2018年12月31日 (月)

年末京都ツアー<Day-4>

6時過ぎに起床。2018年最後の朝。天気はまずまず。
テレビを観ながらのんびりと支度して、7時半過ぎにチェックアウト。
ブラブラと歩いて京都駅へ向かう。途中で磔磔へ寄って、また来ることを誓う。
急いで歩いたら時間が余ってしまったので、東本願寺でしばらくまったりとする。
そして9時過ぎの新幹線に乗り込む。大晦日の上り新幹線、さすがにすいている。
11時20分に東京駅へ到着。こうして今年の遠征はすべて終了した。

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

年末京都ツアー<Day-3>

8時に起床。さすがに早起き出来なかったけれど、気分は爽快。心配していた天気も上々。
11時ごろホテルを出発して、まずは「常磐」で恒例のにしんそば。
ちょっと寂れた店内で、お寺の鐘の音を聞きながらそばをすする・・・年の暮れを感じる。
それからこれまた恒例の中古盤屋巡り。年末の慌ただしい中、ひとつの贅沢。
「take.J」から始まって、「SUPER MILK」「HAPPY JACK」「HOT LINE」と巡る。
今日のところは収穫なし。それでもいろいろと見て廻れたので良かった。
ちょっと疲れたので、14時40分頃ホテルに戻って体力回復に努める。

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

年末京都ツアー<Day-2>

6時前に起床。昨夜、寝るのが早かったからな。
今日の予定はどうしよう? いつものように大原の温泉へ行きたいところだけど、雪が心配。
今のところ降ってはいないけど、山の方は確実に降っているだろうからな。
というわけで、温泉は断念。蕎麦を食べて、平安神宮あたりまでブラブラと歩くことにする。
普段なら真冬でもTシャツ+シャツ+革ジャンという出で立ちなのに、
今日はそれにヒートテックのロンTとセーターを重ね着。それでもちょっと寒いぐらい。
11時ごろホテルを出て、まずは「田毎」でビールを呑みながら晦日そばを食べる。
こちらのお祝い蕎麦には、帆立と小海老天というのが定番なのかしら?

それからブラブラとお散歩開始。三条の「JEUJIYA」で意味も無く楽器を見たあと、頂妙寺に立ち寄る。
何も知らずにブラリと立ち寄ったお寺・・・だけどとっても素敵なところ。さすが京都の奥深さよ。
そしてロームシアターに寄ってから平安神宮へ。ひたすらだだっ広くて落ち着く、好きな場所。
これまで行ったことがないところへ行こうと思い、地図で見つけた「くろ谷 金戒光明寺」へ。
全く知らないお寺だけど、ここもなかなかイイ感じ。何よりも人が少ないところが良い(笑)。
そろそろライブの時間が近づいてきたので、八坂神社から鴨川を経由して15時ごろホテルに戻る。

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

年末京都ツアー<Day-1>

今日から年末年始の休みに突入。
何もかも忘れて、思いっきり羽を伸ばすぞぉ~!というわけで、14時の新幹線に乗って京都へ。
強烈な寒波がやって来ているので、大丈夫かなぁ~と思っていたけど定刻通り16時過ぎに到着。
予想を遙かに超える寒さに驚きつつ、ブラブラと歩いて四条方面へと歩く。
17時過ぎにいつものホテル「京都セントラル・イン」にチェックイン。今回は新館のツインルーム。
今夜はライブの予定は無いので、しばらく休んでから18時ごろ呑みに出かける。
外へ出ると、ちらほらと雪が降っている。あまりの寒さにユニクロでヒートテックを購入。

そして行きつけの居酒屋「ぽんと」へ。この時間だから、余裕でカウンターに座ることが出来た。
湯葉刺身とはも天ぷらをつまみながら、ビール、酎ハイと呑み進めていく。
だけど女将さんの姿が無い・・・どうしたのかな?と心配しつつ、顔なじみの店員さんに訊いてみる。
そしたら「雪が降ってきたから早めに帰った」と・・・(笑) なーんだ、心配して損した。
でも本当にドキドキした。半年や一年に一度しか来られないから、どうなっているかわからない。
「年末に来る男」として待っていてくれているみたいだから、これからも出来る限り都合をつけて来たい。
2時間ほど満喫して、鴨川のほとりでクールダウン。あまりの寒さに誰も居ないのが笑える。
京都ならではのシメは「麺房美よし」でカレーうどん。この店は昭和元年創業ですと。
時間はちょっと早いけど、22時にはホテルに戻ってのんびりする。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

