2020年7月26日 (日)

仲井戸麗市「Online Acoustic LIVE 2020 ソロアルバム1枚を全曲演るライブ Vol.1」南青山MANDALA

四連休最終日。とはいえ、いつもの日曜日と同じように過ごす。
夜はCHABOのライブ生配信。ソロアルバム一枚を演奏するライブ。
第一回の今夜は「THE仲井戸麗市BOOK」。バンドの音をアコギとリズムボックスだけでプレイ。
35年前の楽曲を今のCHABOが解釈して表現しているところが良かった。
重い曲も深い曲に変化しているような感じ。感情の重さが時の重さに昇華されていた印象。
アルバム一枚を演奏し終わって、胸がいっぱいになったところで休憩。
5分ほど経ってから、嬉しい「おまけ」「付録」「ついで」のコーナーに突入。
「魔法を信じるかい?」、新曲「DISTANCE」、そして「PRESENT」。
CHABOの思いがストレートに伝わってきた。我慢は勇気という言葉にグッときた。
約1時間50分ほどの演奏。素敵なひとときだった。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

仲井戸麗市「CHABOのKing Biscuit Time #22」南青山 MANDALA

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸麗市「CHABOのKing Biscuit Time #22」を観に行く。
毎月開催中のCHABOのDJナイト、2018年の5月から始まって今夜はその第22弾。
19時15分ごろ会場入り。座席番号は15番。ステージ上手のテーブル席三列目。
いつもより若干スペースに余裕があり、実質的にはCHABOと真正面で向かい合う位置。
ステージ中央のテーブルにはCDラジカセ、テーブル横のピアノ椅子にはCDが積み上げられている。

予定より遅れて19時35分過ぎ開演。
CHABOは黒いロンTにグレーの柄シャツ、黒いカーディガンを重ね着。メガネをかけている。
ステージ中央の椅子に腰かけ、椅子の上に積まれたCDを手に取りながらかけていく。
そしてステージ下手のスクリーンには、プレイ中のアルバムのジャケットが投影される。

というわけで、以下はDJナイト恒例のメモをたよりに書き起こし。
OpeningSE. Hey Mr. DJ [Van Morrison]
 ⇒オープニングはもちろんこの曲。「久しぶり~ じゃない!」と一週間前に行った前回の内容を振り返る。
M01. Help [The Beatles]
 ⇒今回もテーマは特に設けず、CHABOがよく聴いている曲をランダムにかけていく感じ。
  この曲のカバーはいろいろあるけど、やはりJohnの叫びにかなうものは無いとCHABO。
M02. Crazy Love [Jesse Ed Davis]
 ⇒これはファーストアルバムだけど、セカンドアルバムの「ULULU」もすごくいいアルバム。
  むかし三宅伸治と“ウルル”というユニットをやっていた。三宅は珍しい海賊盤を聴かせてくれた。
  どうやって手に入れたんだろう? 怪しいシンジケートを知っているんじゃないか?と訝るCHABO。
M03. Navy Blue [Diane Renay]
 ⇒1月30日に「橋本治を偲ぶ会」があった。そんなこともあって、橋本くんにちなんだ曲をいくつか。
  橋本くんがCHABOの番組「ON THE ROCK」にゲスト出演したとき、好きだと話してくれた曲。
M04. とんがり帽子 [川田正子]
 ⇒橋本治が好きだったNHKのラジオドラマ「鐘の鳴る丘」のテーマソング。
  CHABOが生まれた年に放送終了だからリアルタイムでは知らないけど、親がよく唄っていたな。
  その歌詞にCHABOは思うところあったようで、歌詞を何度も何度も読み返す。
M05. The Three Bells [The Browns]
 ⇒「鐘つながり」ということでこの曲をチョイス。カントリーだと思っていたら、元々はEdith Piafが唄うシャンソン。
  人生の始まりから終わりまでを唄った曲ということを今回初めて知った。歌詞カードをリーディングしてからプレイ。
M06. She's Not There [The Zombies]
 ⇒今日もエミ社長は欠席。「彼女はいない」ということでこの曲をプレイ。
M07. Hold On, I'm Comin' [Sam & Dave]
 ⇒本日のミニコーナーは「伊藤恵美」特集。福岡の山の中、六人姉妹の末っ子として生まれた・・・とまずは生い立ち。
M08. 夏の色調 [麗蘭]
 ⇒CHABOのマネージメントをやるようになったきっかけ。公平と一緒に“麗蘭”をやるようになったきっかけ。
  そこにはエミ社長の音楽やアーティストへの思い、スタッフに対する優しさが垣間見られる。
 ⇒ここで開始からちょうど1時間が経過。店長からクッキーと紅茶が差し入れられる。
M09. 夜と朝のあいだに [ピーター]
 ⇒エミ社長はピーターの大ファンで、ファンクラブを作って福岡へ本人を呼んでしまったとのこと。
M10. Closing Time [Tom Waits]
 ⇒音楽業界のノウハウを習得するため、エミ社長は青森県弘前のライブハウス「萬燈籠」へ。
  当時行きつけのRockハウスの閉店時間に、毎日かかっていたという曲。
M11. You Better Think Twice [Poco]
 ⇒エミちゃんが大好きなバンド。アメリカへ旅をしたときライブを観て、すごく良かったと言っていた。
 ⇒「CHABOさんは私とやるようになったら何をしたいですか?」とエミ社長に訊かれ、
  CHABOは三つやりたいことを挙げたそうな。ひとつは「自分で歌を唄いたい」、もうひとつは「本を作りたい」。
  「だんだんわかった」「一枚のレコードから」「ロックの感受性」と、CHABOの著作が次々に映し出される。
  詩集「いつか笑える日」「全歌詞集 1971-2002」「全詞集 1971-2010」、そしてファンクラブ会報「仲井戸の友」。
  エミ社長が実現させてくれた事を話すうちに、「別にエミちゃんを偲ぶ会じゃないからな!」と笑うCHABO。
M12. Penguin Cafe Single [Penguin Cafe Orchestra]
 ⇒エミちゃんは自分がイイと思ったらジャンルにこだわらず好きになる。俺も実は好きなんだよとCHABO。
M13. Vincent [Don McLean]
 ⇒エミちゃんにはいろいろなところに連れて行ってもらった。ゴッホを追いかけてフランスへも行った。
  ゴッホを題材にしたこの曲。歌詞をリーディングしてからプレイ。
M14. オレンジ [玲葉奈]
 ⇒いろいろなアーティストに慕われるエミ社長。Leyonaのプロデュースも、エミ社長が橋渡し。
  エミちゃんのすごいところは「ダメなときはダメ」とハッキリ言うところ。だからみんなに信頼されるんだ。
M15. Bear Cat [Rufus Thomas]
 ⇒エミ社長はネコ好き。ネコの曲はないかな?と探して思いついた曲。これにて「伊藤恵美」特集は終了。
M16. Smile [Jeffrey Lynne]
 ⇒曲をかけようとしたけどやむなくカット。悔しそうなCHABO。
M17. A Place In The Sun <LIVE> [仲井戸麗市]
 ⇒CHABOの生唄。ほんわかとした雰囲気が今夜のフィーリングにピッタリ。
  アコースティックギターのネックには、「CHABO 69」のキーホルダー。
EndingSE. A Place In The Sun [Stevie Wonder]
 ⇒最後に本日発売のライブDVDや、3月末に行われる橋本治の写真展のインフォメーション。
  こうして今夜のDJナイトは、22時ちょうどに終了。

