2018年7月 3日 (火)

映画「パンク侍、斬られて候」新宿バルト9

今日は新宿バルト9へ、「パンク侍、斬られて候」を観に行く。
「パンク侍、斬られて候」は、町田康原作の小説を実写映画化した作品。
脚本は宮藤官九郎、監督は石井岳龍、主演は綾野剛・北川景子・浅野忠信・豊川悦司・永瀬正敏ら。
18時50分の回にしたので、18時前には仕事を切り上げて新宿三丁目へと急ぐ。
18時半ごろ劇場に到着。夕方割というヤツで、1,300円というのは嬉しい。

ストーリーは、浪人・掛十之進(かかりじゅうのしん)を中心とした江戸時代の物語。
掛は仕官の職と報酬欲しさに、恐るべき災いを引き起こすという新興宗教団体「腹ふり党」の討伐を説く。
黒和藩(くろあえはん)重臣・内藤帯刀(ないとうたてわき)は、これを利用して対立する重臣の失脚を目論む。
しかし、教祖が捕縛された「腹ふり党」は既に解散しており、存在しないことを知る。
内藤は偽の「腹ふり党」をねつ造する計画を企てるが、「腹ふり党」の勢力は想定以上に拡大。
それを制圧するために立ちあがった黒和藩の助っ人は、大臼延珍(でうすのぶうず)が率いる猿軍団。
暴徒と化した「腹ふり党」と、猿軍団が加わった黒和藩との大いなる闘いが描かれていく・・・。
といったところだが、さっくり言うと、前半は町田康の言葉の中にクドカンらしさが散りばめられ、
中盤は石井岳龍が描き出す騒乱シーンが目を惹き、後半は再び町田康のなんとも理解しがたい世界。
そこに「意味」を求めるのはちょっと厳しかったけど、石井岳龍の騒乱シーンは文句なく興奮させられた。
それと北川景子は好みのタイプではないけれど、すっごく魅力的だった。(上映時間:131分)

21時10分過ぎに映画は終わり、新宿三丁目の隠れ家で呑んでいくことにする。
火曜日ということもあり、うまい具合にカウンター席にすべり込む。
あいかわらず美味しそうなモノばかりで注文に迷ったけど、いくつかチョイスして呑み喰いする。
23時前にはおひらきにして帰宅。

| | コメント (0)

2018年4月29日 (日)

映画「AMERICAN VALHALLA」新宿シネマカリテ

今日は朝から掃除。時間がたっぷりあるので、いつもよりも念入りに。
コタツを片付けて、ソファの位置をちょっと変える。こうしてプチ模様替えが完了。
これから夏にかけての季節。気持ちよく快適に過ごしたいからね。

それから昨夜の余韻を噛みしめつつ、「夜をぶっとばせ」のビデオを観る。
動いているHARRYと蘭丸を初めて観たのはこの映画。あれは新宿の映画館だったか?
映画の内容としては救いが無い・・・なんだかどっと疲れてしまった。

19時過ぎに出かける。こんな時間にいそいそと出かけるなんて、我ながらヘン。
今日は新宿シネマカリテへ、映画「AMERICAN VALHALLA」を観に行く。
2016年に発売されたIggy Popの最新アルバム「POST POP DEPRESSION」。
そのレコーディングからリリース・ライブまでを追いかけたドキュメンタリー映画。
4月14日から上映が始まっているけど、5月上旬には終わってしまうと聞いて急遽。
「disc union」をちょっとだけ覗いて、20時半過ぎには映画館へ。

21時から上映開始。映画は「POST POP DEPRESSION」を共作したJosh Hommeの独白から始まる。
Iggyと出会って一緒にバンドを組み、ロイヤル・アルバート・ホールでライヴ・・・
IggyとJoshのインタビューを中心に物語は進み、その間を縫うようにしてライブシーンが挿入される。
このライブがもぅ~カッコいいのなんの! Iggyはいつまで経ってもIggyのまま。
ロイヤル・アルバート・ホールのステージに上がるや否や、「Fuck! Fuck!」と言いまくるのがサイコー。
Josh Hommeを中心したバンドも初めて観たけど、キレっキレの演奏がとってもカッコいい。
初めから終わりまでシビれっ放しの82分であった。
(上映時間:1時間22分)

22時半には映画が終わったので、明日も休みだし呑んでいこうかと思い立つ。
行きつけの店を何軒か覗いてみたけど、思うことはみんな同じ・・・どこの店も超満員。
仕方なく三丁目方面まで流れて、「品川製麺」で餃子をつまみにビールを呑む。
それでもまあまあ満足して、24時前には帰宅。

