« 2017年7月 | トップページ

2017年8月11日 (金)

三宅伸治「真夏の夢 どっぷりと3days」京都 磔磔

今日は「山の日」で休みなので、今週末は三連休。
それを利用して、京都~名古屋を股に掛けたライブ遠征を企画。
世間的にはお盆の入りという事もあり、新幹線が軒並み満席でかなり焦ったけど、
マメに空席確認して予約することが出来たので、12時30分発ののぞみに乗っていざ出発。
14時41分、京都駅に到着。東京は涼しかったのに、京都はものすごいムシ暑さ。
いつもなら四条までブラブラと歩くところだけど、今日のところは地下鉄で移動。
「Joe's Garage」で中古盤を漁って、15時半過ぎに今夜泊まる「コープ・イン・京都」へチェックイン。
今夜のライブの開場時間までは少し余裕があるので、部屋にしばらくこもってクールダウン。

16時半過ぎに再び出かける。
今夜は磔磔へ、「三宅伸治 真夏の夢 どっぷりと3days」を観に行く。
今日から三日間行われる3daysの一日目、今宵は鮎川 誠と友部正人を迎えてのステージ。
開場時間の5分前に会場へ到着し、整理番号C4番で入場。
席はけっこう埋まっていたけど、ステージ下手の三列目がぽっかりと空いていた。
Marshallのアンプがちょうど真ん前に見える。鮎川の正面のポジション、こいつはラッキー。

予定より少し遅れて、18時05分過ぎ開演。
まずは伸ちゃんがひとりステージに登場して、アコースティックギターを弾きながら「It's All Right」。
「ボクのわがままで、今夜はフォーク界の王様とロック界の王様が一同に会したスゴい夜になると思います。
どうぞ感じ取ってください」と伸ちゃんは言い、友部正人をステージに呼び込む。
そして二人で「雨の降る日には」。友部さんの冒頓とした唄声に、伸ちゃんが張りのある声でコーラス。
「曇り空」を唄ったあと「はじめ僕はひとりだった」。畳みかけるような二人の唄声、胸に染みる。
次の「大阪へやってきた」は友部さん流のブルースという感じ。高いテンションの演奏に惹き込まれる。
ここで伸ちゃんと入れ替わる形で、鮎川 誠がステージに登場。友部さんと鮎川、スゴい組み合わせ。
鮎川がブラックビューティをかき鳴らし、友部さんがブルースハープを吹いて「盗っ人」を演奏。
続いて友部さんのナンバーで「From Brooklyn」。唄に合わせてギターを弾く鮎川・・・絵になる二人。
そして更に伸ちゃんが加わって、友部さんのレパートリーから「戦死」を三人で演奏。
友部さんはリーディングするような感じで唄い、鮎川はレスポールで強力にバッキングする。
いささかラフで自由な鮎川のプレイ、それを伸ちゃんが上手いことサポートするような演奏。
いつもなら伸ちゃんが言う「今日は二部構成でたっぷりと演ります」というセリフを鮎川が言い、
第1部のラストは“Rolling Stones”の「Just Your Fool」。19時05分ごろインターバルに突入。

19時20分ごろ第2部開始。ステージには、伸ちゃんと鮎川。
John Lee Hookerの「Boom Boom」から始まり、Chuck Berryの「Carol」とゴキゲンな選曲。
そして始まったのは「ビールスカプセル」。誰と一緒であろうがブラックビューティさえあれば、
“SHEENA & THE ROKKETS”のいつものサウンドになってしまうところがサスガだ。
次に演奏された「ホラ吹きイナズマ」も然り。鮎川の熱いプレイに、目はすっかり釘づけ。
ここで友部さんが加わり、伸ちゃんのわがままという紹介で友部さんの「一本道」を演奏。
友部さん、伸ちゃん、鮎川の順番でヴォーカルをまわす。それぞれが辿ってきた一本道に想いを馳せる。
不器用そうな鮎川の唄声が、心にグッと深く突き刺さってくる。なんだかスゴイもの観ている。
続いて「You May Dream」。鮎川はいつもの調子で唄うけど、伸ちゃんはオリジナルKEYで合わせる。
それがなんとなくシーナの唄声に聴こえてきてしまい、グッと胸が熱くなってしまった。
続く友部さんの「僕は君を探しにきたんだ」も、三人で順番にヴォーカルをとる。
そして最後は「レモンティー」。しつこいエンディングもいつも通り、Rock'n'Rollな雰囲気のまま終了。

