« 調布市役所 | トップページ | 渋谷区役所 »

2012年5月14日 (月)

NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS「梅津和時 プチ大仕事 2012春」新宿PIT INN

今日は18時前に会社を脱出して、新宿PIT INNへ「梅津和時 プチ大仕事 2012春」を観に行く。
今年の「プチ大仕事」は、5月11日から16日までの6連チャン。
本日の出演は、“NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS”。
開場時間19時半まで少し時間があったので、新宿三丁目の「ACTUS」でソファなどを品定め。
なかなかピッタリとくる感じのものはなくて、これはけっこう探すのが大変そう。
そんなことをしているうちに開場時間が迫ってきたので、会場の新宿PIT INNへと向かう。
会場前には続々と人が集まってきたけど、思っていたほどの混雑ではないような・・・。
整理番号32番で入場。前の方の席も空いていたけど、ステージ正面通路際の席に陣取る。
前から6列目になっちゃったけど、通路を通してステージがバッチリ見える好ポジション。
フロアにはテーブルが置かれ、立ち見もほどほどに出て、なかなかいい雰囲気。

予定より少し遅れて、20時05分過ぎに開演。
フロアが暗転してしばらく間が空いてから、メンバーがステージに登場。
Drums:江川ゲンタ、Bass:中村きたろー、Keyboards:厚見玲衣、Vocal&Guitar:三宅伸治、
AltoSax:梅津和時、TenorSax:片山広明、Trumpet:渡辺隆雄。
いつものメンツだけど、梅津さんが中心に立っているところが「プチ大仕事」ならでは。
演奏は「I can't turn you loose」からスタート。梅津さんの前口上を交えて、気分はアゲアゲ。
続けて「涙のプリンセス」を演奏したあと、昨日急逝したDonald"Duck"Dunnさんに捧げるナンバー
「ドック・オブ・ザ・ベイ」「Fa Fa Fa Fa Fa」。梅津さんもBlue Note公演を観に行ったそうで、
何とも言えない想いがフロアに漂う中ではあったけれど、演奏はとってもホットだった。
次に演奏された「Remember you」、梅津さんがヴォーカルをとる「春の嵐」、
いつもは清志郎のことを想って唄われる曲も、今日は"Duck"Dunnさんへの想いで一杯だった。
そして始まったのは、RCサクセションの名曲「いいことばかりはありゃしない」。
江川ゲンタ、中村きたろー、厚見玲衣、片山広明、渡辺隆雄、梅津和時という順番でヴォーカルをとる。
今この場に居る人すべてのいろいろな想いが、フロアに溢れてはじけていた。
第一部は伸ちゃんのオリジナル「自由の鐘」を最後に、20時55分ごろ終了。

15分ほどの休憩をはさんで、21時10分過ぎに第二部がスタート。
「Shake」「Rock me baby」「サマータイム・ブルース」と、ハードなナンバーを立て続けに演奏。
「サマータイム・ブルース」は、前半はEddie Cochran、後半は“The Who”バージョンの合わせ技。
ここで一部のメンバーが退場して、きたろーさん&伸ちゃん&梅津さんの三人のみで演奏。
“三中梅”というユニットで東北を廻るという話から、梅津さんヴォーカルの「東北」。
梅津さんのヴォーカルはすごく上手いというわけではないけど、心がこもっている感じがしてイイ。
「日本一丁寧なロッカー」という紹介で、伸ちゃんが「生きよう」を唄いあげる。
それから、梅津さんと清志郎とで作ったという新曲「愛」を披露。
厚見さんのピアノにブ厚いホーンセクションがからみ、とってもソウルフルなバラード。
「ぶっ飛ばして行きますよ~!」という伸ちゃんの掛け声をきっかけに、
「ダンス天国」「ベートーベンをぶっ飛ばせ」とノリのいいナンバーが続いていく。
ラストは「Jump」。これまで立ちあがるのを我慢していたお客さんがいっせいにスタンディング。
いろいろと想うところのあるライブだったけど、やっぱりこうしていられるのが幸せということなんだな。

アンコール、厚見さんのピアノから始まったのは「スローバラード」。
ヴォーカルはお客さん。梅津さんが吹くサックスが、今夜もむせび泣いていた。
そして「雨あがりの夜空に」が始まると、再びお客さんはスタンディング。
ステージはほとんど見えなくなってしまうけど、やっぱりライブはこうでないといかん。
二回目のアンコールに突入し、Bob Marleyのカバーで「No Woman No Cry」。
「きっとうまくいくよ・・・きっとうまくいくよ」というフレーズが、いつもながらに印象的。
梅津さんはサックスを吹きながら客席へと乱入。ゲンタさんのドラムもカッコいい。
最後はステージ前にメンバー全員が並んで、深々とお辞儀をして終了。
時間は22時40分、とっても素晴らしいライブであった。

【セットリスト】
第一部
M01. I can't turn you loose
M02. 涙のプリンセス
M03. ドック・オブ・ザ・ベイ
M04. Fa Fa Fa Fa Fa
M05. Remember you
M06. 春の嵐
M07. いいことばかりはありゃしない
M08. 自由の鐘
第二部
M09. Shake
M10. Rock me baby
M11. サマータイム・ブルース
M12. 東北 [三中梅]
M13. 生きよう
M14. 愛
M15. ダンス天国
M16. ベートーベンをぶっ飛ばせ
M17. Jump

アンコール1
EN1. スローバラード
EN2. 雨あがりの夜空に

アンコール2
EN3. No Woman No Cry

けっこう遅くなってしまったし、まだ月曜日なので、今日のところはおとなしく帰ることにする。
国領まで戻って、駅前の「武蔵家」でラーメンを食べてから帰宅。

|

« 調布市役所 | トップページ | 渋谷区役所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16529/54755639

この記事へのトラックバック一覧です: NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS「梅津和時 プチ大仕事 2012春」新宿PIT INN:

« 調布市役所 | トップページ | 渋谷区役所 »