« 松田聖子「Concert Tour 2017 Daisy」日本武道館<Day-1> | トップページ | 呑みたい気分 »

2017年7月 9日 (日)

松田聖子「Concert Tour 2017 Daisy」日本武道館<Day-2>

今日は日本武道館へ、松田聖子「Seiko Matsuda Concert Tour 2017 Daisy」を観に行く。
2017年の聖子の夏コン、武道館2daysの二日目。私は昨日に続いての参加となる。
昨日はちょっと不完全燃焼という感じだったので、今日は思い切り満喫したい。
そんな思いを抱きつつ、14時45分過ぎに会場入り。今日はプレミアムシートなので、専用入口から入場。
PASSと記念品のトートバッグを受け取って、赤い絨毯が敷かれた通路を通って自分の席へと向かう。
席はプレミアムシート アリーナPR11-82番。前から10列目だけど、さすがによく見える。

15時05分過ぎ、「まもなく開演」を告げるアナウンスが流れると、いつものように聖子コールが始まる。
そして昨日と同じく、「不慮の怪我により、演出を一部変更」と聖子ちゃんのアナウンス。
昨日の今日だから当然と言えば当然・・・それでもちょっと残念な感じは否めない。
15時10分過ぎ開演。ステージを覆った黒幕にレーザー光線でツアータイトルが描かれ、
幕があがるとステージ中央のお立ち台からピンクのドレスを着た聖子ちゃんが登場。
ニューアルバム「Daisy」の中から、「春の風誘われて ~Spring has come again~」
「友達で恋人がIt's a wonderful♡ ~Shake it!! Baby~」「あなた propose tonight☆」「私・・恋してる」を唄う。
聖子ちゃんは白い椅子に腰かけたまま、上半身だけを使って踊りながら唄う。
デイジーの花やキノコで華やかに彩られたステージセット、なんだかちょっと勿体ない。
聖子ちゃんは白いドレスに着替えて、「Daisy」から「今を愛したい」「あなたへの愛」を唄う。

ダンサーの踊りをはさんで、黒いドレスの聖子ちゃんが「薔薇のように咲いて 桜のように散って」を唄う。
続いて「あなたに逢いたくて~Missing You~」をしっとりと唄ったところで挨拶。
「昨日・今日と椅子に座って唄うという事態になってしまってごめんなさい」と、聖子ちゃんはお詫び。
そのままアコースティックコーナーに突入し、「セイシェルの夕陽」「時間旅行」と懐かしいナンバーを披露。
それから「100年ぶりに唄う」という紹介で「モッキンバード」。途中でバンドメンバー紹介を交えての演奏。
「もしかしたら今後アコースティックコーナーの定番になるかもしれませんね」と嬉しそうな聖子ちゃん。
「Sleeping Beauty」「ひまわりの丘」を唄ったあと、これまた定番の「SWEET MEMORIES」。
ここでいつものようにアンコールの声が掛かり、アコースティックコーナーには欠かせない「秘密の花園」。
もちろんダブルアンコールもあり。「モッキンバード」をお客さんと一緒に唄うことに・・・。
お客さんからの要望で歌詞の一部を変更することになり、延々と練習を繰り返す聖子ちゃん。
昨日はちょっと抑え気味に感じたけど、今日は聖子ちゃんらしい明るさが炸裂している。
ステージに設置されたモニターに歌詞が表示されると、場内は割れんばかりの大拍手。
その歌詞を観ながらお客さん全員で「モッキンバード」を大合唱。なんだか素敵な空間。

アコースティックコーナーが終わり、聖子ちゃんは再び今日のお詫びと感謝の言葉を述べる。
11月のJAZZのコンサート、年末のディナーショーのインフォメーションに続いて「赤いスイートピー」。
客席が赤いスイートピーで埋め尽くされ、お客さんと一緒になって唄いあげる。
ダンサー紹介をはさんで、いよいよコンサート終盤の盛りあがりタイムに突入。
馬にまたがって颯爽と登場した聖子ちゃん、「時間の国のアリス」を唄う。
キラキラと輝くステージセット。やっぱりこれが見られなくては、聖子ちゃんのコンサートに来た甲斐がない。
そしていよいよメドレーの時間。車輪がついた椅子に座って、ステージ上を移動する聖子ちゃん。
ステージ狭しと駆け巡る聖子ちゃんが完全に再現されて、これはなかなかのナイスアイデア。
「青い珊瑚礁」から始まって、「風は秋色」「天国のキッス」「渚のバルコニー」「Rock'n Rouge」
「チェリーブラッサム」と続き、最後はスモークが立ちのぼる中を「夏の扉」でフィナーレ。

アンコールは、「SQUALL」からの「20th Party」。リボンキャノンが何発も炸裂する。
演奏が終了し、バンドメンバーとダンサーをステージ中央に呼び込みひとりひとり紹介。
「ありがとう」を唄い終え、曲が「いくつの夜明けを数えたら」に変わると、ステージには聖子ちゃんひとり。
再びお詫びの言葉と感謝の言葉を述べるうちに、顔をくしゃくしゃにして涙ぐむ聖子ちゃん。
昨日・今日とアクシデントに見舞われてしまったけれど、いつも通りに最高のコンサートであった。
聖子ちゃんは椅子に座ったまま去って行き、コンサートは17時25分過ぎに終了。

|

« 松田聖子「Concert Tour 2017 Daisy」日本武道館<Day-1> | トップページ | 呑みたい気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松田聖子「Concert Tour 2017 Daisy」日本武道館<Day-1> | トップページ | 呑みたい気分 »