2024年2月25日 (日)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「KERA CROSS 5 骨と軽蔑」日比谷 シアタークリエ

今日は日比谷 シアタークリエへ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ「KERA CROSS 5 骨と軽蔑」を観に行く。
2019年に始まった「KERA CROSS」、過去4回にわたりKERAの作品を様々な演出家の手で上演してきた。
シリーズラストの第5弾となる今回は、KERAの新作が自身の演出で上演される。
東京公演は2月23日から3月23日まで。私は3日目のソワレを観に行くことにした。
雨模様の中、千代田線で日比谷駅へ。そして12時過ぎに会場入り。
今日の席は16列4番。ステージ下手側ブロックの16列目。ちょっと遠いけど、ステージは観やすい。
客席はギッシリと埋まっている。出演者が豪華なだけあって、さすがの大人気。

第1幕が1時間35分、休憩20分、第2幕が1時間05分。KERA作品にしては短め。
出演は宮沢りえ、鈴木杏、犬山イヌコ、堀内敬子、水川あさみ、峯村リエ、小池栄子の7人のみ。
20世紀半ばの内戦が起きているある国を舞台に、小説家の姉とその妹を始めとする女性7人による会話劇。
内戦というシリアスな状況に置かれながらも、マイペースに生きる彼女たちのやり取りが連綿と繰り広げられる。
犬山さんがお客さんに話しかけたり、庭と部屋の中を使い分けている舞台を無視して会話したり、
ストーリー以外にもクスクスと笑えるところが散りばめられていて、遊び心満載という感じ。
だけど「内戦」というテーマがずっと流れていて、ゲラゲラ笑っておしまいという感じではなかった。
こうしている間にも、世界のどこかで戦争が起きている。距離が近いか遠いかという違いだけ。。。

15時半ごろ終わったので、JR高架沿いの「トロ政」で打ち上げ。
日曜日のこの時間なのに、お客さんでイッパイ。かろうじてカウンター席に滑り込む。
この店はかなりのお気に入り。料理は美味いし、いろいろな種類のレモンサワーが楽しめる。
だからまたもや長っ尻。17時過ぎにおひらきにして帰宅。

| | コメント (0)

2023年10月14日 (土)

ケムリ研究室no.3「眠くなっちゃった」世田谷パブリックシアター

今日は世田谷パブリックシアターへ、ケムリ研究室no.3「眠くなっちゃった」を観に行く。
ケラリーノ・サンドロヴィッチと緒川たまきのユニット“ケムリ研究室”の第三回公演。
10月1日から開演する予定のところ、劇場のオイル漏れによって7日マチネまで中止。
開演後わずか一週間の明日、早くも東京千穐楽を迎えるという波瀾に富んだ展開。
そんな中を無事に観ることが出来る喜びを噛みしめつつ、世田谷線に乗って三軒茶屋へ。
ちょっと早めに着いたので、あたりを散策。なんとなく昭和を感じさせる街並みに癒される。
12時45分ごろ会場入り。今日の席は1階O列12番。1階の後方だけど、ステージはよく見える。
前の席との段差がかなりあるので、どこからでも観やすそう。客席は3階席までビッシリ。

13時開演。第1幕が1時間50分、15分の休憩をはさんで、第2幕が1時間20分。
今回は“レトロフューチャー”と称し、“近未来を舞台にした大人のための寓話”をテーマに、
20世紀初頭のヨーロッパを思わせるような懐かしさと異質な未来感、
そして終末感が混在する不思議な世界の中で、恐ろしくどこか儚い人々の姿が描かれる・・・
ということだけど、いつもながら物語が何重にも折り重なって、どうにも理解できない。
それでも緒川たまき、北村有起哉、音尾琢真、奈緒、水野美紀、山内圭哉、野間口徹、
犬山イヌコ、篠井英介、木野花をはじめとする役者陣の演技についつい惹き込まれてしまう。
中でも緒川さんの大らかながらもどこか切ない表情が、この芝居を引っ張っていたような気がする。
ラストシーン、雪が降りしきる中で「眠くなっちゃった」と息を引き取る場面にはグッときた。

