« 成城学園前~仙川を巡る | トップページ | 早帰り »

2006年11月19日 (日)

母檸檬「Laugh&Music vol.5 ~渋谷ガールズブラボー~」渋谷青い部屋

20061119今日は、夕方から渋谷へ。
いつもなら西口からセンター街や公園通りを目指すのだが、今日は東口から六本木通りを青山学院方面へ。
戸川昌子がやっている「青い部屋」という店に、母檸檬が出ると言うので観に行くことにしたのだ。
六本木通り沿いにビルが建ち並ぶ中、ぼんやりと怪しく輝く青いイルミネーション。
その雰囲気にちょっとビビりつつも、階段を降りて地下の店へ。
入場料2000円とドリンク代500円を支払って中へ入ると、フロアには机と椅子が並べられている。
開場18時・開演19時というので18時40分ごろ行ったんだけど、お客さんはほんの数人。。。
とりあえずステージ向かって右、壁際のソファに腰をおろす。
DJのまわすちょっと懐かしい感じの音楽に耳を傾けながら、ズブロッカをロックでグビグビとあおる。
開演時間が近づくにつれてようやくお客さんも集まり出し、30人ほどの人達で店内も賑わい出す。

予定より少し遅れて、19時5分開演。まずは“陰核御殿”というバンド。
ドラム、ベース、ギターに、ギター兼ヴォーカルの四人編成。
ホントはギターがもう一人いるらしいけど、今日は職安に行くので休みだとか。
ベースとヴォーカルが女性なんだけど、メンバーそれぞれキャラが立っててなかなかいい感じだ。
サウンドは、なかなかハード。パンクじゃない、LOUD系ROCKっていうのかなぁ~?
ちょっとイっちゃってる感じが、けっこう良かったです。25分ほどの演奏で、19時30分に終了。

ちょっと長めのセットチェンジのあと、19時55分に“ラジークイーン”が登場。
今日のイベントは“Laugh&Music”ということで、バンドと芸人が交互に出演するのだ。
ラジークィーンは、WAHAHA本舗所属の三人組。しかも女装。。。
カラオケをバックに山口百恵中森明菜の歌を唄い、その中にいろいろなギャグを盛り込む。
客席に乱入してイイ男を捜し、穿いていた自分のパンティーを頭に被せる。
なんだかオカマBARに来たような感じでしたね。ホントにあっという間、15分で終了。
私も客席乱入時に握手をさせられたのだが、終わってからこっそりお礼を言いに来たのには好感が持てた。

20分のセットチェンジのあと、20時30分に“SOUL SOURCE”が登場。
ドラムとヴォーカルという変わった編成の女性二人のユニット。
名前からするともっとFunkyなイメージだったんだけど、デジタルでなかなかキレイなサウンド。
個人的にはあんまり好きな感じじゃないけど、ドラムがパワフルでサイコーでした。
こちらも25分ほどの演奏で、20時55分に終了。

続いて21時10分から、“ちむりん”のステージ。
二部構成になっていて、まずはお姉さんとコンドームくんの「性教育チャンネル」。
コンドームのコスプレがあまりにもリアル。そして、ネタもストレートにお下劣。。。
第二部は、「風俗嬢の選挙演説」。ひとり出演者が入れ替わって、これまたすごい展開。
慰安婦とソープ嬢とでイアン・ソープって・・・ねぇ。
10分ちょっと、嵐のように終了。いやぁ~圧倒されました。

そして21時50分、いよいよトリの“母檸檬”が登場。
いつものように御手洗水子と御手洗花女が淡々と唄い、そのバックでハードな演奏が炸裂する。
ギターの水洗丸の真ん前にいたからか、ギターの音が大き過ぎてヴォーカルが聴きとりにくかった。
花女も調子が悪かったのか、ちょっと喉が苦しそうな場面もちらほら。。。
でもパフォーマンスは冴えていて、花女と水子がキスをしたり、客席を走り回ったり。
アルバムの曲だけじゃなく知らない曲もたくさん演って、母檸檬はまだまだ奥深いなぁ~と思った。
45分間、たっぷりと堪能いたしました。

22時35分、すべてが終了。ちょっと珍しい感じのイベントだったけど、とっても大満足。
しばらくDJタイムが続くという話だったけれども、明日は月曜日ということもあって大人しく帰宅。

|

« 成城学園前~仙川を巡る | トップページ | 早帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母檸檬「Laugh&Music vol.5 ~渋谷ガールズブラボー~」渋谷青い部屋:

« 成城学園前~仙川を巡る | トップページ | 早帰り »