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

仲井戸麗市「CHABOのKing Biscuit Time #21」南青山 MANDALA

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸麗市「CHABOのKing Biscuit Time #21」を観に行く。
毎月開催中のCHABOのDJナイト、2018年の5月から始まって今夜はその第21弾。
19時15分ごろ会場入り。座席番号は30番。ステージ下手のソファー席、ステージ真横。
あまり座ったことのない席だけど、ゆったりとくつろいで観るのには最高のポジション。
ステージ中央のテーブルにはCDラジカセ、テーブル横のピアノ椅子にはCDが積み上げられている。

予定より遅れて19時35分過ぎ開演。
CHABOはグレーと黒のボーダー柄のカーディガン、細かい白ドットの黒シャツ。メガネをかけている。
ステージ中央の椅子に腰かけ、椅子の上に積まれたCDを手に取りながらかけていく。
そしてステージ下手のスクリーンには、プレイ中のアルバムのジャケットが投影される。

というわけで、以下はDJナイト恒例のメモをたよりに書き起こし。
OpeningSE. Hey Mr. DJ [Van Morrison]
 ⇒オープニングはもちろんこの曲。まずはファンクラブ新年会で起こったビックリ出来事の報告。
  そしてエミ社長がダウンして今日は来ていないとの話。居るとうるさいけど居ないと寂しいとCHABO。
M01. Long Way Back Again [Peter Wolf]
 ⇒今日のテーマは「ふと目が合って聴きたくなったアルバム」。まずはこの曲から。
M02. Too Close Together [Peter Wolf]
 ⇒Peter Wolfを続けてプレイ。先ほどかけたアルバムの5枚隣にあって目が合ったアルバム。
  “The J. Geils Band”は清志郎と観に行ったらしく、アンコールが7~8回あったという話を。
 ⇒そんな流れから、話は清志郎の事へ。「ナニワ・サリバン・ショー」で唄った「まぼろし」。
  自分でも唄おうかと思っていたけど、スタッフのリクエストの中にあったので挑戦してみた。
M03. Tribute To Chuck Berry [Ronnie Wood With His Wild Five]
 ⇒Peter WolfのアルバムにKeith Richardsが参加している事から、“Rolling Stones”つながりでプレイ。
M04. All Those Heroes [John Mayall & The Bluesbreakers]
 ⇒最近は古い方へ気持ちが向かっていて、CD棚の端っこでコイツと目が合った。
  このところ思い出に生きているから(笑)、こういう感じが自分にフィットする。
  歌詞をリーディングしてからプレイ。BluesHarpがカッコ良くて、奥津光洋くんが真似していたな。
M05. Hitch Hike [Marvin Gaye]
 ⇒公平と共作した“麗蘭”の新曲「誇りと歓び」、そのアイデアの元になった曲。
M06. Raining In My Heart [Slim Harpo]
 ⇒こちらも“麗蘭”の新曲「心に雨」のイメージをもらった曲。ちょっとユルい感じのBluesで好き。
 ⇒今日はなんだかDJっぽいね。でもエミちゃんが居ないと、コーチが居ないみたいで・・・とCHABO。
M07. Nobody Listens To Our Teenage Problems [Trini Lopez]
 ⇒子供のころ「ギターを持っている」という理由だけで買ったレコード。久しぶりにCDショップで再会。
M08. Gee Baby Aint I Good To You [Geoff Muldaur]
 ⇒ギターを弾いているAmos Garrettを新宿LOFTへ観に行った。音の秘訣はエフェクターでなく「指」だった。
M09. Sail Away [Randy Newman]
 ⇒歌詞がとても好きな曲。歌詞カードを手に取り、リーディングしてからプレイ。
 ⇒ここで開演してからちょうど1時間が経過。店長からクッキーと紅茶が差し入れられる。
M10. Skin It Back [Paul Barrere & Fred Tackett]
 ⇒Paul Barrereのライブを横浜へ観に行ったとCHABO。意外と活動的なんだなぁ~と感心。
  ここでミニギターを手に取り、チューニングを始める。その様子を見ているのがとても好き。
M11. GO!GO!放課後 [麗蘭]
 ⇒仲井戸くんのバカっぽい一面が出ている曲という紹介で。大音量で聴くとカッコ良くてたまらない。
M12. Shenandoah [Donovan]
 ⇒Donovanの新譜。「ガルシアの風」をリーディングするとき流している曲。
  そのときはCharlie Hadenのバージョンを使っているけど、こちらはDonovanのバージョン。
  歌詞カードをリーディングしてからプレイ。
M13. Yesterday <LIVE> [仲井戸麗市]
 ⇒CHABOの生演奏。思い出の話をたくさんしたから、「昨日」というテーマで。
M14. A Hard Road [John Mayall & The Bluesbreakers]
 ⇒ここでインフォメーション。「Dessin Vol.3」を3月か4月ごろ発売する。今回は春編なので2月はレコーディング。
ESE. Walk Out To Winter [Aztec Camera]
 ⇒前の曲をブチっと終わらせ、「元気に寒い冬を乗り切ってくれ!」という思いを込めて。
  こうして今夜のDJナイトは、21時50分過ぎに終了。

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

麗蘭「Everything Gonna Be Alright」Billboard LIVE TOKYO

ところが今日はこれで終わらない。
今日はBillboard LIVE TOKYOへ、麗蘭「Everything Gonna Be Alright」を観に行く。
昨日の大阪に続いて今日は東京。二日間で4ステージが観られるなんて夢のよう。
15時過ぎに六本木に到着して、しばらくミッドタウンガーデンで時間調整。
16時ごろ入場してメンバーズシート26eに座る。ステージ正面で意外と良い席。

1st STAGEは、予定通り16時30分に開演。
SE「波路はるかに」が流れる中、ステージ下手の楽屋からメンバーがステージに登場。
「とっくに新年あけましてご苦労さん」とCHABOは言い、「Everything Gonna Be Alright」で演奏はスタート。
続いて「Oh Load」。大阪では「Sweet Home大阪」が演奏されたところ、東京では差し替えになっている。
CHABOのスライドギターが公平のリズムギターにねちっこくからみつく。かなりディープな雰囲気。
私の席はステージほぼ正面の位置で、ものすごく音がイイ。メンバーズシートがこの位置というのもうなづける。
そしてSlim Harpoに影響されたという新曲「心に雨」。ミディアム・テンポのナンバーを演奏する“麗蘭”も素敵。
メンバー紹介では、いつも通り早川さんを「こいつ」と紹介するCHABO。膝の怪我の様子を話す早川さん。
公平のソロ曲「Jiving Honey Bee」に続いて、またもや新曲の「誇りと歓び」。公平のギターが心地良く響く。
「心に雨」からこの曲まで、早川さんはFenderプレシジョンベースを使用。あいかわらず良い鳴り。