16時半には終わったので、栄通り商店街にある「もつ焼 よし田」で打ち上げ。
この店は何度か来ているけど、机の上のコンロでもつ焼をのんびりと焼きながら呑めるのが楽しい。
ビールから始まって、黒ホッピーで中4杯、そして焼酎ロックまで。けっこう呑んでしまった。
19時前にはおひらきにして、「OIMO」で生スイートポテトを買いつつスムージーを飲む。
すっかり大満足。帰りは京王線をうっかり乗り過ごしてしまい、新宿駅から折り返す羽目になってしまった。

| | コメント (0)

2023年3月11日 (土)

ナイロン100℃「NYLON100℃ 48th Session Don't Freak Out」下北沢 ザ・スズナリ

今日は下北沢 ザ・スズナリへ、「NYLON100℃ 48th Session Don't Freak Out」を観に行く。
結成30周年を迎えたケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の劇団ナイロン100℃。
1997年の「カメラ≠万年筆」「ライフ・アフター・パンク・ロック」二本立て公演から26年振りのザ・スズナリ。
下北沢が「演劇の街」と呼ばれる起源となった歴史的な小劇場でナイロン100℃を観る・・・
またとない機会にワクワクしながら、小田急線で下北沢へと向かう。
いつも通りちょっとばかり早めに行って、「disc union」で中古レコードを漁る。
石川優子の後期のアルバムを見つける。値段も手ごろで悩んだけど、今日のところはやめておく。

開演時間が近づいて来たので会場へと向かう。いつも前を通っていたけど、初めて劇場内へ。
急な階段を上るとこじんまりとしたロビー。既にみんな着席しているようで、人影はまばら。
ドア一枚を隔てて定員116名の客席。前の人の背中に膝があたりそうなぐらい、ビッシリと詰まっている。
私の席はF列12番。通路際なのでちょっと気が楽。ステージもめちゃくちゃ近くて観やすい。
ステージ前の桟敷席や通路に増設された椅子席も埋まり、なんだかものすごい雰囲気。

19時ちょうどに開演。
天皇がまだ神だった頃、姉のあめ(村岡希美)と妹のくも(松永玲子)は、脳病院を営む天房家の屋敷に
住み込み女中として働いていた。天房家はかつては長男の征太郎(みのすけ)が当主であったが、
今は次男の茂次郎(岩谷健司)が当主をつとめている。茂次郎の妻・雅代(安澤千草)、
二人の息子・清(新谷真弓)、雅代と前夫・征太郎の娘・颯子(松本まりか)と婚約者・ソネ(尾上寛之)、
屋敷には一族やその周囲の人々が出入りしている。

長い歳月天房家の家事を切り盛りしてきた女中姉妹はこの家の暗部や秘密を把握する一方で、
彼女たち自身の人生も影と秘密を抱えていた。あめは婚約者(入江雅人)との悲しい過去に囚われ、
くもは天房家と離れられぬ因縁・・・地下牢に隔離されている長男の征太郎との浅からぬ関係を持っていた。
古めかしい造りの部屋で、白塗りの顔でうごめくキャスト。観ているだけで頭がおかしくなりそう。
それぞれ抱えている秘密がすべて悪い方に転がり、最後はそれぞれに悲しい結末を迎えてしまう。
それでも姉妹は変わらず二人で寄り添い笑い合う。まるで何事もなかったかのように・・・。
(上演時間:2時間20分)

21時半ごろ劇場を出て、下北沢の街を彷徨う。だけど土曜日の下北沢は大混雑。
下北沢で呑むのはあきらめて、小田急線で参宮橋駅まで戻る。
以前から気になっていた「トリイチ」へ入ってみる。22時半閉店とのこと・・・あと40分しか無い。
それでも焼鳥やつまみをいくつか注文して、ビールと黒ホッピーを楽しむ。
ちょっとせわしない感じもしたけど、美味しかったし雰囲気も良かった。
帰りに店員さんが店の外まで出てきて、「時間がなくてすみません」と見送ってくれた。
ものすごくイイ店・・・また来よう。

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「KERA・MAP #010 『しびれ雲』」下北沢 本多劇場

