« SIMON AND GARFUNKEL「LIVE」日本武道館 | トップページ | 今夜は朝まで清志郎 »

2009年7月16日 (木)

THE BLUES BROTHERS BAND「LIVE」六本木Billboard LIVE TOKYO

今日は19前には退社して、京王線と大江戸線を乗り継いで六本木へ。
今日はBillboard LIVE TOKYOで、THE BLUES BROTHERS BANDのライブがあるのだ。
Billboard LIVE TOKYOは、東京ミッドタウンのガーデンテラス4階にある。
20時過ぎにいったん受付を済ませて、しばらく東京ミッドタウンを探検。
だけどこういうところには、これと言って好みの場所は見当たらない。
20時40分ごろ再び会場へ行き、開場時間の20時45分ちょうどに入場開始。
整理番号17番で入場、ステージ向かって右前のテーブルに空きがあったのでそこに座る。
実質的には前から2列目なので、ステージがやたらと近い。
ステージ後方はガラス張りで、東京の美しい夜景が広がっている。

予定どおり、21時30分開演。ステージ後方のガラス窓に暗幕がかかり、場内が暗転。
そして、控室からメンバーが登場してくる。
Drums:Lee 'Funkytime' Finklestein、Bass:Eric 'The Red' Udel、
Guitar:Steve 'The Colonel' Cropper、Keyboards:Leon 'The Lion' Pendarvis、
Saxophone:Lou 'Blue Lou' Marini、Trumpet:Alan 'Mr.Fabulous' Rubin、
Trombone:Larry 'Trombonius Maximus' Farrell、
これだけ大勢のメンバーがステージに揃うと、なんだかとっても豪華。
特にSteve CropperとLou Mariniを、こんなに近くで観れるなんて信じられない。

演奏は、「Green Onion」からスタート。
そしてGuitar:John 'Smokin' Tropeaが加わり、「Peter Gun's Theme~Soul Finger」を演奏。
Steve Cropperの「来日できて嬉しいけど、清志郎がいなくて寂しい」というような話に続いて、
Vocals&Harmonica:Johnny 'Rock And Roll Doctor' Roschが登場。
黒づくめのスーツに黒い帽子とサングラス、格好は思い切りBLUES BROTHERSなんだけど、
あまりそれらしさが感じられない。良いんだか悪いんだか・・・。
それにBLUES BROTHERSだというのに、Vocalが一人だけっていうのは。。。
でも、ブランデーを飲みながらステージを動きまわり、ちょっとしゃがれた声でシャウトし、
しまいには2階席でHarpを吹きまくる姿は、ちょっとグッとくるものがあった。

「Going Back To Miami」「She Caught The Katy」「Gimme Some Lovin'」と
お馴染みのナンバーが続いたあと、John Tropeaを中心に「Shot Gun Blues」。
もともとはFusion界の人だけあって、John Tropeaのギターソロはなかなか超絶。
バッキングもちょっと独特のタッチで、正統派のSteve Cropperのギターと対照的でイイ。
「Minnie The Moocher」では、Johnny Roschは白い燕尾服に着替えて、お客さんとコール&レスポンス。
次の「I Can't Turn You Loose」の途中で、ようやくもうひとりのBLUES BROTHER、
Vocals:Bobby 'Sweet Soul' Hardenが登場し演奏に加わる。
なんでこのタイミングで?という感じはしないでもないけど、とりあえず二人揃ってひと安心。
「Sweet Home Chicago」「Looking For A Fox」とゴキゲンなナンバーが続いたあと、
Steve Cropperのギターから「Soulman」がスタート。うぉぉぉ~あのイントロだ!
座って聴いていたお客さんも総立ちになり、大きな声で思い思いにシャウト。
「I Can't Turn You Loose」のエンディングとともに、本編は終了。
Steve Cropperが目の前にやって来たので、手を差しのべてしっかりと握手。
おぉ~っ、Steve Cropperと握手できるなんて夢のようだぜ。。。

アンコールに応えて、Lou Mariniがステージに登場。
メンバーをひとりひとり紹介しながら、ステージに呼び込む。
ステージ後の暗幕が開いて東京の夜景が広がったところで、アンコールの演奏開始。
お客さんとコール&レスポンスしながら、ミディアムテンポのナンバーが繰り広げられる。
最後は管楽器やタンバリンを鳴らしながらお客さんの間を練り歩き、
メンバーは控室へと消えて行った。
終了したのは22時55分、思ったよりも長くて充分楽しめるステージだった。

【Setlists】
Green Onion
Peter Gun's Theme~Soul Finger
Going Back To Miami
She Caught The Katy
Gimme Some Lovin'
Shot Gun Blues
Minnie The Moocher
I Can't Turn You Loose
Sweet Home Chicago
Looking For A Fox
Soulman
Ending:I Can't Turn You Loose

|

« SIMON AND GARFUNKEL「LIVE」日本武道館 | トップページ | 今夜は朝まで清志郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE BLUES BROTHERS BAND「LIVE」六本木Billboard LIVE TOKYO:

« SIMON AND GARFUNKEL「LIVE」日本武道館 | トップページ | 今夜は朝まで清志郎 »