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」TOHOシネマズ新宿

今日はTOHOシネマズ新宿へ、映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観に行く。
前作「フォースの覚醒」のラストシーンに現われたルーク・スカイウォーカー、
今回は“最後のジェダイ”ルークを中心にして物語は進んでいく。
だけどレイやレイア、そしてレイアの代理でレジスタンスの指揮官となったホルド提督、
それぞれに強い意思を持って動いているところにとても感銘を受けた。
死ぬことにも意味がある。生きることにも意味がある。そんなことを思った。
これまで単なる娯楽映画として観てきたけど、今回は心の奥底を突っつかれたような気がする。
(上映時間:152分)

13時半ごろ映画が終わったので、想い出横丁の「鳥園」で呑む。
こんな時間だというのに店内は大賑わい。負けずに昼間からホッピーをグビグビ。
昼間のお酒はよく効く。美味しい料理をつまみつつ、1時間半ほどでおひらき。
それから京王百貨店で開催中の「有名駅弁と全国うまいもの大会」を覘く。
美味しそうな食べ物がたくさんあって迷ったけど、牡蠣めしをチョイス。

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火)

映画「アウトレイジ 最終章」TOHOシネマズ新宿

今日はTOHOシネマズ新宿へ、映画「アウトレイジ 最終章」を観に行く。
19時20分の回にしたので、18時過ぎに仕事を切り上げ、いつも通りの経路をたどる。
平日にもかかわらず、けっこうお客さんが入っている。さすがの「アウトレイジ」人気。
本作は、国際的フィクサー「張グループ」と巨大暴力団組織「花菱会」との全面抗争を描いたもの。
ビートたけし演じる大友が、あいかわらず情け容赦ない非道なヤクザを演じている。
出所祝いパーティーに乗り込んでマシンガンを撃ちまくるシーンもド迫力だったけど、
首から下を道路に埋めて車に轢かれるようにしたり、口に爆弾をしかけて導火線に火をつけたり、
ジワジワと恐怖を味合わせながら殺すシーンのほうが余計に怖かったりした。
最後は大友が自分自身にケリをつけて、このシリーズは完結した。(上映時間:104分)

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」TOHOシネマズ日本橋

今日はプレミアム早帰りデーにして、15時に仕事を切り上げる。
そしてTOHOシネマズ日本橋へ、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を観に行く。
豊洲から行くのには意外と時間がかかり、15時40分ごろ日本橋駅に到着。
それでも上映開始時間の16時には、充分間に合ったので良かった。
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、山田涼介、萩原聖人、尾野真千子、西田敏行などが主演の作品。
かつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」の廃屋に忍び込んだ三人の若者。
シャッターの郵便口から投げ込まれる32年前に書かれた悩み相談の手紙に返事を書くうちに、
「ナミヤ雑貨店」の店主、悩みの相談者、そして自分たちに奇蹟のような繋がりがあることに気づく。
山下達郎が書いたテーマ曲「REBORN」が、劇中で効果的に使われているのが印象に残った。
かなりがっつり泣く覚悟でいたのだけれど、意外とすんなりと観ることが出来た。(上映時間:129分)

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

THE STOOGES「GIMME DANGER」新宿シネマカリテ

今日は定時ダッシュで新宿へ。
18時40分からシネマカリテで、“THE STOOGES”の映画「GIMME DANGER」を観る。
行く前に「タワレコ」へ寄り道をして若干バタバタしながらも、開映時間ギリギリにすべり込む。
水曜日の夜だけどサービスデーということもあってか、超満員のお客さん。
予告編なしでいきなりの本編。イギーやアシュトン兄弟を初めとするメンバーへのインタビューを中心に、
“THE STOOGES”の結成から解散・再結成までを、演奏シーンを交えて時系列で描いていく。
インタビューシーンがかなり長くてちょっとウトウトしてしまいそうな瞬間もあったけど、
バンドを巡るいろいろなエピソードを知ることが出来て興味深かった。(上映時間:108分)

映画が終わったのが20時半、まだ時間も早いので久しぶりに「かり屋」で呑む。
平日だからか意外と空いていて、やっぱりココは隠れ家という感じだな。
何を食べるかメチャクチャ迷ったけど、かんぱち刺身、レバカツ、栃尾あぶらげ等をチョイス。
調子に乗って、ビール、酎ハイ、酎ハイ、日本酒、日本酒と呑みまくる。
日本酒はどう見ても一合以上あって、けっこうたくさん呑んでしまった。
23時前にはおひらきにして帰宅。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