今日は下北沢 本多劇場へ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ「KERA・MAP #010 『しびれ雲』」を観に行く。
11月6日が初日の予定だったけど、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕延期、7公演が中止となったもの。
それでも無事に開幕して、今日を迎えることが出来る幸せ。関係者の努力には感謝するしかない。
今回はマチネにしたので、早めにお昼ごはんを食べて11時半ごろ下北沢へ。
この時間なので、まだちょっとだけ空いている街。「disk union」を覘いて時間調整。
12時10分ごろ会場入り。今日の席はO列22番。ステージ上手、ほぼ最後列のポジション。

12時半開演。物語はKERA・MAP『キネマと恋人』の舞台となった“梟島(ふくろうじま)”を舞台に描かれる。
少しとぼけた響きが微笑ましい独特な方言を持つ小さなコミュニティには、未亡人の波子(緒川たまき)や
その妹の千夏(ともさかりえ)、その夫の文吉(萩原聖人)をはじめとした人々が生活している。
そんな島に、ある日忽然と謎の男(井上芳雄)が現れて、島の人々と新たな人間関係を築いていく。
いわゆる群像劇というもの。大事件が起きるわけではないけど、それぞれに物語があり出来事がある。
クスクス笑って、ちょっとだけほろっときて・・・それが人間なんだなと思う。そんな芝居。
あいかわらずオープニングのプロジェクション・マッピングがカッコいい。それを見られるだけで、ある意味満足。
そして緒川さん、ともさかさんの演技が本当に秀逸。上手いというだけでなく、どこかイカれている感じがいい。
「ありがとさん」「ごめんちゃい」「○○だに」「○○くさった」など、独特な言い回しがなんとも言えずおもしろい。
1幕:1時間45分、休憩:15分、2幕:1時間30分。予定より少し押して、16時05分ごろ終演。

時間はまだ早いけど、お腹が空いたので下北沢で呑むことにする。
とはいえ若者で賑わうオシャレな店へ行く気はせず、「もつ焼きばん」という店を見つけて入る。
近すぎず遠すぎず、なかなかイイ感じの距離感が心地良い。つまみも庶民的で旨い。
そんなわけで安定の長っ尻。18時ごろおひらきにして帰宅。

| | コメント (0)

2022年8月21日 (日)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「世界は笑う」シアターコクーン

今日はシアターコクーンへ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ「世界は笑う」を観に行く。
KERAさんとしては2017年の「陥没」以来、5年ぶりにシアターコクーンで上演する新作公演らしい。
今回の出演者は全員が主役級揃いの錚々たるメンツなので、チケットは激戦だったけど無事にゲット。
渋谷へ行くにはバス。東急百貨店経由の渋谷66系統に乗れたのでラッキー。
ちょっとだけ早めに着いたので、東急百貨店をブラブラ。ココももうすぐ無くなってしまうのか・・・。
12時40分ごろ会場入り。今日の席は1階L列24番。ステージ上手フロア後方だけど、まずまずの位置。
人気公演だけあって、客席はビッシリ超満員。圧倒的に女性の方が多いかな。

予定通り13時ちょうどに開演。
舞台は昭和32年の新宿。その一角に常打小屋を持つ軽演劇の一座「三角座」。
彦造(瀬戸康史)は「三角座」で喜劇俳優をしている弟の是也(千葉雄大)を訪ねて上京する。
劇団には、若手俳優の大和(勝地涼)や、踊り子の撫子(伊藤沙莉)、古株俳優のトーキー(ラサール石井)、
興行主の蛇之目(銀粉蝶)、貸本屋で働きながら劇団を手伝っている初子(松雪泰子)など、
たくさんの人が関わり、それぞれの思いを持って軽演劇に取り組み、いろいろな人間模様が描かれていく。
ステージセットは、戦後の色を残しながらも活気づいていた当時の新宿の街角を見事に再現している感じ。
昭和32年だからリアルには体験していないけれど、戦争の傷跡を引きずっている空気がどこか懐かしい。
いつも通りカッコいいオープニングは、ステージ上だけでなくバルコニー席まで使ったプロジェクションマッピング。