「なんと公平が子年なんだよ」とCHABOが言うと、「今年は還暦です。本厄です」と公平が応える。
そして子年にちなんで「ネズミ」。「ネズミもトラの如し」という歌詞がなんとも意味深い。
「Yes We Can 2019」は、2020年用にちょっとだけ歌詞を変えてプレイ。Funkyでゴキゲンなナンバー。
続いて「ミュージック」。今回もCHABOはギターをチェットアトキンスに持ち替えずに、テレキャスのまま演奏。
ちょっとばかり尖った「ミュージック」。ここでいつも通りお客さんは総立ちになってヒートアップ。
本編最後は「年始SONG」。「せっかくだから声を聞かせてくれ!」とコール&レスポンス。
「ヘイ!ヘイ!ヘイヤ!」からの「関東平野!」「十勝平野!」、「ハイヤー!」からの「タクシー!」は大阪と同じ。
エンディングでいったんブレイクして、CHABOの挨拶をはさんで演奏が終わるというパターン。
早川さんがストラップを肩からはずして、ベースを置きかけていたのを私は見逃さなかった。

アンコール、例年は階段を下りて登場するところ、今回はステージ下手からメンバーが登場。
早川さんが怪我で階段を下りるのがキツいからなんだろうな・・・こればかりは仕方がない。
そして公平ヴォーカルで「ロックとロール」。ストーンズを思わせるゴキゲンなRock'n'Roll。
「じゃあもうイッパツいく?」とCHABOは言い、ロックンロールの賛美歌「R&R Hymn」。
まだ時間が早いからなのか、ステージ後方のカーテンは開くことはなくそのまま。
気がつけば今回のセトリは、「ミュージック」「年始SONG」を除き3月発売のライブ盤「麗蘭2019盤」と同じ曲順。
そんな仕掛けがあったのかぁ~!と驚くとともに、ライブ盤の発売が楽しみだったりする。
SE「マニフェスト」が流れて、17時45分過ぎにライブは終了。

2nd STAGEの開場時間は18時30分。中途半端な時間なので、店の前で友達と話をして時間調整。
指定席なので開場時間はスルーして、19時10分ごろ会場入り。今回の席はDXシートカウンターDL1。
“麗蘭”を上から眺めることが出来るのはココだけなので、毎年必ずこの席を予約している。
せっかく通路際を確保したのに、今回は階段から降りて来る演出が無かったのは残念。

2nd STAGEは19時30分スタート。
セットリストは基本的に1st STAGEと同じだけど、「ネズミ」の前に「イノシシ」が追加された。
時間的に余裕があるからか、進行は若干のんびりした感じ。メンバー紹介での早川さんいじりも入念に。
「Oh Load」で労働を表現するのに、畑を耕すようなアクションをするところがいかにもCHABO。
「ミュージック」の間奏、ステージ中央でCHABOと公平が並んでギターを弾き、その後に早川さんとJAH-RAH、
私の席から四人の動きがバッチリと見えて、この一体感が“麗蘭”なんだなぁ~と感じた。
個人的に気になり出した「年始SONG」のエンディング、今回は全員でビシッとキメてくれた。
アンコールの拍手と共に、ステージ後方のカーテンがオープン。六本木の夜景をバックに“麗蘭”を観る贅沢。
アンコール最後の「R&R Hymn」では、エンディングで「Don't Let Me Down~!」とシャウト。
終演時間は1st STAGEよりちょっと長めの20時50分。これにて二日に渡るビルボード4ステージはすべて終了。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

麗蘭「Everything Gonna Be Alright」Billboard LIVE OSAKA

今日はBillboard LIVE OSAKAへ、麗蘭「Everything Gonna Be Alright」を観に行く。
ここ数年、ファンクラブ新年会を除いて、CHABOのライブ初めは麗蘭ビルボード大阪になっている。
今年は金曜日の開催で行けるかどうか怪しかったけど、やはり行きたいと思って休みをとった。
せっかく平日に行くのだから、太陽の塔へ行けばよかった・・・と今日になって気づいたけど時すでに遅し。
そんなわけで12時10分東京駅発の新幹線に乗り込み、弁当を食べながら新大阪駅へと向かう。
新大阪駅から御堂筋線に乗り換えて梅田駅に着いたのは15時になろうとする頃。
久しぶりに「disc union」へ行って、ロッカーズやスライダーズのアルバムをゲット。
一心不乱にエサ箱をあさっていたら、あっという間に一時間が経っていた。
今夜は開場時間が早いので、ちょっと焦りつつ今夜泊まる「セカンド・イン梅田」にチェックイン。
安定の「リッツ・カールトン」の隣のホテル。寝るためだけに泊まるにはちょうどイイ感じ。

しばらく部屋でくつろいだあと、17時過ぎに再び出かける。
会場へは10分もかからない距離だけど、地下街でちょっとだけ迷ってしまい焦る。
17時30分開場。整理番号がかなり良かったので、迷わずCHABO前のテーブルへ。
私のポジションはCHABOと公平の間で、ほぼステージ中央の最前列。友達に感謝だ。

1st STAGEは、予定通り18時30分に開演。
SE「波路はるかに」が流れる中、ステージ上手の楽屋からメンバーがステージに登場。
早川さんは骨折した右足を気遣いながらも、松葉杖ナシで歩いている。驚異の回復力。
「とっくに新年明けちゃってご苦労さん~」とCHABOは言い、「Everything Gonna Be Alright」で演奏はスタート。
続いて「Sweet Home大阪」。もはや大阪では欠かせないナンバー。CHABOの関西弁も板についてきた(?)。
今夜も公平のギターがものすごくイイ音。CHABOのテレキャスも然り。座席の位置も関係しているかもしれない。
さらっとした感じのメンバー紹介をはさみ、「新曲をたくさん用意してきたぞ」ということで「心に雨」。
それから公平のソロ曲「Jiving Honey Bee」。磔磔で初めて披露したときより、随分とこなれてきた印象。
次も新曲の「誇りと歓び」。モータウンに影響されて、CHABOと公平が共作したというナンバー。
「心に雨」からこの曲まで、早川さんはFenderプレシジョンベースを使用。ぶっとくてイイ音している。