映画「SHIDAMYOJIN 羊歯明神」新宿 K's cinema

今日は定時に仕事を切り上げて新宿へ。
三丁目の映画館「K's cinema」で、遠藤ミチロウ監督の「SHIDAMYOJIN 羊歯明神」を観る。
そうは言っても21時上映開始なので、とりあえず整理番号をもらいに行く。今日は10番。
それから久しぶりに「登亭」へ行って、う巻きをつまみに18時半から呑み出す。
メインはもちろん鰻重。ほぼ一年ぶりに食べる鰻、やっぱり美味しいよなぁ~。
そんな感じでちょい呑みしてご飯食べても、上映開始時間まではまだ二時間あるという・・・。
時間調整のため、家具屋~楽器屋と巡ってあれこれと物色。
チャック・ベリーのムックに何故かキーボードの厚見玲衣が載っていると思ったら、
横浜スタジアムでのクビ事件の真相が書いてあった。ココだけでも読む価値あったな。
そう言えばチャック・ベリーの新譜を買っていなかったので、タワレコへ買いに行く。
その一枚だけ買うつもりが、結局三枚買ってしまったのはいつもの事。

そろそろ集合時間が近づいてきたので、再び劇場へ。お客さんはそれほど多くない。
予定通り、20時55分に開場。整理番号10番で入場して、最前列ド真ん中をゲット。
21時開映。予告編に続いて、本編の「SHIDAMYOJIN 羊歯明神」がスタート。
映画は、原発被害にあった福島の話から始まり、その活動を通して知った志田名地区の話へ。
民謡パンクバンド“羊歯明神”を結成して、40年ほど途絶えていた盆踊りを復活させる。
そして沖縄~福島~愛知と広がりをみせる盆踊りの輪、日本人の原点を感じた。(上映時間:71分)

映画の後は、共同監督の小沢和史、遠藤ミチロウ監督、そして永山愛樹によるトークショー。
永山愛樹は「橋の下世界音楽祭」の主催者で、バンド“TURTLE ISLAND”のフロントマン。
ワンカップやワインを呑みながら、ステージ上で三人によるトークが始まる。
永山さんはとっても饒舌な人で、「橋の下世界音楽祭」の運営にまつわること等を話しまくる。
「お客さんがたくさん来るようになっても、利便性を上げる事はしたくない」というのが信念らしい。
確かにそれでは普通のフェスになってしまうからな・・・お祭りのようなノリが楽しいもの。
そこから話は盆踊りに関する内容へ。型にはまらずに進化していくのが盆踊り。
「日本の盆踊りの未来は“羊歯明神”にかかっている!」とまで・・・。
映画の内容とトークの内容が一体化した感じで、とっても良かった。
終了後はミチロウ監督によるサイン会。相変わらずミチロウは穏やかだった。

23時過ぎに劇場をあとにして、電車に乗って幡ヶ谷まで行って銭湯。
今夜は南口にある「仙石湯」へ。これまで行った中で、ひょっとして一番良かったかも?
湯船がふたつあって、ゆったり出来る。お湯の温度は40.4度と44度。適温でないところがミソ。
風呂からあがるころには、既に24時過ぎ。だけどやっぱり一杯やりたくなって「日高屋」へ。
イチャつき合う男同士のカップルや女装した男性がいて、外れとは言えやっぱり渋谷だな。
1時ごろおひらきにして帰宅。2時には寝るつもりが、3時過ぎになってしまった。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

映画「SHIDAMYOJIN 羊歯明神」新宿 K's cinema

今日は「プレミアム早帰りデー」ということで15時に退社。
そのまま新宿へ直行して、三丁目の映画館「K's cinema」へ。
遠藤ミチロウ監督の「SHIDAMYOJIN 羊歯明神」の上映、しかも今夜はミチロウと中村達也のトークもある。
整理番号は33番・・・一桁台を期待していたけど、やっぱり人気あるんだなぁ~。まぁ、仕方がない。
この時点で16時。上映開始までは、あと5時間もある。
「disc union」を廻ってみたものの、それほど時間はツブれなかったのでひとまず帰宅。

20時過ぎに再び出かける。新宿三丁目まではあっという間。
ちょっとだけ寄り道して、20時40分過ぎに「K's cinema」に到着。
これまで見たことがないぐらいたくさんのお客さん・・・さすがの中村達也人気。
開映5分前に開場。10番ごとに呼び出されて入場。なんとか二列目の中央をゲット。
21時開映。予告編に続いて、本編の「SHIDAMYOJIN 羊歯明神」がスタート。
映画は、自転車に乗って食材の買い出しをするミチロウのシーンから始まる。
そして原発被害で閉鎖された福島の風景へと変わり、「原発ブルース」を唄うミチロウの姿。
ガイガーカウンターの音が、ガリガリと響き続ける。生理的にとってもイヤな音。