喜劇俳優から脚本家に転身したけど、薬で精神的に病んでしまう弟の是也と、
初子との恋が成就しそうでしない兄の彦造を中心に物語は展開していく。
ミュージカル調にみんなで唄い踊ったり、言葉遊び的なやり取りで笑わせたり、
KERAさん芝居を観たあとにいつも感じるモヤモヤ感もなく、全編通してすごく楽しめた。
一幕:125分、休憩:20分、二幕:80分という長丁場にも関わらず、あっと言う間という印象。
メイン以外の役者陣も、大倉孝二、緒川たまき、山内圭哉、マギー、伊勢志摩、廣川三憲、神谷圭介、
犬山イヌコ 温水洋一、山西 惇と、お馴染みのメンバーが揃っていて言う事ナシ。
前半はゲラゲラ笑って、後半は切なくて泣いた。それはお涙頂戴的なものではなく、自然な感情として。
終盤のステージセットは新宿三丁目の風景。「どん底」や「スンガリー」など、お馴染みの店名が嬉しかった。
16時45分ごろ終演。

終演後、駅前まで出て「山家」で打ち上げ。
ほど良い感じで賑わっている店内、カウンター席でビールと黒ホッピー。
いつものように長っ尻。隣に座った兄貴たちが、次々に入れ替わっていく。
このところ食べ過ぎな気がするので、今日のところはシメずに真っすぐ帰宅。
気分が良いので歩いて帰ったら、汗だくになってしまった。

| | コメント (0)

2022年7月10日 (日)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「室温~夜の音楽~」世田谷パブリックシアター

今日は世田谷パブリックシアターへ、「室温~夜の音楽~」を観に行く。
この作品は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手がけた舞台。
あれから21年経った2022年、奇才・河原雅彦の手により新演出版として上演される。
三軒茶屋へ行くのも久しぶり。三軒茶屋へ行くなら、やっぱり世田谷線に限る。
朝から何も食べていないので、駅前のお店で白い今川焼を買って食べる。
11時40分ごろ会場入り。今日の席は1階O列20番。後から二列目だけど、舞台真正面で見やすい。
お客さんはビッシリの大入り。東京公演千穐楽ということもあって大盛り上がり。

ほぼ予定通り、12時過ぎに開演。
二段構造になった舞台の上段にFunkバンド“在日ファンク”がスタンバイ。
その生演奏をバックに、舞台の下段に設けられた屋敷の居間で物語が繰り広げられていく。
田舎でふたり暮らしをしているホラー作家・海老沢十三(堀部圭亮)と娘・キオリ(平野綾)。
12年前、拉致・監禁の末、集団暴行を受けて殺されたキオリの双子の妹・サオリの命日の日に、
様々な人々が海老沢家に集まってくる。巡回中の近所の警察官・下平(坪倉由幸)、
海老沢の熱心なファンだという女・赤井(長井短)。タクシー運転手・木村(浜野謙太)が腹痛を訴えて入り込み、
そこへ加害者の少年のひとり、刑務所から出所したての間宮(古川雄輝)が焼香をしたいと訪ねてくる。
バラバラに集まってきた人それぞれの奇妙な関係は物語が進むに連れ、死者と生者、善と悪との境が
曖昧になっていき、やがて過去の真相が浮かびあがってくる・・・というストーリー。

ところどころに笑いを交えながらも、ストーリーは極めて猟奇的で重たい。
登場人物それぞれの思惑が、突然のタイミングで爆発するところが怖い。
警察官・下平の狂気のふるまい、女・赤井の腹黒さ、娘・キオリの理科不能な動き。
一連の事件には関係ないタクシー運転手・木村も次第におかしくなっていき、なんだか救いようが無い。
その中でどこか達観しているホラー作家・海老沢十三の存在が、物語の軸になっていた。
“在日ファンク”は舞台の下段にまで出てきて演奏を繰り広げる。音楽と芝居が見事に一体化している。
第1幕:65分、休憩:20分、第2幕:70分という、長くもなく短くもない丁度いい長さ。
東京公演は本日が千穐楽ということで、カーテンコール後に“在日ファンク”の一曲演奏もあり。
ライブ感たっぷりでとっても楽しめる舞台であった。