「皆さんお若いから干支なんて御存知ない? 公平が子年なんだよ」とCHABOは言い、子年にちなんで「ネズミ」。
CHABOのギターカッティングが心地良い軽快なタッチの曲だけど、その割に歌詞が意外と深かったりして。
そして「Yes We Can 2019」。2020年になっているけど、歌詞は2019年バージョンのまま演奏。
その一年を斬る感じの歌詞だけれど、公平のギターカッティングと早川さんのうねるベースがカッコいい。
続いて「今年も救いの神様・・・それはミュージック!」という紹介で「ミュージック」が始まる。
驚いたのはCHABOがギターをチェットアトキンスに持ち替えずに、テレキャスのまま演奏したこと。
CHABOが段取りを間違えたのではないかと、思わずマチャミさんを見てしまった。
エレキで聴く「ミュージック」はいつもより若干とんがったサウンド。これはこれでイイかも。
CHABOは今日明日のビルボード4ステージのうち、今回だけおにぎりピックを使用。
間奏でCHABOと公平が肩を並べてギターを弾くとき、私からは1メートルも無い距離・・・たまらない。
本編最後は「年始SONG」。「せっかくだから声を聞かせてくれ!」とコール&レスポンス。
「ヘイ!ヘイ!ヘイヤ!」からの「関東平野!」「十勝平野!」、「ハイヤー!」からの「タクシー!」も飛び出す。
エンディングでいったんブレイクして、CHABOの挨拶をはさんで演奏が終わるというパターン。

アンコールに応えて、メンバーが再びステージに登場。
公平は錦鯉のようなラメのジャケット。あまりのカッコ良さに、フロアからため息とどよめきが沸き起こる。
そして公平ヴォーカルで「ロックとロール」。やっぱりカッコいいなぁ~この曲・・・めちゃめちゃ気分がアガる。
いつものように帰ろうとする素振りをしながらも「もう一曲やる?」とCHABOは言って「R&R Hymn」。
ストーンズっぽいと言えばそれまでだけど、ロックンロールへの思いが感じられて良い曲だと思う。
ちょっとだけリクオの「永遠のロックンロール」と同じ匂いを感じる。ロックンロールの賛美歌だ。
SE「マニフェスト」が流れて、19時40分ごろライブは終了。

2nd STAGEの開場時間は20時30分。中途半端な時間、どこかへ行こうかとブラブラしたけど断念。
今回はCHABO前のテーブルが埋まっていたので、公平前ふたつめのテーブルに座る。
1st STAGEとは違った角度でステージを観られるので、これはこれで良いかもしれない。
お腹が空いたので、みんなでステーキをシェア注文。これがかなり美味しくて大正解!

2nd STAGEは21時30分スタート。
セットリストは基本的に1st STAGEと同じだけど、「ネズミ」の前に「イノシシ」が追加された。
メロディーはまったく同じなのに、歌詞が違うとこんなにも印象が変わるとは驚き。
時間的に余裕があるからか、進行も若干のんびりした感じ。メンバー紹介もじっくりと。
「Sweet Home大阪」では「通天閣」を言い間違え、ものすごく悔しそうにするCHABO。
「チクショー!他人の不幸を笑いやがって・・・東京タワーで育ってるからよ」とポツリ。
「ミュージック」はやはりテレキャスでプレイ。どういう心境の変化なのだろうか?
本編最後の「年始SONG」は、「昼の部で好評だった」とコール&レスポンス。
「ハイヤー!」「タクシー!」のくだりでは「ちょっと清志郎ぽかった」と一言。
ブレイク後にCHABOが挨拶して再度「ジャーン!」と演奏を終わらせるところ、
早川さんは既にベースのボリュームを絞っていたのを見逃さなかった。
アンコールはいつも麦わら帽子をかぶってくるCHABOだけど、今回だけ毛糸の帽子。
毛糸の帽子をかぶってこれだけカッコいいバンドマンって他にいないと思う。
おそろいの「Everything Gonna Be Alright」のTシャツを登場したのだけれど、
CHABOは何故か「MY LIFE IS MY MESSAGE」Tシャツを着ていたのが笑えた。
アンコール最後の「R&R Hymn」では、エンディングで「Don't Let Me Down~!」とシャウト。
終演時間は1st STAGEよりちょっと長めの22時45分。今回もゴキゲンだった。

終演後はいつものように打ち上げ。
かなり遅くなってしまったから今日は無しかと思いきや、
御堂筋線が試験的に2時まで運転するというので行けることになった。
東梅田まで歩いて、「梅田楽天地1923」というハイボールバーで呑む。
1時閉店ということで店を追い出され、仕方がないので帰ることにする。

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

仲井戸麗市「ギャラリー新年会2020 "今年もよろしく"」南青山 MANDALA

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸麗市「ギャラリー新年会2020 "今年もよろしく"」を観に行く。
CHABOのファンクラブ「ギャラリー」主催の新年会、毎年「CHABOはじめ」はこれから始まる。
昼の部と夜の部の二部制。いつも昼の部に申し込んで夜の部にまわされるけど、今年は希望通り昼の部。
全席指定なので、開演時間15時の40分ほど前に会場へ。既に集まっていた友達と新年の御挨拶。
しばらく話をしてから会場入り。今日の席は06x番。ステージ上手のスタンド席最前列、いきなり好ポジション。
いつものライブに比べて、なんとなくのんびりとした雰囲気のフロア。今年も始まるんだな・・・。

 

予定より遅れて、15時05分ごろ開演。
SE「夜のストレンジャー」が流れる中、CHABOがステージに登場。今年も元気そうでなにより。
「とっくに明けましておめでとう~!」とCHABOは言い、ギターを少しつま弾いてから「祝祭」が始まる。
手拍子をするか迷うお客さんに「自分で判断しなさい!」と言うCHABO。これで一気に緊張がほぐれる。
続いて“The Beatles”のカバーで「I Feel Fine」。イントロのフィードバック音だけで持っていかれた。
CHABOはこの曲の映像をテレビで観て、Johnがどのようにギターを弾いているかわかったと話す。
新年会なので正月にちなんだ話をいくつかしたあと、久しぶりに演奏するという「夜のピクニック」。
曲の前後に「夜のストレンジャー」のメロディを入れ込んでのプレイ。なかなか凝った構成。

 

ステージ横でスタンバイするマチャミさんに、「場所変わる? 衣装も貸すからよ」と言うCHABO。
そんなマチャミさんが操作するリズムボックスにあわせて、これまた久しぶりに聴く「おいしい水」。
この曲の歌詞ではないけれど、人間味あふれる優しい曲。大好きだぁ~この曲。
続いて「当時、冬によく唄っていた」という“古井戸”のナンバー「退屈」を披露。
「ちっちゃな飛行機見つけ あれ落ちたらいい」という歌詞がある出来事を境に唄えなくなってしまい、
しばらく封印した結果、「あれ消えたらいい」と歌詞を変える事にしたと話すCHABO。
そして今年は子年という話から、ネズミが歌詞に出てくる唄ということで「ずいずいずっころばし」を唄う。
「思い切りサイケデリックな歌詞だよな。絶対にLSDやってる」と言うCHABO。その発想がおもしろい。
それから「糧」演奏して、土曜日だからおまけということで「Take You To The Movies Tonight」。
55分ほどの短い時間だったけれど、とっても充実したライブ。新年からイイもの観させて頂いた。