ミチロウは福島県いわき市の志田名地区へ行き、民謡パンクバンド“羊歯明神”を結成。
40年ほど途絶えていた盆踊りを復活させる。それは盆踊りの起源を辿るような本当のお祭り。
そしてその祭りは、ヘリパッド建設問題に揺れる沖縄の「高江音楽祭」を経て、
沖縄と福島とを結ぶ「ASYLUM」、そして愛知県豊田市の「橋の下世界音楽祭」へと広がっていく。
人間が人間として開放されて、一心不乱に踊り出す姿・・・なんだかとっても心象的だった。
音楽ドキュメンタリーと言うよりも、原発問題と盆踊りのルーツを描いた映画だった。(上映時間:71分)

映画の後は、共同監督の小沢和史、遠藤ミチロウ監督、そして中村達也によるトークショー。
いきなり達也が行方不明?というハプニングから始まったけど、なんとか無事に開始。
達也は黒縁のメガネをかけて、あいかわらずの迫力。ミチロウはいつもの穏やかなミチロウ。
ミチロウと達也との出会いから、一時期会わなくなったこと、再会したときのこと等を話す。
二人ともヤンチャだったけど、とっても仲がイイんだなぁ~という感じが伝わってくる。
「ミチロウさんは何かをやらねばということではなく、いつも突き動かされるように行動している。
皆さん、ミチロウさんを大事にしてください!」という達也の言葉が良かったな。
トークショーは40分ほどで終了し、その後はミチロウ監督によるサイン会。
「原発問題と盆踊りと両方とも印象に残りました」と私が言うと、
「どちらにポイントを絞るか迷ったんだよね~」とミチロウは話してくれた。

| | コメント (0)

2017年2月28日 (火)

映画「LA LA LAND」TOHOシネマズ新宿

今日はTOHOシネマズ新宿へ、映画「LA LA LAND」を観に行く。
映画館で観た予告編やネットでの評判を見ているうちに、観たくてたまらなくなったこの映画。
今月の24日公開のところ、ようやくタイミングをつかんで観に行くことが出来た。
19時20分の回を予約したので、定時過ぎには仕事を切り上げて新宿へと向かう。
平日にもかかわらず劇場にはたくさんの人が居て、なんだかすごく盛りあがってる。
映画を観るのにこんなにワクワクするのは久しぶり、期待で胸がイッパイだ。

ストーリーは、女優を目指すミアとジャズピアニストのセブが恋に落ち、
お互いの夢を応援しあいながら愛をはぐくんでいくという物語。
だけど次第にお互いが目指す夢にズレが生じてきて・・・。
この先はネタバレになるから自粛。
オープニングからいきなりダンスシーンとなり、ストーリーもちょっと甘~い感じで、
「ひょっとして場違いな映画を観に来てしまったか?」と正直なところ最初は思った。
だけど観ているうちに段々とおもしろくなってきて、最後に一気に切なく泣かされる・・・。
いい映画だと思う。観て良かった。(上映時間:128分)

まだ22時前なので、いつもの隠れ家へ行って呑む。
火曜日ということもあり、カウンター席はゴキゲンな雰囲気。
ついつい呑みが進んで、日本酒を四合も呑んでしまった。
このところ呑み過ぎ・・・。気をつけよう。
24時前におひらきにして、思い出横丁を通って駅へ向かう。
「つるかめ食堂」で店長と目が合い、店に入って挨拶をする。
中村ルビイさんが呑みに来ていて、店長に紹介してもらった。
お父さん譲りなのか? とってもサバサバしていい感じだった。
電車に乗って帰宅。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

映画「ローグ・ワン STAR WARS STORY」TOHOシネマズ渋谷

今日はTOHOシネマズ渋谷へ、映画「ローグ・ワン STAR WARS STORY」を観に行く。
昨年の12月に公開されたこの映画、「STAR WARS」エピソード4の少し前を描いた作品。
エピソード4でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の宇宙要塞「デス・スター」の設計図。
反乱軍がどのようにして、帝国軍から設計図を盗み出したのか?を描いている。
登場人物がたくさん居て、最初はなんとなくゴチャゴチャした印象。
寝不足だったという事もあって、ちょっとばかりうつらうつらと・・・。
だけど中盤からは完全に「STAR WARS」の世界、ダイナミックなシーンにグイグイとのめり込む。
激しい闘いの末、登場人物が全員死んでしまうという救いの無い展開だけど、
最後に登場したレイア姫、「ホープ!」という一言ですべてが救われた気がする。
(上映時間:134分)

映画は19時15分から観たので、終わったのは21時45分。
どこかへ寄っていこうと思ったけど、どの店もけっこう混んでる。
というわけで「晩杯屋」へ入ってみる。ずっと座りっ放しだったし、立ち呑みもイイかと。
狭い店内、最初はちょっと落ち着かなかったけど、そのうち慣れてイイ感じに。
1時間ちょっとしか居なかったのに、けっこうたくさん呑んでしまった。
それでも2000円以下・・・安くてイイなぁ~。
深夜バスではない時間帯に、バスに乗って帰宅。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