終演後は三軒茶屋の街をブラブラ。
「つるかめ商店」も「Fujiyama」もお休みだったけど、その存在を確認出来ただけで嬉しい。
お腹が空いたので、「もつ焼よし田」という店で昼呑み。カウンター奥の特等席に案内される。
机の上の鉄板で焼きながら食べるスタイル。どれも柔らかくて美味しい。ビールとホッピーがすすむ。
1時間半ほど満喫して、17時過ぎにおひらき。お腹イッパイで大満足。
三軒茶屋といえば「OIMO」。生スイートポテトを買い、酔い覚ましのスムージーを呑む。
帰りももちろん世田谷線。いつの間にか爆睡して、下高井戸駅で駅員さんに起こされた。

| | コメント (0)

2022年2月27日 (日)

「RICHARD O'BRIEN'S ROCKY HORROR SHOW」渋谷 PARCO劇場

今日は渋谷 PARCO劇場へ、「ROCKY HORROR SHOW」を観に行く。
2月12日から始まった東京公演、個人的には13日・19日・23日に続いて四度目の参加。
大千穐楽は明日だけど、自分としては今日が最後。古田新太のフランク“N”フルターもこれで見納め。
ちょっとばかりセンチメンタルな気分に浸りつつ、11時半ごろバスに乗って渋谷へ。
12時ちょっと前に会場入り。外階段から屋上へ出て時間調整。この行動も今日でおしまいだな。
今日の席はQ列16番。フロアのやや後方だけど、ステージはよく見える好ポジション。

予定通り12時30分に開演。まずは“売り子セブン”改め“感染対策に余念がないぞセブン”が登場。
まずは「Time Warp」の踊りのレクチャー。自分の隣が空席なので、自由に動き回れるのでイイ。
武田くんのサックスソロから、セクシーな売り子さんが唄う「Science Fiction」。このオープニングも見納め。
ブラッド&ジャネット、リフラフ、マジェンタ、コロンビア、フランク“N”フルター・・・愛すべき変態たち。
今日も峯岸みなみのコロンビアがイイ。演技の合間にはさむアドリブも、段々と磨きがかかってきている。
エディーが登場するシーンでは、ROLLYと岡本健一がギターソロ合戦。バンドの演奏も本格的で最高。
第1幕は1時間、20分の休憩をはさんで、第2幕は約55分、カーテンコールが15分。時間配分はいつも通り。
カーテンコールでは「小池徹平でなく小池てっぺんにしよう」と、今日も小池徹平を持ち上げる古田新太。
ふと気づくと岡本健一が居ない・・・「多目的トイレに行ってるのかな?と言う古田新太に、
「それは別のケンちゃんです」と応える武田真治。みんないろいろ苦労してるのよねぇ~と妙な連帯感。
そんな岡本健一は、リフラフになって再登場。ISSAのリフラフと二人で唄い踊る様子は圧巻。
最後はライブのフィナーレのような雰囲気で、声を出さずにみんなで騒いで15時過ぎに終演。

終演後はひとり打ち上げ。
今日も「山家」へ行こうと思っていたけど、「多古菊」を覗いたら営業していたので入店。
この時間だとまだ他にお客さんは居なくて、店員さんにやたらと歓迎されてしまった。
この店に来るのも久しぶり。ビールと黒ホッピーを呑みながら、尾頭付きのアジフライ。
なんだかメチャメチャ居心地が良くて、ついつい長居してしまった。
17時半ごろおひらきにして、バスに乗って帰宅。

| | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

「RICHARD O'BRIEN'S ROCKY HORROR SHOW」渋谷 PARCO劇場

今日は天皇誕生日でお休み。
いつの間に休みになったのか? ちょっと得した気分。

というわけで昼前に出かける。
今日は渋谷 PARCO劇場へ、「ROCKY HORROR SHOW」を観に行く。
2月12日から始まった「ROCKY HORROR SHOW」東京公演、個人的には13日・19日に続いて三度目の参加。
これまでよりちょっと早めの12時30分開演。11時半過ぎには渋谷へ着くようにバスに乗り込む。
しばらく時間調整したあと、12時ごろ会場入り。外階段から屋上へ出られると知り、試しに上がってみる。
思っていたほどの絶景というわけではないけど、渋谷の街の様子がよくわかっておもしろい。
今日の席はH列24番。今回参加する中で一番の良席。双眼鏡無しでも、演者さんの表情まで見える距離。