 

インターバルをはさんで、16時20分から新春恒例の抽選会が始まる。
“司会のCHABO”が楽しいトークを繰り広げながら、抽選箱に手を入れて番号札を引いていく。
「なんでこんなことをしなくちゃならないんだ」と言いつつ、極めてスムーズな進行ぶりはサスガ。
「Song For You」賞のリクエストは「君がぼくを知ってる」。KEYはAでプレイ。間奏のフレーズの解説つき。
当選された方の嬉しそうな笑顔を眺めつつ、私はかすりもしないで抽選会は終了。
「今年もハッパかけて出ていくから、みんな仕事大変だろうけど聴きに来てよ」とCHABOは言い残し、
17時10分ごろ新年会【昼の部】は全て終了。

 

ファンクラブの新年会のあとは、これまた恒例の仲間内での新年会。
秩父宮ラグビー場帰りのお客さんと重なって路頭に迷うところだったけど、「三喜園」になんとか滑り込む。
6人掛けのテーブルにギュウギュウに座るという感じだったけど、なんとかなるもんだな。
それぞれのタイミングで好きなように帰っていくスタイル。そういう自由なところがまたイイ。
22時になって夜の部終わりのメンバーと「ミライザカ」で合流。
今日はけっきょく6時間近く呑み続けていたことになる。あぁ~もう呑めない。。。
23時半ごろおひらきにして、電車に乗って帰宅。

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

麗蘭「TAKUTAKU Vol.27 Everything Gonna Be Alright」京都 磔磔<Day-2>

16時ごろ再び出かける。
今夜も磔磔へ、麗蘭「TAKUTAKU Vol.27 Everything Gonna Be Alright」を観に行く。
昨日と今日の2days・・・たった一日の違いだけれど、“麗蘭”のことだからまた進化しているのだろうな。
16時15分に開場して、整理番号192番で入場。とりあえずステージ下手側の六列目ぐらいにつける。
昨日に増してギュウギュウ詰めのフロア、始まる前からみんなの期待が充満している。

予定通り17時ちょうどに開演。
SE「波路はるかに」が流れる中、二階の楽屋からメンバーがステージに登場。
オープニングは、ライブタイトルにちなんだ新曲「Everything Gonna Be Alright」。
そして“麗蘭”のテーマ曲である「マニフェスト」、2015年に磔磔で披露された「Walk On」と続いていく。
「『Walk On』というタイトルなのにご覧の通り・・・」と、早川さんの右膝蓋骨骨折の病状説明。
続いてCHABOが中学生のころ難しくてコピー出来なかったというストーンズの「Fortune Teller」。
演奏が終わっても「アァ~ア~♪」とサビのコーラスを続けるCHABO。よほど嬉しいのだろうな。
CHABOと公平ふたりとも昨日と同じ衣装。CHABOはメガネをかけている。

公平が今年はソロツアーで全国を廻ったという話から、そこで披露された「Jiving Honey Bee」を演奏。
昨日は若干バタバタした印象を持ったけど、今日は完璧なプレイ。さすが“麗蘭”、バッチリとキメてくれる。
自分が立っているポジションのせいもあるのだろうが、音が昨日よりクリアでハッキリと聞こえてくる。
「おれたちは真面目だから新曲をたくさん用意してきたぞ」とCHABOは言い、ここから立て続けに新曲を披露。
「Oh 労働」はゴスペルを意識して「労働」と「Load」が掛けられた歌詞。CHABOのスライドが炸裂。
続いてSlim Harpoに影響を受けたという「心に雨」。公平のセミアコがイイ感じで響き渡る。
それから「公平とモータウンっぽいのを考えてきた」という紹介で「誇りと喜び」。
ここでちょっとひと息という感じで「安らぎCafe」。「誰かこういう店を開いてくれよ~」とCHABO。
このあたりで使われた早川さんのFenderプレシジョンベースも、昨日よりよく鳴っていたような気がする。

どっぷりと重たい「ブルース~ハウ・ハウ」に続いて、2019年版の「Yes We Can」。
「2020年はオリンピックYEARだけど、予算の使い道は他にもあるのではないの?」というメッセージ。
それから公平ヴォーカルで「ロックとロール」。なんとなく演るような気がしていたけど、聴く事が出来て嬉しい。
続いて「紅 く・れ・な・い」。「年末の京都は寒いけど、温暖化のせいかちょっと暖かくないか?」とCHABO。
紅のライトに照らされて、ギターの音を重ね合わせるCHABOと公平。何回観てもグッとくるシーン。
亥年の終わりを記念して「一年間お疲れさん~!」という意味を込めて「イノシシ」を演奏したあと、
年末年始にちなんだナンバー「ゆく歳 くる歳」。CHABOのギターカッティングがちょっと変化している。
そして本編最後は「Get Back」。「今年最後だ!」と言うCHABOの言葉に、なんとも言えない気持ちになる。
CHABOはマイクをわしづかみにして、ステージ前の机にのぼってお客さんを煽る。
お客さんもそれに応えて大合唱。大興奮の中、メンバーはひとまずステージをあとにする。

アンコール、ツアーTシャツに着替えてメンバーが再びステージに登場。
公平はグッズのTシャツとタンブラーを紹介。それを見てCHABOは「司会の土屋公平~!」と叫ぶ。
そして公平ヴォーカルで「Blues イン 回転木馬」。CHABOはこの曲だけメガネなしでプレイ。
続いて今年亡くなったDr.Johnに捧げる「IKO IKO」。セカンドラインを演奏する“麗蘭”は珍しいかも?
CHABOは早川さんを「お皿が割れているとは思えない」と賞賛。確かに昨日より調子が上がっている。
そして「ミュージック」、やっぱりこの曲は最高! 今年もたくさんの素敵なミュージックに支えられてきた。
「ここで終わると思ってるだろ。出し惜しみはしないぞ」とCHABOは言い、ここで再び新曲の「レクイエム 2019」。
レゲエ調のサウンドに乗せて、今年旅立ったミュージシャンやバンドマンへ向けた思いを唄う。
今回は「今夜R&Bを...」が演奏されなかったけど、この曲がその2019年度版のような気がした。
次も新曲の「R&R Hymn」。ストーンズ風味を効かせたミディアムテンポのロックンロール。
そして公平が12弦のストラトキャスターを手に取って「Hello Good-Bye」。
CHABOは「みんな百人一首やれよ」と言って「むらさめの露もまだひぬまきの葉に~」と詠みあげる。
ここで最終日にしか演奏しないナンバー「年の瀬」。例年通り、間奏で宗谷丸から届いた電報など(笑)。
紅白のくだりでは橋幸夫や美空ひばりの曲を唄いまくるCHABO。これは例年に無い展開。
ステージを下りようとするCHABOの耳元で、「年末なのでタクシーが来ていない」と声をかける公平。
「ミステリー」でスタッフとメンバーを紹介して、SE「What A Wonderful World」が流れる中、19時55分ごろ終了。

