« ちょい呑み | トップページ | 東京都内を呑み歩くツアー:大山編 »

2016年9月29日 (木)

内田裕也×近田晴夫「これから宇宙はどうなってゆくのかしら?」代官山 晴れたら空に豆まいて

今日は代官山 晴れたら空に豆まいてへ、内田裕也×近田晴夫のトークライブを観に行く。
「これから宇宙はどうなってゆくのかしら?」という不可解なタイトルがついているけれど、
大好きな内田裕也が出演すると知っては行くしかないでしょう。
16時に仕事を切り上げてみたものの、開場時間の18時30分まではかなり時間がある。
というわけで中目黒で降りて、あたりをブラブラして時間調整。
目黒川沿いは小洒落た店が多いけど、雰囲気はやっぱり良くて落ち着く。
イイ感じの呑み屋もけっこうあったりして、アフターライブが楽しみ。

20160929_1814b

開場時間の18時30分にあわせて会場へ。予定より少し遅れて開場。
整理番号8番で入場。本日は畳敷きということで、ビニール袋に靴を入れて持ち運ぶ。
フロアに入ってはみたものの、ステージがどちらなのかわからず一瞬焦る。
いつもは桟敷席になっているところがステージで、通常のステージは座席になっている。
というわけで、ステージ真正面の席をゲット。こいつはなかなかラッキー。
お客さんは全部で50人ぐらいか? イイ感じにフロアが埋まっている。

予定より遅れて、19時40分開演。まずはスクリーンに「New Years World Rock Festival」の
テレビ放映時のオープニング映像が映し出される。
ROCKの名曲をバックに、世界各地を淡々と自転車で駆け抜ける裕也さん。
なんとも不思議な感覚に包まれる映像・・・だけどやっぱりカッコいいな。
映像が20分ほど流れたあと、近田晴夫の呼び込みでいよいよ裕也さんが姿を現わす。
白いジャケットにネッカチーフを巻き、サングラスでビシッと決めている。
いきなり「内田裕也、本名・小池百合子と申します」と自己紹介。つかみはバッチリだ。
そんなこともあって、トークの内容は政治的なことが中心。
自身が東京都知事選挙に出馬したときの話から始まり、いまの政治に対して思うこと、
とりわけ女性の政治家をどう思うか?と、ひとりひとり名前を挙げてのトークは笑える。

裕也さんは明日目の手術を控えているということで、ノンアルコールを呑みながらのトーク。
さりげなくそんなことを言っているけど、大丈夫なのだろうか? ちょっとばかり心配になってしまった。
それでも裕也さんの一挙手一投足はやっぱりロケンローで、いちいちカッコ良くてしびれる。
トークのほうも絶好調で、近田晴夫との対談なのにほとんどひとりで喋りまくっていた。
それほど長い時間ではなかったけれど、内田裕也の世界にどっぷりとハマることが出来た。
最後に「シェキナベイビー」のプロモーション映像をみんなで観て、21時20分ごろに終了。
隣のお店が控室替わりに使われていて、ガラス越しに裕也さん達の姿が見える。
サインをもらいたかったけど、どうにもタイミングがつかめずに仕方なく退散。

せっかくなので、中目黒で呑んでいくことにする。
酒呑みの嗅覚で、ちょっと寂れた感じの「藤八」という店に入ってみる。
これが大正解。外観からは想像できない大きなフロアに、お客さんがけっこう入っている。
しめさば、マカロニサラダ、焼鳥といった定番の料理が、どれもこれも安くて美味しい。
ビールとホッピーをグビグビと呑み進め、ラストオーダーでシメの素うどん。
23時半には閉店だというので、おひらきにして電車に乗って帰宅。

|

« ちょい呑み | トップページ | 東京都内を呑み歩くツアー:大山編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょい呑み | トップページ | 東京都内を呑み歩くツアー:大山編 »