予定通り12時30分に開演。まずは“売り子セブン”改め“感染対策に余念がないぞセブン”が登場。
「Time Warp」の踊りのレクチャー。ちょっと窮屈だけど、ここは思い切り楽しんで踊らないと。
P→★さんの美しさに思わず見とれる。女の子だと思ったら、実は違うみたい。でも、とっても美しい。
武田くんのサックスソロから、セクシーな売り子さんが唄う「Science Fiction」。ここから物語が始まる。
ステージを覆っていた幕が透けて、その向こうにバンドが現れる瞬間・・・いつ見ても鳥肌が立つ。
ブラッド&ジャネットのシーンから、リフラフ、マジェンタ、コロンビアが登場する古城のシーン。
「Time Warp」で踊ったあとは、古田新太演じるフランク“N”フルターのお出まし。何度見てもシビれる
第1幕は1時間、20分の休憩をはさんで、第2幕は約55分、カーテンコールが15分ほど。
前回はソニンのジャネットがものすごく良かったけど、今回は峯岸みなみのコロンビアが個人的にはツボ。
古田新太に「あの坊主のコ」といじられながらも、見事にコロンビアを演じ切っている。
底抜けに明るくてちょっと馬鹿っぽいけど、どこか哀しさや切なさを感じさせるコロンビア。
これまで何とも思わなかったけど、峯岸みなみファンになっちゃうかも。そういう出会いってイイ。
最後は「Time Warp」をみんなで踊って、大きな拍手に包まれながら15時ごろ終演。

終演後はひとり打ち上げ。
この時間から営業している店は限られているので、けっきょく「山家」で呑むことにした。
ほどよい感じの混み具合。この御時世だから、そういうところも重要なポイント。
いつも通りに呑み喰いして、シメは「えびくら」という初めての店で濃厚海老みそラーメン。
なかなかに美味しかった。外はまだ明るかったので、そのまま歩いて帰宅。

| | コメント (0)

2022年2月19日 (土)

「RICHARD O'BRIEN'S ROCKY HORROR SHOW」渋谷 PARCO劇場

今日は渋谷 PARCO劇場へ、「ROCKY HORROR SHOW」を観に行く。
2月12日から始まった「ROCKY HORROR SHOW」東京公演、個人的には13日に続いて二度目の参加。
本当に何度観てもワクワクする。楽しみ過ぎて、早めに現地へ到着。しばらくのあいだ時間調整。
12時30分過ぎ会場入り。リピーターが多いからなのか? グッズ売り場が空いている。
今日の席はT列13番。よりによって最後列の一番端の席。だけど自由に立ちあがれるからイイかも?

予定通り13時に開演。まずは今日も“売り子セブン”改め“感染対策に余念がないぞセブン”が登場。
「Time Warp」の踊りのレクチャーと撮影タイム。心なしか前回よりもハイテンションのような気がする。
武田くんのサックスソロから、セクシーな売り子さんが唄う「Science Fiction」。大好きな流れ。
ブラッド&ジャネットのとぼけた雰囲気も良いし、リフラフ、マジェンタ、コロンビアの怪しさも最高。
「Time Warp」はもちろんお客さん総立ちでダンシング。今日は通路際ということで、思う存分に踊りまくる。
そして古田新太演じるフランク“N”フルターの圧倒的な存在感。今回が見納めというのは残念。
バンドの生演奏をバックにストーリーは展開されていく。このライブ感覚がもうひとつの魅力。
第1幕は1時間、20分の休憩をはさんで、第2幕は約55分、カーテンコールが15分ほど。
古田さんのアドリブがちょっと増えて、今日は何故だか「小池徹平推し」になっているのが笑えた。
カーテンコールでのトークも変えられていて、リピーターも楽しませる工夫が随所に感じられた。
最後は「Time Warp」をみんなで踊って、バンド演奏にノリノリのまま、15時30分ごろ終演。

