« FLV「目指せモスクワ」ジンギスカン | トップページ | CD「THE BEST OF SIMON & GARFUNKEL」SIMON AND GARFUNKEL »

2009年7月23日 (木)

funky METERS「LIVE」SHIBUYA-AX

今日はSHIBUYA-AXで、funky METERSのライブ。
19時開演ということで、17時半には仕事を切り上げて渋谷へ急ぐ。
ちょっと寄り道をしつつ、会場に到着したのは開演10分前。
今日のところはまったり観ようと2階の指定席をキープしていたんだけど、
1階のフロアをのぞいたら椅子が並べてあったので、一番後の椅子に座る。
開演する頃には椅子はほとんど埋まって、あとは開演を待つばかり。

予定より少し遅れて、19時10分過ぎに開演。
場内が暗転しメンバーがステージに登場すると、お客さんはステージ前に。
もちろん私もその流れに乗って、前から4列目ぐらいをキープ。
それからはほぼノンストップで、Funkyな演奏が繰り広げられていく。
あまりに強烈なグルーヴに思わず身体が反応して、ひたすら「腰で聴く」って感じ。
老若男女、いろんな人たちがいっしょに踊りまくっている様子が、なんだか嬉しい。
ステージ横では白人のダイナマイトボディのお姉さんが、裸足で踊りまくってる。
誰かの家族か恋人かだろうけど、とにかくブッ飛んだ感じでゴキゲンだった。
20090723

ステージ上のメンバーは、Art Neville - Vocal&Hammond、George Porter Jr. - Vocal&Bass、
Russell Batiste Jr. - Drums、Ian Neville - Guitar というメンツ。
BassとDrumsがグルーヴをグイグイ引っ張っていくところに、Guitarがカッティングを重ね、
Art Nevilleが“重鎮”といった雰囲気でHammondを弾きながら唄う。
Guitarがやけに若いなぁ~と思っていたら、Art Nevilleの息子なのだそうだ。
だけど演奏はゴキゲンで、ちょっと照れながらのソロもカッコ良かった。
Bassもブリブリで良かったけど、ソロのときにGuitarのほうを向きながら弾いてたので、
指使いが全然見えなかったのが残念。だけど音はやっぱりFunky。
Drumsはバスドラを中心に左右対称にスネアやハイハットがセッティングされていて、
曲によって左右を使い分け、バスドラを左右の足で踏んでいたのが驚きだった。

終盤になって、お馴染みの「Hey Pocky A-Way」が飛び出すと、お客さんもいっしょに大合唱。
最後にメンバー紹介をして、大盛り上がりの中で演奏は終了・・・。
と思いきや、盛大なアンコールの拍手に応えて、そのまま演奏を続行。
Art Nevilleがニヤリと笑いながら、「Big Chief」のイントロを弾き出す。
まさに本物のNew Orleansのノリで、とんでもなくHappyな気分。
最後にArt Nevilleが手に持ったお酒を一気に飲み干して、ライブは終了。
時間は21時25分、2時間以上におよぶFunkyなライブに大満足でした。

まだ時間も早かったので、帰りに駅ビルの「鳥市」で打ち上げ。
身体を動かして喉がカラカラだったので、いつもに増してビールが旨かった。
23時前には切り上げて、電車に乗って帰宅。

|

« FLV「目指せモスクワ」ジンギスカン | トップページ | CD「THE BEST OF SIMON & GARFUNKEL」SIMON AND GARFUNKEL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: funky METERS「LIVE」SHIBUYA-AX:

« FLV「目指せモスクワ」ジンギスカン | トップページ | CD「THE BEST OF SIMON & GARFUNKEL」SIMON AND GARFUNKEL »