アンコールに突入し、友部さん、鮎川、伸ちゃんに加えて、磔磔のボス:水島さんがステージに。
そして“Rolling Stones”のナンバーから「Love In Vain」。このメンバーでこの曲が聴けるとは驚き。
「友部さんはBob Dylanのレコードだけでなく、“Rolling Stones”の「Let It Bleed」も持っとる」と鮎川。
そしてBob Dylanの「Like A Rolling Stone」。伸ちゃんが弾いているリゾネーターギターはエレクトリック?
ほんわかとした音色が、曲に妙にマッチしている。ヴォーカルはもちろん三人で交互に。
最後は「(I Can't Get No) Satisfaction」で盛りあがって、演奏はひとまず終了。
セカンドアンコールとなり、「夕日は昇る」を三人で演奏して、20時45分過ぎにすべて終了。

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

亀戸餃子

今日は15時退社にして、バスに乗って錦糸町へ。
バスに乗るのって、なんだか楽しい。ちょっとした旅気分。
16時ごろ錦糸町駅に着いて、JR乗り換えて亀戸へ向かう。
お目当ては「亀戸餃子」。ここ数回、売り切れで入れなかったからな。
さすがに店内はガラガラで、カウンターに座って早速ビールと餃子。
やっぱり美味しい・・・不思議とあっさりしてるんだよね。
けっきょく4皿20個をたいらげ、30分ほどで店を出る。
すっかりお腹イッパイになったけど、ブラブラと歩いて二次会の店を探す。
「くら」という立ち呑み屋を見つけて入る。昭和な香りが漂ってイイ感じ。
チケット制というのがまた良くって、何品かつまみながらホッピーと日本酒を呑む。
19時前にはぐでんぐでんになり、そのまま電車に乗って帰宅。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

暑い日・・・

今日は最高気温が37℃だったらしい。
暑くて死にそう~だった。。。

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

おだやかな夜

今日は何故だか無性に呑みたくて、仕事帰りに幡ヶ谷「みやび屋」へ。
曜日のせいなのか時期的なものなのか、けっこう空いていてゆったりと呑めた。
なんだかんだで二時間近く居座ってしまった・・・ だけど、満足。
それから帰ってもまだ21時過ぎだったので、先週買ったスティーブ・クロッパーのレコードを聴く。

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

通院

今日は定時に仕事を切り上げて耳鼻科へ。
診察はあっという間に終了し、駅ビルの「ぼっけもん」で油そばを食べる。
台風が近づいてきていて雨風が強いので、電車に乗って初台まで戻る。
だけど駅を降りたら雨があがっていて、ちょっとばかり拍子抜け。。。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

石野真子「Live2017 "Little Summer"」新宿ReNY

15時過ぎに再び出かける。
今日は新宿ReNYへ、石野真子「Live2017 "Little Summer"」を観に行く。
真子ちゃんのライブを観るのは、実に二年ぶりになる。
観に行きたい気持ちは満々なのだけれど、どうにもチケットが取れないのだ。
今回も発売と同時に売り切れとなり、追加発売された立見チケットをようやく手に入れた。
開場時間の16時にあわせて現地へ行くと、会場があるビルの前に行列が出来ていた。
自由席チケットのお客さんが300人ほど入場したあと、立見チケット整理番号15番で入場。
円型のフロアはお客さんでギッシリ。石野真子人気恐るべしという感じ。

予定より少し遅れて、16時35分ごろ開演。
しっとりとしたSEが流れる中、ドラム、ベース、キーボード、ギターのバンドがステージに登場。
そしてフリンジのたくさんついた緑色の衣装に身を包んだ真子ちゃんが唄い出す。
アイドル時代のアルバムの曲が中心のセットリスト、知らない曲が多いけどイイ曲ばかり。
ステージで初めて唄う曲もあったみたいで、コアなファンの皆さんから溜息が漏れる。
ポップチューンからミディアムテンポのナンバー、そしてバラードまで完璧に唄いこなす真子ちゃん。
ライブ中盤には椅子に腰かけて、「狼なんか怖くない」のアコースティックバージョンを披露。
ハツラツと唄う真子ちゃんもイイけど、こういう大人っぽい唄い方が出来るようになったのは年月の収穫。

ちょっと落ち着いた感じで進められてきたライブも、終盤に入るとヒット曲の連発。
「日曜日はストレンジャー」「プリティー・プリティー」「ワンダー・ブギ」、懐かしい曲が続く。
フロアのお客さんは総立ちになり、フロア後方に陣取った親衛隊のコールがバッチリと決まる。
そして早くも最後の曲「ハートで勝負」で、大盛りあがりのうちに本編は終了。
ステージが暗転して、親衛隊の「L・O・V・E GO! GO! MAKO!!」のコールが鳴り響く。
アンコールに突入して、黄色い衣装に着替えて登場した真子ちゃん。
始まったのは「バーニング・ラブ」。これは意外な選曲。いろんな切り札を持ってるな。
そして最後は「GOOD-BYEは出発(たびだち)」。これは盛りあがらないわけがない。
感動的な歌詞をさらりと唄いこなしてしまう様子に、現在の真子ちゃんを感じる。
こうして素晴らしいライブは、18時20分ごろ終了。

