« Char「渋谷節~渋谷公会堂改築記念企画~」渋谷C.C.Lemonホール | トップページ | VA「高円寺地下大空襲2」高円寺20000VOLT »

2006年10月 6日 (金)

沢田研二「俺たち最高 PART2」調布市グリーンホール

今日は17時半過ぎに退社。調布市グリーンホールジュリーがやって来るからだ。
当たり前だけどやっぱり近くて、18時には調布へ到着。
ちょっと気分を変えて駅前をブラブラとも思ったけど、大雨なのでそのまま会場内へ。
予想通り、お客さんの年齢層かなり高め。おばさま達があちこちで談笑している。
そんな中、自分の席1階15列4番へ。
ステージ向かってやや左寄りだけど、ステージがけっこう近くてゴキゲン。
ステージ上には、すでに機材がセッティングされている。

予定より少し遅れて、18時35分開演。
アルバム「STRIPPER」から「オーバーチュア」をバックに、メンバーが登場。
ドラム:GRACE、キーボード:泰輝、ギター:下山 淳&柴山和彦、そしてヴォーカル:ジュリー。
まずは「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」からスタート。お客さんは総立ちになり、ジュリーといっしょに唄い踊る。
続けてアルバム「俺たち最高」から「now here man」を唄い、
「今日は嵐の中を、たくさん来て頂いて本当にありがとうございました」と挨拶。
それからは曲間に「ありがとう、おおきに、ありがとね」と言う以外はMCなしで、
「weeping swallow」「Aurora」「勇気凛々」「未来地図」「桜舞う」「遠い夏」「エンジェル」と続けて唄う。
PART2なのでセットリストが変わるのを期待していたけど、どうやら6月に観たPART1と同じようだ。
脱ぎ捨てた上着を肩にかけて「サムライ」を唄い、ジュリーはいったん退場。

バックバンドによるBlues演奏のあと、白の上着で再びジュリーが登場。
「涙のhappy new year」「届かない花々」「永遠に」とスローな曲をじっくり聴かせたあと、
「君をのせて」「コバルトの季節の中で」と名曲が続く。う~ん、やっぱりサイコーだ。。。
そして「奇跡」「Caress」「俺たち最高」とノリのよい曲でたたみかけ、ジュリーはステージを走りまわる。
「サーモスタットな夏」から「彼女はデリケート」で、ひとまず終了。

アンコールに応えて、ジュリーとメンバーが再びステージに登場。
何故か朝早く起きてしまうとか天気の悪い日は身体が重いとか、年齢にまつわる話を中心にMC。
言葉の端々にあくまでも自然体で行こうという思いが感じられて、なんだかとても素敵だった。
これからの予定やもうすぐ還暦なんて話題も交えながら、20分近くおしゃべり。
メンバー紹介をはさみ、「おまけです~!」と叫んで「カサブランカ・ダンディ」「勝手にしやがれ」。
最後に「ひとりぼっちのバラード」を唄いあげ、ちょっぴり名残惜しそうにジュリーは去って行った。
時間は20時45分。外はまだ土砂降りの雨だったけど、気分は爽やかに晴れ上がっていた。

せっかくの金曜日しかも気分は上々なので、軽く一杯と帰りに「養老乃瀧」へ寄る。
ちょっとメニューが変わったみたいで、なかなか美味しいつまみに舌鼓を打つ。
すっかり大満足して、22時過ぎに帰宅。

|

« Char「渋谷節~渋谷公会堂改築記念企画~」渋谷C.C.Lemonホール | トップページ | VA「高円寺地下大空襲2」高円寺20000VOLT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沢田研二「俺たち最高 PART2」調布市グリーンホール:

« Char「渋谷節~渋谷公会堂改築記念企画~」渋谷C.C.Lemonホール | トップページ | VA「高円寺地下大空襲2」高円寺20000VOLT »