« DVD「ルドイア★星惑三第 ファイナル 最終回の一つ前」ルドイア★星惑三第 | トップページ | DVD「Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby's breath」松田聖子 »

2007年10月 4日 (木)

SHAM 69「FROM THE HEARTS AND FROM THE STREETS」新宿LOFT

今日は、SHAM 69のライブが新宿LOFTであった。
SHAM 69といえば1970年代オリジナルパンクのひとつ、そんなバンドを観れるなんて!
と思っていたら、VocalのJimmy Purseyは既に抜けていた。。。
ということで若干テンションが下がりつつも、今日を迎える。
対バンは、ANGER FLARESDREXJUNIORCOBRAOi-SKALL MATES
正直なところCOBRAしか知らないけど、Oiパンクのバンドがほとんどみたい。
18時開演ということで絶対間に合うはずもなく、会場に着いたのは既に20時25分。
ちょうどセットチェンジのDJタイムになっていて、20時開始予定というCOBRAに間に合ったのかどうか?
20071004

ステージ向かって右の一段高いフロアに居場所をキープして、演奏が始まるのを待つ。
ほどなくして、Oi-SKALL MATESが登場。次はてっきりCOBRAだと思っていたのに・・・
これは時間が押してるのか?まいてるのか?と考えつつ、演奏に身をゆだねる。
Oi-SKALL MATESは、管楽器を交えた大所帯のSKAバンド。なんだかステージが狭く見える。
ほぼNONストップで、ゴキゲンなSKAを聴かせる。金髪坊主頭のヴォーカルが、なかなかイイ感じ。
あっという間に20分強を走り抜けて、20時50分に終了。

再びセットチェンジ。ステージにおろされたスクリーンの隙間から、「SHAM 69」のフラッグが見える。
次はもうSHAM 69か・・・ということは、残念ながらCOBRAには間に合わなかったようだ。
う~ん残念・・・と思いつつも、気をとりなおして演奏が始まるのを待つ。
21時ちょっと過ぎフロアが暗転して、SEの流れる中をメンバーが登場。
Guitarはオリジナルメンバーなのかな?写真で見た記憶がある。
Drumもオリジナルメンバーなのかな?よくわからん。。。
Bassは上半身裸のスキンヘッズ、イチバン気合入ってる。
そしてVocal、とにかくデカい。声は太くてよかったけど、曲間では若干息切れ気味。
最近聴いてなかったからかもしれないけど、あんまり知っている曲がなくて、
このバンドはいったいなんだろう?って思う瞬間もしばしば。。。
だけど後半「Questions And Answers」に続いて、「Bortsal Breakout」には燃えましたね。
お客さん全員でコブシを突き上げ、ステージ前はモッシュとダイブで大騒ぎ。
熱く熱くヒートアップして、ひとまず演奏は終了。

アンコールは「Hersham Boys」「Hey Little Rich Boy」、そして「If The Kids Are United」。
COBRAのヨースコーや外人Punksがステージに上がってコーラスをとり、
あっちこっちでダイブとモッシュの嵐。もの凄い大騒ぎだったけど、楽しかった。
そういえばPunk30周年、そんな年にこんなライブを観ることが出来てよかった。
終演時間は22時ちょっと前、ビールで喉を潤してLOFTをあとにする。

明日も仕事だけど、せっかくなので思い出横丁で飲むことにする。
宝来家」という店で、焼鳥を食べながらビールと日本酒。
ここは前にも来たことあるけど、意外と料理が旨い。
特にポテトサラダが、とっても美味しかったです。
23時過ぎにおひらきにして帰宅。

|

« DVD「ルドイア★星惑三第 ファイナル 最終回の一つ前」ルドイア★星惑三第 | トップページ | DVD「Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby's breath」松田聖子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHAM 69「FROM THE HEARTS AND FROM THE STREETS」新宿LOFT:

« DVD「ルドイア★星惑三第 ファイナル 最終回の一つ前」ルドイア★星惑三第 | トップページ | DVD「Seiko Matsuda Concert Tour 2007 Baby's breath」松田聖子 »