« 休日 | トップページ | 今日はいったい »

2020年9月16日 (水)

仲井戸麗市×新谷祥子「Duet 2020」南青山MANDALA

今夜は仲井戸麗市×新谷祥子の配信ライブ「Duet 2020」を観る。
南青山MANDALAで定期的に行われているジョイントライブ、現在の状況をふまえて今回は配信という形になった。
波の音が静かに流れる中、20時ちょうどに画面がMANDALAのステージに切り替わる。
それと同時にCHABOがステージに登場。心なしかちょっと硬めにライブの趣旨などを説明。
今夜は三部構成、まずは新谷祥子のパート。ステージ上手に新谷さんはスタンバイ。
カリンバを操りながら唄う新谷さん。こういうスタイルで唄う人は初めて観た~スゴイ。
「配信は初めてです。お客様が居ないのは寂しいけど、観て頂いている事を信じて」と新谷さん。
それからマリンバを演奏しながらの弾き唄い。マリンバはどう弾いているのか何度観てもわからない。
新谷さんはマリンバだけでなく、パーカッションを叩きながら唄ったりもする。本当に独特な世界。
オリジナル曲を何曲か披露したあと、二人のジョイントライブでは恒例のCHABO曲を演奏するコーナー。
CHABOの配信ライブを観ていて、思わずマレットを手にしたという「DREAMS TO REMEMBER」、
そして「月夜のハイウェイドライブ」。ヴォーカル曲をマリンバで演奏するのだから、かなり意訳されているのは
当たり前だけど、新谷さんの解釈はCHABOの唄をよく理解してくれているのが感じられて心地良い。
ドライブ中の鼻歌に歌詞をつけてみた新曲「Green Field」を演奏して、55分ほどで新谷さんのステージは終了。

休憩をはさんでと思いきや、そのまますぐにCHABOのステージが始まる。
しばらくギターをつま弾いたあと、Langston Hughesの詩に曲をつけた「ハーレムの夜の歌」から演奏はスタート。
続いて「糧」。いつもよりちょとばかり軽やかなアレンジ。だけどその歌詞はやはり心に沁みる。
CHABOは「近所では『配信でお馴染みのCHABOが歩いてる』と言われます」と言いながら、
「配信の良さは楽屋でステージの様子が見られること」と言うところがCHABOらしくてイイ。
「サンドウィッチ」はMANDALAのライブから生まれた曲。なんとなく“古井戸”っぽいタッチを感じる。
「もともと家に籠っているから、自粛は何ともない」とCHABOは言い、自粛期間中に作ったという「朧」を唄う。
新谷さんがマリンバを叩く様子を「アタマおかしいとしか思えない」と言うCHABO。それは確かにそう思う。
ここでCHABOはギターをオートハープに持ち替えて、新谷さんのナンバー「新しい友だち」を演奏。
弾き慣れない楽器を演奏するCHABO。どこかたどたどしかったけど、新谷さんへの誠意を感じた。
続いてRCのナンバーから「君が僕を知ってる」。今夜は配信だけど、その向こうに居る僕たちと合唱する。
「清志郎が居たら配信やっただろうね。好きそうだもんね~」と言うCHABOに思わず納得。
「去年はずいぶん全国を廻ったけど、今は東京でしかライブをやる気力は無いです」とCHABO。
「気力というのは違うかもしれない」とすぐに言い直していたけど、それが正直なところなのかもしれない。
ギターをかき鳴らしながら「エレキ・ギターⅡ」、そして「オムニバス・夏」をリーディング。
今の季節にピッタリの新曲「Summer's Gone」を演奏したあと、これまた書き下ろしの新曲だという
「一本のエレキギターにまつわるひとつの小さな話(OLD BOY)」を披露して、CHABOのステージは終了。

5分ほどの休憩をはさんで、第三部=二人のセッションが始まる。
まずはウォーミングアップを兼ねて「そこらのロック小僧がマリンバ奏者の方と共演する時のための練習曲」。
いつもながらピッタリと息の合ったプレイに、思わず息を飲んで画面を凝視する。
新谷さんのナンバー「アトムの飛んだ空」を演奏したあと、二人の共演ではお馴染みの「ま、いずれにせよ」。
CHABOのギターと新谷さんのマリンバが絶妙なタイミングで交錯する。我を忘れて思わず聴き惚れてしまう。
続いて青森ねぶたの囃子方になったという新谷さんの御囃子を交えて「冴えた月の下で」を演奏。
こういう感じの曲を演奏するCHABOは新鮮。まさにジョイントライブの妙としか言いようがない。
そして「BLUE MOON」。新谷さんの激しいパーカッションが、CHABOの唄とギターを奮い立たせる。
次もCHABOのナンバーから「DISTANCE」。7月から始まったCHABOの配信ライブで生まれた曲。
回を重ねる毎にだんだん育ってきた感じがするけど、今回の新谷さんとの演奏が一番しっくり来た。
最後は新谷さんのナンバー「未来」。新谷さんのマリンバに、CHABOがアコギでギターソロ。
新谷さんとCHABOそれぞれのステージはともに「静」のイメージだったけど、
ふたり揃っての演奏は「静」と「動」が重なり合って素晴らしい演奏であった。
最後のおまけは「9月の素描」。ちょっとしたサプライズ。いろいろな思いが胸を駆け巡った。
こうして23時15分過ぎ、演奏はすべて終了。

|

« 休日 | トップページ | 今日はいったい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休日 | トップページ | 今日はいったい »