ライブ終了後は打ち上げ。
今夜は事前予約なし。どの店も一杯で焦ったけど、四条通りの「天狗」にようやく滑り込む。
店員さんのレスポンスの悪さに文句を言いつつ、今夜もまた楽しく呑み喰いする。
電車で帰る人もいるので、23時ごろおひらきにしてホテルへ戻る。

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

麗蘭「TAKUTAKU Vol.27 Everything Gonna Be Alright」京都 磔磔<Day-1>

今夜は磔磔へ、麗蘭「TAKUTAKU Vol.27 Everything Gonna Be Alright」を観に行く。
年末恒例となっている“麗蘭”の磔磔、今年もまたこの瞬間がやって来た。
ぎゅうぎゅう詰めのオールスタンディングは厳しいけれど、これを観ないとやはり一年が終わらない。
16時15分に開場し、整理番号21番で入場。CHABO前の最前列をキープすることが出来た。
最前列なんて何年ぶりだろう? この幸運を導いてくれたいろいろな人に感謝する。

予定通り17時ちょうどに開演。
SE「波路はるかに」が流れる中、二階の楽屋からメンバーがステージに登場。
先頭を歩く早川さん、右膝蓋骨を骨折したばかりで松葉杖が痛々しい。
オープニングは、ライブタイトルにちなんだ新曲「Everything Gonna Be Alright」。
「大掃除しろ~お前ら!」とCHABOは言い、演奏は「マニフェスト」「Walk On」と続いていく。
「『Walk On』というタイトルなのに早川が・・・」と、取り急ぎ早川さんの病状説明。
右膝蓋骨骨折の手術から三週間、退院から一週間という説明に改めて驚く。
続いてストーンズのカバー「Fortune Teller」。CHABOは中学生のころ難しくて出来なかったらしい。
CHABOはリング柄のシャツに黒いスウェットといういつものスタイルでメガネを着用。
基本的にテレキャスのみで演奏。次々にギターを持ち替える公平と対照的でおもしろい。

公平はブルーのラメのジャケット。ソロツアーのレパートリー「Jiving Honey Bee」を披露。
トリオでプレイされていた曲を“麗蘭”の四人で演奏。聴き慣れないせいか、若干バタバタした印象。
「新曲をたくさん用意してきたぞ」とCHABOは言い、ここから立て続けに書き下ろしの新曲を演奏。
「Oh 労働」はゴスペルを意識して「労働」と「Load」が掛けられた歌詞。CHABOのスライドが炸裂。
続いてSlim Harpoに影響を受けたという「心に雨」。ミディアムテンポのソウル・ナンバー。
それからCHABOと公平の共作「誇りと喜び」。モータウンに強い影響を受けたというナンバー。
新曲はどれもイイ感じで、“麗蘭”に対するCHABOの思いが垣間見られるような気がする。
そして次の「安らぎCafe」でちょっとひと息つくような流れが、“麗蘭”らしくて良いと思った。
早川さんは基本的にレギュラーのMC-924を使っていたけど、中盤はずっとFenderのプレシジョンベース。
でも曲によってパッシブは若干埋もれてしまう感じがした。座って弾いていた影響があるかもしれない。

どっぷりと重たい「ブルース~ハウ・ハウ」に続いて、2019年版の「Yes We Can」。
曲順を間違えて紹介してしまったCHABO、「公平のリアクションを試した」と苦しい言い訳(笑)。
「Yes We Can」はいつもながらにソウルフルでファンキーなサウンド。歌詞は今年の世相を斬る内容。
私の立ち位置のせいもあるけど、早川さんのMC-924がいまいち響いてこなかったのが残念。
単に楽器やアンプの鳴りだけでなく、身体や骨の響きがサウンドに影響するのかな?と思った。
ここで公平がヴォーカルをとって「ロックとロール」。ストーンズ張りのサウンドがカッコいい。
続いて「紅 く・れ・な・い」。紅に染まったステージで、肩を並べてギターを弾くCHABOと公平。
ツイン・ギターの醍醐味を、まざまざと見せてくれたような気がするパフォーマンス。
亥年の終わりを記念して「イノシシお疲れさん~!」という意味を込めて「イノシシ」を演奏したあと、
年末年始にちなんだナンバー「ゆく歳 くる歳」。この曲もいつの間にか定番曲になったな。
そして本編最後は「Get Back」。この曲を聴くとやはり独特な感情がわき上がってくる。
CHABOはマイクをわしづかみにして、ステージ前の机にのぼってお客さんを煽る。
最高に熱くてイカした演奏。大興奮の中、メンバーはひとまずステージをあとにする。

アンコール、ツアーTシャツに着替えてメンバーが再びステージに登場。
公平は「今年はさりげないロゴで、遠くからでは“麗蘭”Tシャツとわからない」と紹介。
そして公平ヴォーカルで「Blues イン 回転木馬」。ここで重たいBluesを演奏するところがサスガ。
続いて「IKO IKO」。“麗蘭”にしては珍しいカバーだけど、今年亡くなったDr.Johnに捧げる選曲。
早川さんのベースソロがたっぷりとフィーチャーされて、聴きごたえバッチリの演奏だった。
「ミュージック」はやはり“麗蘭”のキラーチューン。この曲ばかりは思わず大きく反応してしまう。
「もうちょっと演る?今夜は今夜しか無い!」とCHABOは言い、ここでまたもや新曲「レクイエム 2019」。
レゲエ調のサウンドに乗せて、今年旅立ったミュージシャンやバンドマンへ向けた思いを唄う。
次も新曲の「R&R Hymn」。ストーンズ風味を効かせたミディアムテンポのロックンロール。
公平が12弦のストラトキャスターを手に取り、「Hello Good-Bye」のイントロを奏でると気分は完全に年末。
この一年のあれこれを浄化してくれるような気がして、年末には欠かせない瞬間。
ステージを下りようとするCHABOの耳元で、「まだ帰りの車が来ていない」と声をかける公平。
「ミステリー」でひとりひとりメンバー紹介をして、ライブはフィナーレを迎える。
SE「What A Wonderful World」が流れる中、ライブは19時35分ごろ終了。

ライブ終了後、いつものように「あんじ」で打ち上げ。
ずいぶん早く終わったので店の前で少し待って、20時20分ごろ呑み始める。
京都らしい料理とお酒を楽しみながら、今夜のライブの話や音楽の話などで盛りあがる。
いつもならエンドレスで呑み続けるところだけど、何故か今夜は23時で追い出されてしまった。
電車で帰る人もいるので、そのままおひらきにしてホテルへ戻る。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

仲井戸麗市「CHABOのKing Biscuit Time #20」南青山 MANDALA

今日は南青山 MANDALAへ、仲井戸麗市「CHABOのKing Biscuit Time #20」を観に行く。
毎月開催中のCHABOのDJナイト、去年の5月から始まって今夜はその第20弾。
19時05分ごろ会場入り。座席番号は8番。ステージ上手一番端のテーブル席、前から二番目。
ステージ中央のテーブルには、CDラジカセとカセットラジカセが置かれている。
テーブル横のピアノ椅子に積み上げられたCDが、いつもより少ないのは気のせい?

