« VA「第悟回地下室公演★胎動畑」初台DOORS | トップページ | 忘年会 »

2006年12月13日 (水)

VA「参道の通り魔 拾捌」表参道FAB

20061213連日深夜残業が続いたので、今日は16時でフレックスにして早帰り。
だけど家に帰るわけではなく、そのまま「参道の通り魔 拾捌」を
観るために表参道へと向かう。
17時過ぎには表参道に着いてしまったのだが、
雨も降っているしどうしたものかと悩む。
せっかくなので表参道ヒルズに行ってみる。おしゃれなお店が並んでいるけど、私の好きそうな店は皆無。。。
仕方なくベンチに腰掛けて、行き交う人々を観察して時間をつぶす。
そうしているうちに開演時間の18時半が近づいてきたので、開場のFABへと向かう。

あいかわらずひっそりと目立たない入口を通って、地下のフロアへ。
お客さんは100人ちょっとぐらいかな? 壁際には椅子がおかれ、ところどころにテーブルも出ている。
個人的にはちょうどいい感じの混み具合で、なかなかご機嫌な雰囲気。
ステージ向かって右の壁際に場所を見つけて、そこに陣取る。BGMは延々とKISSが流れている。

18時38分、司会の最鋭輝が登場。本日出演するバンドを紹介しつつ、アコースティックギターを手に唄う。
ひとりグループサウンズということで、黄色い歓声と紙テープの舞う中、最後には失神(笑)。
これから高円寺でライブがあるということで、早々に終了。

18時57分から、さっそくお目当ての“母檸檬”が登場。
珍しくSEに黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」が流れ、その中をメンバーが登場。
花女と水子は一曲目が始まってから、日の丸の旗で顔を隠してステージへ。
定位置につくと、二人の顔がライトに照らされて青白く浮かび上がる。
花女の着物がいつもより綺麗なのは気のせいだろうか?
いつも通りに淡々と、けれども激しい演奏が繰り広げられる。
今日は素手でのドラムソロがあったり、ドラマーがイチバン絶好調だったかな。
40分弱のステージ、19時35分に演奏は終了。

セットチェンジをはさんで、19時49分から“ぐしゃ人間”のステージ。
ドラム、ベース、ギターが男で、ギターが女、4人編成のバンドと思っていたら、
客席後方から女性ヴォーカルが乱入。なんかちょっと“イっちゃってる”ような感じ。
サウンドはパンクというよりもラウドロックというところか?
女性ヴォーカルはたびたび客席に乱入して、あたりかまわず転げ回る。
DVDの撮影をしていた女性に襲いかかり、馬乗りになって公開処刑。
期待していたわりに結局そんな印象しか残らなかったけど、ギターの男のキャラがサイコーでした。
30分ちょっとのステージで、20時20分に終了。

20時35分から“駄菓子菓子”が登場。ドラム、ベース、ギターが男、それに女性ヴォーカル。
ドラムは白い学ラン、他のメンバーは着物、全員が顔面白塗りという異様なルックス。
ヴォーカルは戸川 純を思い出させたけれど、いかんせんよく聴き取れないのが残念。
けっして嫌いなタイプじゃないけど、熱中するほどの感じではなかったかな?
最後は“あぶらだこ”の「ローハイド」を演奏して、21時5分に終了。

そしてステージには赤い幟が並べられ、いよいよ“犬神サーカス団”の出番。
セッティングに時間がかかるのでは?と思っていたのに、その素早さにびっくり。
今日のイベントは全体的にセットチェンジがとってもスムーズで、すごく好感が持てる。
FABはステージも高くて観やすいし、いろんな意味でいい小屋だと思う。
21時19分、オープニングSE「今夜も呪いの幕が開く」でメンバーが登場。
一曲目は「常世の蟲」でスタート。「参道の通り魔、今年最後かしらね?今日が」と言いつつ挨拶。
「鬼畜 」「エナメルを塗られたアポリネール」と続けて、ここでミニアルバムの発売記念ツアーに関するMC。
「その新しいミニアルバムから、唄えば唄うほどすごい強烈な内容なんだなと身にしみる曲があるの」と「夏の日」。
「今日は“参道の通り魔”始まって以来の女子率じゃない?ステージ上で。
話しかけたいけど、まだ人見知りみたいな。だからあたい今、死にたいわー!!
・・・これが言いたかったんじゃなくて、普段よりも女子率が高いから、楽屋がすごくいい匂いなのよー。
これこそ楽園っていうのよー。今日は楽園で死ぬわ」と、「死にタイム~自殺の唄」。
「ラスト行くぞぉ~」と叫んで、最後に「赤い蛇」。あっという間に演奏は終了。

アンコールに応えて、再びメンバーが登場。ひとりひとり「そいやぁ~っ!」と気合を入れる。
「アンコールが来るとはね~今日は。今日こそ来ないと思った。まだまだアタマ振れますか~」と「白痴」。
エンディングSE「そして次の町へ」の流れる中、メンバーは退場し22時3分に終了。
やっぱり犬神はみんな演奏がうまいし、ヴォーカルもよく聴こえる。
他のバンドとはやっぱりちょっと違ってた。これがプロの実力というものなのかな。

そんなわけで、3時間半に渡るイベントは終了。ずっと立ちっぱなしだったので、さすがに疲れた。。。
でも、なかなか楽しく充実したイベントで、とっても満足。
帰りは国領まで戻って、「さくらい」で飲んで帰る。

|

« VA「第悟回地下室公演★胎動畑」初台DOORS | トップページ | 忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VA「参道の通り魔 拾捌」表参道FAB:

« VA「第悟回地下室公演★胎動畑」初台DOORS | トップページ | 忘年会 »