明日は月曜日ではあるけれど、せっかくなので呑んでいくことにする。
なんとなくワシントンホテルに吸い込まれ、「九州 熱中屋」という店に入ってみる。
カウンター席に座って、胡麻サバなどを食べながらビールと焼酎を呑む。

| | コメント (0)

チケット購入

今日は9時半ごろ家を出て、新宿PIT INNへ“KIKI BAND”のチケットを買いに行く。
10時前には着いたのに、既にたくさんの人が並んでいた。
ちょっと出遅れたか・・・と思いつつ、蒸し暑いサウナ状態の中を1時間ほど並ぶ。
11時に販売開始となり、ほどなくして自分の番がやって来た。

この時間に新宿に居るのは珍しいので、そのまま「あづま」で昼食にする。
今日はハンバーグ付のオムライスにしてみた。もちろん生ビールも欠かせない。
すっかり満足して、12時半ごろひとまず帰宅。

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

まったりと

今日は一日、まったりと過ごす。
THE MODSの日比谷野音2016とRebeccaの渋谷公会堂1985のライブDVDを観る。
やっぱりこの頃のRebeccaは最高なんだな!と、再認識した次第。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

Bob Gruen「ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展」池袋 Parco Museum

今週は地味ぃ~な一週間だったので、今日は気分転換に池袋へ。
まずはEsola池袋の「MUSIC ISLAND」で、先週見つけたSteve Cropperのアナログをピックアップ。
そしてParco Museumへ、「ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展」を観に行く。
入場料500円を支払って会場内へ入るとすぐに、ボブ・グルーエンについて熱く語る鮎川 誠のVTR。
それから奥へ進むと、あまり広くないフロアにたくさんのROCKスターの写真がディスプレイされている。
Elvis Presley、Bob Dylan、Sex Pistols、Clash、New York Dolls、Ramones、Johnny Thunders、
Richard Hell、Iggy Pop、Dead Boys、Kiss、Led Zeppelin、Marc Bolan、Johnny Winter、
John Lennon、Rolling Stones、Chuck Berry、そしてSheena & The Rokkets・・・。
たくさんのROCKスター、たくさんの写真。どの人も好き、どの写真もカッコいい。
出口付近には年代物のJuke Box。もちろんシナロケの「You May Dream」をリクエストした。
いろいろあった今週だけど、好きな人の素敵な写真に囲まれて、なんだか元気を取り戻した。

一時間ほどでParco Museumをあとにして、どこかで呑んでいこうと池袋の街をブラブラ。
雨が降り出したけど、さすがに金曜日・・・。どの店も超満員で入れず路頭に迷う。
仕方がないので「せいべえ」というラーメン屋で、軽く呑みながら冷し味噌拉麺を食べる。
店を出るころには雨もやみ、呑み屋も空き出してきたけど、そのまま電車に乗って帰宅。

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

無題

今日は月で一番忙しい日。
いろいろありつつも、なんとかこなす。
だけど大きな失敗をしてしまったかもしれない。
気をつけないとダメだ。。。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

受診

今日は午後出社にして、幡ヶ谷にある耳鼻科へ。
1ヶ月ほど前から喉に違和感を感じていて、なんだかイヤな予感がするのだ。
10時に予約しておいたので、ほどなくして診察を受けることが出来た。
いきなり「癌の疑いもありますからねぇ~」と、核心を突く事をおっしゃる先生。
いきなり鼻から内視鏡を入れられて、喉の診察が始まる。
「悪性の腫瘍とかではない」との言葉にひと安心。
あっという間に診察が終わったので、薬をもらってから郵便局へ寄る。
初台から電車に乗り込み、月島でぶらり途中下車して「丸中」でランチ。
天婦羅定食900円也。たっぷり入っている上に、美味しくてサイコー!
そして13時からは普通にお仕事。

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

前夜

今日から八月・・・早過ぎる。
喉の違和感がどうにもならないので、明日は午後出社にして病院へ行くことにした。
午後出社だから今夜はどこかへ寄り道したい気分だけど、理由が理由だけにちょっと躊躇。
それでも呑みたい気分は満々だったので、「養老乃瀧」でちょっとだけ呑んで早く帰る。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