予定より遅れて19時35分ごろ開演。
CHABOは黒のカーディガン、その下に襟付きのベスト、黒のロンT。メガネをかけている。
ステージ中央の椅子に腰かけ、椅子の上に積まれたCDを手に取りながらかけていく。
そしてステージ下手のスクリーンには、プレイ中のアルバムのジャケットが投影される。

というわけで、以下はDJナイト恒例のメモをたよりに書き起こし。
OpeningSE. Hey Mr. DJ [Van Morrison]
 ⇒オープニングはもちろんこの曲。楽屋にスマホを忘れて、「みんな忘れ物に気をつけろよ」と言うCHABO。
M01. Do You Want To Know A Secret [The Beatles]
 ⇒「まずは言い訳から」という前置きのあと、昨日ライブが終わってその映像を観てから選曲したけど
  全然テーマが見つからず、何故だかわからないけど浮かんだ曲を紹介するということでプレイ。
M02. Because [The Dave Clark Five]
 ⇒「これも何故だかわかないけど浮かんだ曲」と、しきりに不思議がるCHABO。
M03. Joy To The World [The Staple Singers]
 ⇒クリスマス特集は自分としてはもういいかなと思ったけど、いくつかかけてみたいということで。
M04. The Ragpicker's Dream [Mark Knopfler]
 ⇒クリスマス・ソングではないけれど、クリスマスを感じる曲。歌詞を朗読してからプレイ。
M05. X'mas In February [Lou Reed]
 ⇒この曲が収録されているアルバム「NEW YORK」のジャケットに写っている五人の男、
  バンドメンバーかと思いきや全てLou Reed本人。「人間関係が無くてイイなぁ~」とCHABO。
  歌詞カードをリーディングしてからプレイ。Lou Reedが静かに唄う反戦歌。
M06. Christmas Card From A Hooker In Minneapolis [Tom Waits]
 ⇒「マンボのボーイフレンド」の「ミネアポリスの友人から」という歌詞のモチーフになったという曲。
  「ミネアポリスの女からの・・・」と言うところで何度も噛み、「なまむぎなまごめ」と言い出すCHABO。
  この曲も歌詞カードを朗読。歌詞に対するCHABOなりの解釈が垣間見られるようでおもしろい。
M07. ごほうび [仲井戸麗市]
 ⇒「自分のクリスマス・ソングをかけなくて良いんですか?」という社長命令により(笑)ニューアルバムから。
 ⇒ここでちょうど1時間が経過。いつものように店長から、クッキーと紅茶が差し入れられる。
M08. Everyday I Have To Cry Some [The Duke Robillard Band]
 ⇒斉藤和義とのラジオ番組でせっちゃんがこの人の曲をかけたと、本人の物真似を交えながら紹介。
M09. I Loves You Porgy [Keith Jarrett]
 ⇒ご飯を食べるときによくかけている曲。ギター曲は熱中してしまうので、ピアノ曲が丁度良いらしい。
M10. Groovin' [The Young Rascals]
 ⇒ここからは秘蔵カセット・テープ特集。まずは「F.E.N」と書かれたSONY「C30」のテープ。
  清志郎が録音したのをCHABOにくれたモノ。「『Groovin'』は山下達郎のテーマソングだよな」とCHABO。
  そのあと「皆さんこんばんは山下達郎です」と、達郎の真似をし始めたのには悶絶。
M11. さよならマスター [古井戸]
 ⇒1978年3月14日、渋谷ジァンジァンで録音されたというライブ音源。
  この曲は現在のMANDALAあたりにあったBARでの出来事をモチーフに書いたとのこと。
  ベースが入っているのを聴いて、「もしかするとリンコかもしれない」とCHABO。
M12. 流浪 [古井戸]
 ⇒ラジオ関東で放送されていた「ミッドナイトプラザ」という番組でのライブ。1977~78年ぐらい。
  CHABOがべろんべろんに酔っぱらって出演していたらしいが、今日はそこは聴かせないと。
M13. 僕は本気さ [RC's House Session]
 ⇒国立に住んでいた清志郎の部屋で録音された音源。Vocal:忌野清志郎、Guitar:仲井戸麗市、
  Bass:小林和生、Guitar:奥津光洋、Piano:新井田耕造というメンバーでのセッション。
  「清志郎は居なくなったし、奥津も居なくなった。でもスゴイね、音は残る」とCHABO。
M14. White Christmas~よォーこそ [RCサクセション]
 ⇒1980年12月25日の渋谷公会堂でのライブ音源。ホーン・セクションは“生活向上委員会”。
  オープニングのCHABOのMCは聴かせないと言うので「えぇーっ?」と思わず声をあげると、
  「えぇーっじゃねえだろ! 人の過去を笑ってどうする?」とCHABO。あのMC、好きなのになぁ~。
M15. さびたとびら [山口フジオ]
 ⇒カセットテープ特集の最後は、文字通りの「PRIVATE CASETTE」という作品から。
M16. God [John Lennon]
 ⇒アルバム「ジョンの魂」収録曲。当時衝撃を受けたという歌詞を、曲に合わせてリーディング。
  読んでいるうちに気持ちが高揚したのか、「もう一回初めから。そういう唄!」 と初めからかけ直す。
M17. ラジオ<LIVE> [仲井戸麗市]
 ⇒「昨日のライブで唄って、久しぶりで喜んでもらえた」と言い、アコースティック・ギターで弾き語り。
  昨日聴いたときの気持ちと、ライブ後にCHABOへ感想を話した時の気持ちが入り混じる。
ESE. Merry Christmas Baby [Otis Redding]
 ⇒「ギターで安定したフレーズを弾いてしまったとき、そんな自分が悔しいよね。
  俺もハッパかけてトライするから、みんなも進化してくれよ!」とCHABO。
  開演前にChuck BerryとB.B.Kingの直筆サイン入り写真をもらったので、
  「部屋に飾って頑張るぞ!」と言い残してCHABOはステージをあとにする。
  ところがステージにスマホを忘れてしまい、取りに戻ってくるCHABOが可笑しい。
  こうしてクリスマスのDJナイトは、22時05分過ぎに終了。

