« 早帰り | トップページ | 渋さ知らズオーケストラ「渋舞謡夜曲」世田谷パブリックシアター »

2006年11月23日 (木)

犬神サーカス団「自殺のススメ」表参道FAB

20061123今日は、勤労感謝の日でお休み♪
最近はハッピーマンデーが多いから、週の途中で休みというのも久しぶりな気がする。
いつものように昼間はのんびりと過ごして、夕方から表参道へ犬神サーカス団のライブを観に出かける。
表参道なんてあんまり来ないし、会場のFABも初めてなので、なんだかドキドキする。
渋谷から歩いて行こうかと迷ったんだけど、やっぱり半蔵門線で行くことにした。
表参道駅から歩いてすぐ、あんまり目立たないところ・・・というよりただのビルの地下にFABはあった。
開演10分前の17時50分に到着してフロアへ降りると、思ってたほど広くないフロアは2/3ぐらい埋まってた。
ステージ向かって右の壁に寄りかかって、開演を待つ。けっこう後のほうだけど、ステージが高いからかよく見える。
ステージには機材と「女殺火箸地獄」等と書かれたのぼりと卒塔婆が並べられている。

予定より少し遅れて18時10分、SE「今夜も呪いの幕が開く」にのってメンバー登場。
レコ発記念巡業というだけあって、まずはニューアルバムから「待ちわびた日」でスタート。
「道行き」から挨拶をはさんで、「命みぢかし恋せよ人類!」「けもの道」「廃墟の街」を続けて演奏。
「アルバムのプロモーションでラジオに出演したんだけど曲がかけられない」という話に続いて、
ニューアルバムから「小悪魔エレジー」「夏の日」。
聴いたことのないHeavyな曲(初期の頃の曲?)がしばらく続くと、場内はシーンと静まりかえる。

ここで凶子ちゃんは退場し、残るメンバーでドラマ仕立てのブラックな展開に突入。
ジャックスの「からっぽの世界」やジローズの「戦争を知らない子供たち」をロックアレンジで唄う。
ふたたび凶子ちゃんが登場して「黄泉の国」、それでもまだまだドラマは続く。
「グッバイ」「愛の亡霊」「最新型アンドロイド」とノリのいい曲を演奏しているうちに、
なんとなくドラマはフェードアウトしてメンバー紹介に突入。
何故かドラムの明が、Charの「逆光線」の物まねを披露。けっこう似ていて笑える。。。
そして、「死にタイム~自殺の歌」で大盛り上がり。う~む、犬神ワールド全開という感じ。
「皆殺しのララバイ」「それでも貴方に逢いたくて」「白痴」と、ハードなナンバーが立て続けに演奏される。
みんな激しくヘッドバンキングするんだけど、その場で盛り上がってるのでモッシュにはならない。
最後に美しいバラード「箱舟」を唄いあげて、ひとまず終了。

アンコール、何故かステージ中央で「おりゃあ~っ!」とひとりひとり気合を入れる。
「アンコールどうもありがとう! まさかアンコールが来るなんてねぇ~。もういいかこの白々しさは。。。
聞き飽きちゃうわねぇ~。でも毎回そういう気持ちなのよ、本当に」と言い、「鬱病の道化師」。
そして、「犬神天国~赤い蛇」と激しいナンバーを続けて演奏して終了。

二回目のアンコール、今度は「そいやぁ~っ!」と掛け声をかけるメンバー。
「まだまだアタマ振れますか~?」と叫んで、「最後のアイドル」。
チアリーダーが持つようなポンポンを振る凶子ちゃんがミスマッチでおかしい。
「I・N・U・G・A・M・I」と振り付きで唄い踊り、大盛り上がりのうちに終了。
SE「そして次の町へ」の流れる中、名残惜しそうにメンバーは退場。
なおもアンコールの声が鳴り響くが、さすがに三度目はなく20時20分に終了。

途中のブラックな展開にはちょっとついて行けないなぁ~という気持ちもしたけど、
やっぱり演奏や歌はめちゃめちゃうまいので安心して楽しむことが出来た。
犬神のワンマンは初めてだったけど、こんな世界もまぁアリかと思う。

会場の外に出ると、雨が降っていた。
でもそんなに激しく降ってなかったので、そのまま歩いて渋谷へ。
途中でいい店があればと思ったんだけど、特に見つからなかったので結局「山家」へ。
しめさばと焼鳥とポテトサラダにホッピーと、いつものパターンを楽しむ。
何故か知らないけれど、めちゃめちゃ酔っ払って最後はよく覚えてない。。。

|

« 早帰り | トップページ | 渋さ知らズオーケストラ「渋舞謡夜曲」世田谷パブリックシアター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬神サーカス団「自殺のススメ」表参道FAB:

« 早帰り | トップページ | 渋さ知らズオーケストラ「渋舞謡夜曲」世田谷パブリックシアター »