« 金曜日 | トップページ | リクオ with HOBO HOUSE BAND「~Rock'n Roll Goes On! Tour 2020~」Zher the ZOO YOYOGI »

2020年2月 8日 (土)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「KERA CROSS 第二弾 グッドバイ」シアタークリエ

今日はシアタークリエへ、「KERA CROSS 第二弾 グッドバイ」を観に行く。
ケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲を、才気溢れる演出家たちが新たに創り上げるシリーズ「KERA CROSS」。
今回は2015年にKERA・MAP作品として上演された恋愛狂騒劇を、生瀬勝久の演出で上演される。
定期券を使って通勤経路通りに有楽町駅へ出て、そこから歩いて会場のシアタークリエへ。
ここは何度か来たことがある劇場、大人っぽい雰囲気の造りで気分があがる。
今日の席は10列3番。ステージ下手の端だけど、ステージが近くて見やすい。

予定通り、12時30分開演。
闇商売で儲けて20人以上の愛人を抱える文芸誌「オベリスク」編集長・田島周二(藤木 直人)。
怪力で大喰いの闇市のかつぎ屋・永井キヌ子(ソニン)と結託して、愛人へ別れを告げてまわる。
別れの場面で愛人の最後の言葉は決まって「グッドバイ」。その台詞回しがどことなくポップ。
ところが田島は路上で追いはぎに襲われ、あっさりと命を落としてしまう・・・。
一年後、故人を忍んで集まった愛人たち。小説家の連行(生瀬勝久)は田島の元妻と再婚している。
そんなところに現れた記憶喪失の男・・・実は田島は生きていたのだ。
喧々諤々のやり取りのあと、みんなで唄い踊ってのハッピーエンドを迎える。

上演時間は、一幕:12時30分~14時10分、休憩:20分、二幕:14時30分~15時40分。
二階建てのステージセットがおもしろく、ステージバックのガラス越しの樹木が綺麗で幻想的。
生瀬さんはあいかわらずのド迫力で、アドリブをビシビシと決めまくっていた。
藤木くんはテレビではのほほんとしたイメージだけど、舞台ではビシッとキメてくれる。
そしてソニンちゃん。喜怒哀楽が激しい女性の役を、表情豊かに演じていたのが印象的。
転換の場面でバイオリンを弾きまくる杉田のぞみの演奏も良かったな。
好きな役者さんばかりが出ていて、それに負けないストーリー・・・とてもおもしろい芝居だった。

16時前に終わったので、有楽町電気ビルの地下へ行ってみる。
まだ外は明るいけれど、偶然見つけた立呑屋「きくのこ」で呑むことにする。
刺身3品盛と煮込み3品盛(牛すじ・牛モツ・豚モツ)が、思っていた以上に美味しい。
店員のお姉さんも熱心さがにじみ出ていて、これは通いたくなる店だなぁ~。

|

« 金曜日 | トップページ | リクオ with HOBO HOUSE BAND「~Rock'n Roll Goes On! Tour 2020~」Zher the ZOO YOYOGI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金曜日 | トップページ | リクオ with HOBO HOUSE BAND「~Rock'n Roll Goes On! Tour 2020~」Zher the ZOO YOYOGI »