終演後はささやかな打ち上げ。「鳥市」はまだ営業していなかったので、今日も「山家」へ。
カウンター席に座って、今日のステージをぼんやりと振り返りながら呑む。
最高だなぁ~。このうえなく素敵なひととき。1時間半ほどで切り上げて、シメは「信州屋」で蕎麦。

18時には帰宅して、理事会のお仕事。
こんなイイ気分のときにやりたくないけど仕方ない。
ローソンでコピーをとって、ひたすら封筒に入れる作業。
とりあえず終わった。ここまで来ればひと段落。

| | コメント (0)

2022年2月13日 (日)

「RICHARD O'BRIEN'S ROCKY HORROR SHOW」渋谷 PARCO劇場

今日は渋谷 PARCO劇場へ、「ROCKY HORROR SHOW」を観に行く。
2017年の秋以来、実に五年ぶりに上演される「ROCKY HORROR SHOW」。
古田新太が演じるフランク・フルターは、とても残念なことに今回が最後。
1月に予定されていた神奈川KAAT公演はスタッフ感染のため中止になってしまったので、
東京公演が無事に開催されると知って、特別な想いを抱いて渋谷へと向かう。
12時30分ごろ会場入り。PARCO劇場は初めての会場。8階までエレベーターで直行。
感染対策は万全。とりあえずグッズを購入して、自分の席:R列9番へ。
それほど広くないフロア、客席の段差がキツいので、どこからでもよく見える感じ。
それにしてもかなり後方・・・チケットは即完売だったらしいから、贅沢は言えないけど。

予定通り13時に開演。まずは“売り子セブン”改め“感染対策に余念がないぞセブン”が登場。
いつもなら会場内を練り歩いてグッズを売る“売り子セブン”だけど、この御時世ではそれも出来ず、
コロナ禍での開催にあたっての注意事項を説明する“感染対策に余念がないぞセブン”となったらしい。
それでも「Time Warp」の踊りをレクチャーしたり、撮影タイムに応じたりと大活躍。
そのまま武田真治のサックス演奏につながり、「Science Fiction」から本編が始まる。
まずはブラッド&ジャネットがステージに登場。ブラッドはハマり役の小池徹平、
ジャネットは前回とても良かったソニンに代わって昆 夏美が初お目見え。
ものすごい嵐の中を古い城にたどり着き、そこでリフラフ(ISSA)、マジェンタ(フランク莉奈)、
コロンビア(峯岸みなみ)とご対面。「Time Warp」はもちろんお客さん総立ちでダンシング。
そしていよいよ城の主フランク“N”フルターが登場。コルセットがキラキラ輝き、以前に増してド派手。
古田新太のフランクは今回が見納めとのこと。残念だけど、徹底的に楽しむしかない。

ステージは二階建て構造になっていて、上のフロアではバンドがずっと生演奏。
ROLLYと武田真治は演技と演奏を巧みに使い分けて、まさに八面六臂の大活躍。
今回のロッキー・ホラー役は武田真治なのだけど、ムキムキに鍛える前はROLLYが担当。
あまりのガリガリ振りにフランクも苦笑いしているところが可笑しかった。
岡本健一はナレーター、エディ、スコット博士の三役。このあたりのキャスティングもおもしろい。
第1幕は1時間、20分の休憩をはさんで、第2幕は約55分、カーテンコールが10分ちょっと。
フランクの猟奇的な実験から、ブラッド&ジャネット、スコット博士にロッキーとコロンビアも道連れにした
「フロアショウ」、そしてリフラフとマジェンタの裏切りによって殺されてしまうフランク。
声が出せないのは残念だけど、ペンライトや新聞紙などのグッズで参加するお客さん。
単なる変態の集いというわけでなく、なんだかホロリとしてしまうところがたまらない。
カーテンコールでは古田さんらしいトークを交えながら、「Time Warp」などをみんなでダンシング。
最後はバンドのみの演奏となり、15時25分過ぎに終演。

終演後は久しぶりに「山家」で呑む。
この時間にしては混んでいるけど、カウンターでのんびりと呑み喰いする。
17時半ごろまで満喫して、二次会は「パンチョ」でナポリタン。
明らかに身体に悪いけど、こればかりはやめられないんだよなぁ~。
ヘロヘロになりながらバスで帰宅して、あっという間に寝落ち。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