬん堂「いぬ屋敷 Vol.35 大物小物の間」池袋 音処手刀(CHOP)

20060918今日は敬老の日でお休み。
敬老の日といえば9月15日だと思うのだが、ハッピーマンデーとやらで今日なのだ。
ということで昼間はウダウダ過ごして、夕方から池袋へ。
手刀(CHOP)いぬん堂主催のライブがあるのだ。
整理番号27番でかなりいい番号だったけど、まぁそんなに気合入れることもないかと
開演時間の19時に間に合うように会場へ。
18時40分過ぎに会場へ着くと、会場前にはまだ大勢の人がたむろしている。
開場時間が18時45分に変更となったそうで、ちょうどいいタイミングだ。
整理番号どおりにフロアに入場して、ステージ向かって左側のロッカー前に陣取る。
PGMは70年代のオリジナルパンクや80年代の日本のインディーズ、
ステージ上のスクリーンには「木枯し紋次郎」が映し出されている。

予定より15分遅れて、19時15分開演。
まずはミヤマGt.が登場。いきなりお客さんに向かってスモークを発射。
それからというもの、ひたすらラウドなパンクをぶちかます。トリオ編成だけど、ものすごい爆音。
お客さんにクラッカーを配って、お馴染みのミヤマ光線発射。
30分という短い時間だったけど、カッコよかったです。

セットチェンジをはさんで、20時にビルが登場。
ドラム・ベース・ギターに、テルミンを持ったヴォーカルいぬん堂社長。
こちらもまたひたすらラウドなサウンド。ハイテクのカバーで「骨」も飛び出す。
30分くらい過ぎたところで、スペシャルゲストの戸川 純が登場。
とたんにお客さんがステージ前へどっと押し寄せる。
登場するやいなや、「わたし十日もなんにも食べてないんだけど・・・」と一言。
ツインヴォーカルで、「昆虫軍」「肉屋のように」「コレクター」「解剖室」「パンク蛹化の女」を演奏。
純ちゃんは昔と全然変わらない雰囲気で、なんとも言えないオーラを感じた。
ちょっと長めで、20時50分ごろ終了。

セットチェンジの後、21時5分から犬神サーカス団のステージが始まる。
ステージ上にはなにやらおどろおどろしい幟が立ち並び、衣装をばっちりキメたメンバーが並ぶ。
ドラム・ベース・ギター・ヴォーカルの四人編成。
前からルックス的に気になる存在ではあったんだけど、音は初めて聴く。
想像どおりと言えば想像どおりのサウンド。どろどろした怨念や情念を唄いあげる。
ヴォーカルの犬神凶子さんが、MCになると普通になっちゃうところがおかしかった。
何回か涙ぐむ場面もあったりして、なんかすごくいい人なんだろうなと思った。
今日のライブで唯一プロのバンドだったんだけど、音がクリアでさすがだなぁ~と感じた。
時間は意外と短くて、30分ほどで終了。

そして21時55分、本日のラストQP-CRAZY
犬神のファンらしき人達に替わって、ステージ前はパンクスっぽい人が陣取る。
何をされるかわからないので後のほうに避難しようかとも思ったけど、
覚悟を決めてそのままの位置で観ることにした。
ドラム・ベース・ギター・DJの奏でるハードパンクに乗って、
ヴォーカルのクレージーSKBが登場したかと思いきや、いきなり客に向かってダイブ。
おいおい、いきなりカマしてくれるぜ。。。でもそのあとは、わりと淡々と曲を聴かせる。
過激なパフォーマンスは、途中と最後にお客さんに向かって花火を発射した事ぐらい。
でも花火が頭上から降りかかってきたときには、やっぱりビビった。。。
フロアが花火の煙でもうもうとする中、22時15分に終了。
う~ん、なんかスゴイもの観たって感じ。
今回の「いぬ屋敷」は特にどのバンドがお目当てってことはなかったけど、いいライブだったな。

明日は仕事だけど、せっかく池袋に来たのだからと飲み屋を探す。
北口に戻る途中の「ます屋」が、最近よくある立ち呑み風でいい感じだったので入ってみた。
焼きとんやポテトサラダをつまみに、ホッピーやら泡盛やらを飲む。
上機嫌で飲んでいると、何故か知らんが隣に座ったお婆さんに枝豆をご馳走になった。
なんだかとってもイイ気持ちになって、23時半ごろおひらき。

|

« 甲斐よしひろ「aco-gi na KILLER GIG 2006」町田市民ホール | トップページ | BUZZCOCKS「JAPAN TOUR 2006」渋谷duo MUSIC EXCHANGE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いぬん堂「いぬ屋敷 Vol.35 大物小物の間」池袋 音処手刀(CHOP):

« 甲斐よしひろ「aco-gi na KILLER GIG 2006」町田市民ホール | トップページ | BUZZCOCKS「JAPAN TOUR 2006」渋谷duo MUSIC EXCHANGE »