« アナーキー in 呑み会 | トップページ | 映画「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」新宿K's cinema »

2016年2月 6日 (土)

太田裕美「コンサート2016」渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

今日は午前中病院へ行こうと思っていたのに、なんだかんだで行けず。
発売されるのかされないのかわからないRCの日比谷野音ライブに想いを巡らす。
13時からはCHABOが出演する「HOBO CONNECTION」のチケット予約・・・
と思いきや、発売は明日と気が付きなんだかなぁ~。
どうにもこうにも、からまわり気味な一日。。。

夕方から出かける。
今日は渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールへ、「太田裕美コンサート2016」を観に行く。
渋谷へはちょくちょく来ているけど、国道246号を超えたこの界隈はなかなか来ない。
さくらホールも初めて来る会場。こんなところにこんな素敵なホールがあったんだね。
渋谷区文化総合センター大和田の4階、エスカレーターをあがって行ったところにエントランス。
キャパ729席というこじんまりとしたホールだけど、アットホームでなかなかイイ雰囲気。
私の席は、1階5列4番。ステージ向かって左端、段差がないので若干観にくい。

01349da5759497817e205a428eecd0e38eb

予定通り、17時30分開演。
エレキギター&エレキベース、アコースティック・ギター、キーボードという小編成のバンド。
それをバックに、白い衣装を着た裕美ちゃんがアコースティック・ギターを弾きながら唄い出す。
いまの季節にあわせて、冬から春に向かっての曲を中心にしたセットリスト。
コンサート前半はアルバムの曲が多くて、裕美ちゃん曰く「シブい選曲」。
だけど本人も言っていたけど、素晴らしい曲が多くて、聴いていて幸せな気持ちになる。
そんな中で飛び出したのは「ロンリィ・ピーポーII」。アコースティック・アレンジで聴くこの曲もまたイイ。
この曲はニューヨークから帰ってきて初めて出したシングル、この時のことを裕美ちゃんは
「調子に乗って刈り上げにして帰ってきて、待っていたファンの皆さんがドン引きした・・・」と語る。

ここで裕美ちゃんはピアノの前に座り、デビューシングルから「白い季節」「雨だれ」を続けて唄う。
うーん、やっぱりこれが原点という感じでイイねぇ~。特に「雨だれ」は、あの頃を思い出すわ。
それから「最後の一葉」。物悲しいピアノの旋律から、ドラマティックに唄いあげる裕美ちゃん。
これは名曲だよなぁ~。こんな曲が普通にテレビから茶の間に流れていたのだからスゴイ。
ニューヨーク生活で学んだことをしばらく話したあと、アルバム「FAR EAST」のナンバーを披露。
バンドメンバー紹介をはさんで、裕美ちゃんはハンドマイクでシングル曲を唄う。
「しあわせ未満」「木綿のハンカチーフ」「ガールフレンド」「ドール」、どの曲もやっぱり素敵。
最後は「水彩画の日々」をしっとりと唄いあげて、本編は終了。
アンコール、黒い衣装に着替えて登場した裕美ちゃん、「強い気持ち・強い愛」でお客さんは総立ち。
そして最後は「さらばシベリア鉄道」でフィナーレ。終了したのは19時30分、2時間ちょうどのステージ。

せっかくなのでたまにはここら辺で呑もうと思い、ガード下の「天風やまがた」へ入る。
カウンター席ではなく年齢層も低めなので、ちょっと落ち着かなかったけど、
お酒も料理も安いわりに美味しくてなかなか良かった。
1時間ちょっとで切り上げて、隣の「リンガーハット」でちゃんぽんを食べる。
無料で麺を増量出来るというので、300グラムを注文。これまた久しぶりで美味しかった。
バスに乗って、22時前には帰宅。

|

« アナーキー in 呑み会 | トップページ | 映画「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」新宿K's cinema »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アナーキー in 呑み会 | トップページ | 映画「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」新宿K's cinema »