« 最近のマイブーム | トップページ | 左様なら昭和 »

2008年6月 8日 (日)

Dr.FELLGOOD「JAPAN TOUR '08」新宿club Doctor

昨日の疲れが残っていたけれど、頑張って8時半に起きてCD整理の続き。
午前中かけて、なんとか片付く。ついでに、出しっぱなしだったコタツをしまう。
さすがにもう暑いもんな。。。部屋がすっかり夏仕様になる。

しばらくのんびりしたあと、夕方から新宿の「club Doctor」へDr.FEELGOODを観に行く。
整理番号はゴキゲンな7番だったんだけど、18時開場19時開演のため、
とてもじゃないけど間が持ちそうにないので、開演ギリギリに行くことにした。
新宿駅西口から小滝橋通りを歩いて左に曲がると、会場の「club Doctor」に到着。
受付でドリンク代500円を払って、バーカウンターを抜けてホールへ。
ここは初めて来たけど、ステージが高くなっているからかけっこう観やすい。

ステージではちょうど、うつみようこ&YOKOLOCO BANDの演奏が始まろうとしていた。
Vocalはもちろんうつみようこ姉さん、Drumsは元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのクハラカズユキ、
KeyboardsはSOUL FLOWER UNIONの奥野真哉で、
BassとGuitarはフラワーカンパニーズのメンバーらしい。
Rockというよりもファンキーな感じの曲が多くて、なかなかゴキゲンで楽しかった。
特にBassが演奏だけでなく、キャラクターを含めてとってもイイ感じだった。
音楽って楽しいものなんだ!というのを、BAND全体で表現しているような感じだ。
19時から19時40分まで、約40分で演奏は終了。

20分ほどのセットチェンジをはさんで、20時からTHE LEATHERS with 花田裕之。
Drum、Bass、Guitar&Vocalの3人に加えて、Guitar&Vocalで花田が加わった編成。
やはり注目は花田なんだけど、BANDの一員のような感じでギターを弾きながら唄ってた。
音は基本的にはRockなんだけど、ちょっと古いような感じがして物足りなかったかな。。。
まぁこの世代のミュージシャンにしか出せない“味”というものは感じたけど。
20時から20時45分まで、約45分で演奏は終了。

さて、あとはお待ちかねのDr.FEELGOODを残すのみ。
セットチェンジの間に、DJがゴキゲンな曲をかけながらお客さんを煽る。
21時5分過ぎ、いよいよDr.FEELGOODが登場!
Wilco JohnsonなどオリジナルメンバーがひとりもいないDr.FEELGOOD、
メンバーがステージに登場してきたときにはただのおっさんBANDじゃん・・・と正直思った。
だけど演奏が始まると、これがものスゴイ! これぞPub Rock、音がめちゃめちゃタイト。
DrumのKevin Morrisも、BassのPhil Mitchellも、GuitarのSteve Walwynも、サイコーにイカしてる。
そしてVocalの“ultracool” Robert Kane、黒のスーツにサングラスをかけて、
Harmonicaを吹きながら唄う姿はとってもカッコ良かった。
曲もストレートなRockばかりでなく、Bo Diddleyビートが混ざっていたり変化に富んでた。
ステージ前に出てきてお客さんとやりとりもして、ステージングも飽きさせなかった。

あっという間に1時間ほど経過して、アンコールへと突入。
今日はGuitarのSteve Walwynが誕生日ということで、お客さんが「Happy Birthday」の大合唱。
GuitarとVocalのみでBluesを演奏したあと、再び4人のメンバーがステージに揃う。
今日はホールの暑さもすごかったけど、ステージ上の熱さもここで最高潮。
最後まで途切れることのないテンションで、22時30分に演奏は終了。
それほど期待はしていなかったんだけど、とっても大満足のライブでした。

明日は月曜日なのでちょっとBlueだったんだけど、ここはやっぱり行っておきましょうと、
想い出横丁の「鳥園」でビールとホッピーを飲む。
23時40分に閉店というので、そのまま電車で0時半ごろ帰宅。

|

« 最近のマイブーム | トップページ | 左様なら昭和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr.FELLGOOD「JAPAN TOUR '08」新宿club Doctor:

« 最近のマイブーム | トップページ | 左様なら昭和 »