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

Leyona×仲井戸麗市「X'masイブ☆清しこの夜のLIVE Night☆」横浜 THUMBS UP

今日は横浜 THUMBS UPへ、Leyona×仲井戸麗市「X'masイブ☆清しこの夜のLIVE Night☆」を観に行く。
毎年クリスマス・イブに開催されているLeyonaのライブ、今年はCHABOがお呼ばれされる形に。
サブタイトルに「LeyonaとCHABOとアナタと☆で過ごしてみよ~」とあるように、素敵な夜になること間違いナシ。
15時半には仕事を切り上げて、有楽町から京浜東北線を使って一路横浜駅へ。
開場時間までは余裕があるので、「disc union」や「Tower Records」を巡って時間調整。
そして18時過ぎには会場のTHUMBS UPへ到着。平日のこの時間だというのにたくさんのお客さん。
予定通り18時30分に開場。入口で寄せ書きのサイン色紙とお菓子のクリスマス・プレゼントを受け取る。
整理番号A-042で入場。何故だかステージ下手のCHABO前二列目の席が空いていたので座る。
THUMBS UPは一段高くなったエリアの席のほうが人気なのかな? それもわかるような気もする。
ステージ上手にはキーボード、中央にLeyonaのスタンドマイク、下手にCHABOのスタンドマイク。

予定通り19時30分開演。まずはLeyonaのステージ。
エマーソン北村のキーボードをバックに、セミアコを弾きながらLeyonaがを唄い出す。
「D.U.C.K」から始まり、そのまま続いて・・・と思いきや、いきなり曲順を間違えるLeyona。
「サイフを忘れるだけではなくて、曲順を忘れるようになった」と自分でツッコミを入れる。
「Baby It's You」を唄ったあと、「ステージのCHABOさんのセッティングを観るだけで緊張する」と語る。
そして「momiji」から「Rock Your Baby」を続けて演奏。エマーソンのキーボードが心地良く響く。
キーボード・プレイヤーはたくさん観てきたけど、エマーソンはちょっと独特なサウンドを奏でる。

Leyonaはアコースティック・ギターに持ち替えて、「beatific」からの「魔法を信じるかい?」。
言うまでもなくCHABOのレパートリーだけど、Leyonaにとってとても大切な曲とのこと。
中学生のときホウキのギターを弾きながら「CHABOや清志郎に絶対に会うんだ!」と言っていたLeyona
そんな広島の少女の夢がかなう現場に立ち会えて、なんだかとても嬉しかった。改めて20周年おめでとう!
続いて清志郎も唄っていた「500マイル」。広島と東京の距離がちょうど500マイルという話も泣かせる。
Leyonaパートのラストは「HOW」。先日の20周年ライブでも感じたけど、この曲は名曲だと思う。
曲の途中では「スロー・バラード」。Leyonaは清志郎やCHABOが大好きなんだな・・・全くブレていない。
45分ほどで演奏は終了して“アイスクリームタイム”。なんとお客さん全員にアイスクリームが振る舞われる。
心づくしのサービスを受けた感じ。クリスマス・イブに素敵なプレゼント。Leyona、ありがとう!

インターバルをはさんで、20時30分ごろからCHABOのステージが始まる。
CHABOは細かいリングがあしらわれたシャツを羽織り、黒縁のメガネをかけている。
Yairi.のアコースティック・ギターをしばらくつま弾き、CHABOが「Final Curve」を唄い出す。
続いて「横浜たそがれ~♪」と唄うCHABO。あいかわらずそういうお茶目なところが好き。
「Blues Is Alright」でお客さんとコール&レスポンスしたあと、クリスマスにまつわる話をいくつか。
CHABOは幼いころキリスト教の幼稚園に通っていたけど、小学校は仏教で宗教的に混乱したと。
そしてマチャミさんが鳴らすベルの音色とともに「Merry X'mas Baby」。クリスマス・イブならではの選曲。
次にいつもよりテンポアップしたアレンジで「清掃の唄」。こちらは年末にちなんだ選曲というところか。
「公平や洋は部屋が綺麗だけど、三宅やマーシーは汚い。Leyonaはみんなどう思う?」という問いかけに
「汚い!」と私が答えると、「おまえ全然迷わずに、決めつけてるな~!」とCHABO。
「えっ? 振っておいてそれ?」と思っていると、すかさず「オレもそう思う」と言うCHABOが笑える。

そして再びクリスマスらしい選曲で「Soul X'mas」。今夜のライブはやはり特別な感じがする。
エンディングではOtis Reddingの「White Christmas」がオーバーラップ。クリスマス気分満載の演出。
ここで今年のツアーで唄い続けてきたTom Waitsの「Ol '55」をプレイ。すっかりCHABOの曲という感じ。
「Leyonaと一緒に演っていて悔しいから俺も一緒に演る!」とCHABOは言い、エマーソンをステージに呼び込む。
そして「一回だけで終わるのは勿体ないから」ということで、先日のLeyona20周年で披露した「Song for Leyona」。
「これからもずっと唄ってくれよな、れよな♪」という歌詞を聴いて、楽屋の前で喜ぶLeyonaがチラリと見えた。
続いてエマーソンのオリジナル「夜中」という曲を聴いて、CHABOがイマジネーションした雑文を朗読。
エマーソンはここでひとまず退場し、「久しぶりに引っ張り出した」という紹介で「ラジオ」。
レアなナンバーの登場に思わず「おぉーっ!」と反応すると、「そっち中心!」との言葉をいただく。
それから年末しか唄わないという「年の瀬」。新宿の雑踏の音をバックに唄い始めるCHABO。
CHABOパートのラストは「ガルシアの風」。ツアーと同様に歌詞をリーディングするバージョン。

アンコールは、Leyonaとエマーソン、そしてCHABOとでセッション。
まずはソウルフルなアレンジで「赤鼻のトナカイ」。LeyonaのヴォーカルにCHABOが合わせる形。
そしてLeyonaといえばこのナンバー「サ・イ・フ」。エマーソンのローリング・ピアノが心地良い。
続いてCHABOと同い年だというStevie Wonderの「A Place In The Sun」をカバー。
Leyonaは英語の歌詞のまま、CHABOは日本語の訳詞で唄う。そのコントラストがまたイイ。
そして「ティーンエイジャー」をみんなで合唱。いつもよりちょっとアップテンポなアレンジ。
エンディングでは“The Beach Boys”の「Surfer Girl」に合わせて、CHABOとLeyonaがダンシング。
CHABOはオモチャのエレキを手に取り、Leyonaの「オーケーCHABO!!」の掛け声と共に「雨あがりの夜空に」。
お客さんは総立ち。三番はマチャミさんがマイクを横取りして、LeyonaとCHABOは「えぇっ?」のジェスチャー。
最後はCHABOがプロデュースしたLeyonaのデビュー曲「アップル」「レモン」・・・ボケ倒すCHABO。
もちろん正解は「オレンジ」。Leyonaの唄声にCHABOのスライドギターが重なり、キラキラと輝いて見えた。
John Lennonの「Happy Christmas」が流れる中、22時30分過ぎにフィナーレ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