浜松

7時15分に起床。いつもの日曜日と同様、「シューイチ」を観ながら身支度。
10時前にはチェックアウトして、東海道線に乗って高塚駅へ。
今日は浜松で有名なファミレス「さわやか」で、昼ごはんを食べる計画。
10時15分ごろお店に到着。10時45分開店のところ、No.3の整理券をもらう。
しばらく時間調整したあと、開店と同時に店内へ。ビールとげんこつハンバーグを注文。
店員さんが切り分けて鉄板でジューッとすると、油がはねるのでランチョンマットでよける。
久しぶりに食べるげんこつハンバーグ、ジューシィでやっぱり美味しい。もう~大満足。

そのまま浜松駅へ戻ろうかと思ったけど、逆方向の電車に乗って弁天島駅へ。
弁天島海浜公園で浜名湖を眺めながら、しばらくボケーッとして過ごす。
父方の田舎がこの辺なので、子供の頃よく泳ぎに来たな。湖だから海水浴じゃないけど。
浜名湖はとても広いから、このあたりだったのかも定かではない。
だけど小石混じりの砂浜、なんとなく見覚えがあるような気がする。遠くて不確かな記憶。。。
新幹線の時間が近づいてきたので、13時26分の東海道線に乗って浜松駅へ。
そして14時11分発のひかりに乗り込み、1時間半ほどかけて東京へと戻る。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

大阪遠征<Day-2>

大阪二日目。いつもの土曜日のように、8時ごろ起きて「旅サラダ」を観る。
のんびりと支度して、ホテルから歩いてすぐの距離にある「なんばグランド花月」へ。
9時45分からの「本公演1回目」を観る。席は1階C列25番、前から三列目の良席。
前説に続いて、まずは西川きよしが登場。団体さん紹介を交えて、おもしろ可笑しいトーク。
続く“マルセイユ”は初めて見る。まだ若手だけれど、本格的な漫才という感じ。
“和牛”はもうすっかりお馴染み。オレオレ詐欺をモチーフにしたネタが笑えた。
“ダイアン”はテレビでよく見るコンビ。そのルックスだけで笑えるタイプ。
“テンダラー”をナマで見るのは二回目かな? そのときとネタがかぶっていたのは残念。
そして“オール阪神・巨人”。二人のキャラが立っていて、理屈抜きにおもしろい。
最後に登場したのは桂 文珍。独特の間でちょっとブラックな小咄。時折見せるニヤリ笑いがなんとも・・・。
休憩時間をはさんで「吉本新喜劇」。旅館を舞台に、お客さんと映画の撮影クルーを交えた大騒動。
川畑泰史を座長に、井上安世、島田一の介、烏川耕一、浅香あき恵、島田珠代などが出演。
個人的には、山田花子、Mr.オクレを見ることが出来たのは嬉しかったかな。

12時15分ごろ終了し、お昼ごはんを食べようと千日前をブラブラ。
ちょうど昼時ということもあり、どこの店もたくさんの人で溢れかえっている。
偶然見つけた「ホタル」という店に入って、串カツとどて焼きを食べながらちょっとだけ呑む。
新幹線の時間があるので1時間足らずの時間だったけど、なかなか美味しくて良かった。
それから御堂筋線で新大阪駅まで行き、14時10分発ののぞみに乗って東京へと戻る。

| | コメント (0)

2018年11月 9日 (金)

福岡・山口ツアー<day-3>

6時半に起床。例によって本日の予定を考える。
意を決して10時前にチェックアウト。下関駅からローカル線で小倉駅へと移動。
小倉は11年前にも来たけど、雨が降ってきたのでどこにも行けなかった事を思い出す。
驛から少し歩いたところに小倉城。なかなかいい雰囲気のお城だけど、天守閣が改装中で入れず。
隣の勝山公園を散策したあと、お腹が空いたのでお昼を食べることにする。
地元で大人気らしい「資さんうどん」とかなり迷ったけど、「鉄なべ」で鉄なべ餃子とちゃんぽんのセット。
小ぶりの餃子は意外とあっさりしていて、ビールを呑みながらまだまだ食べられそうな気がした。
それから駅の反対側へと移動。ミクニワールドスタジアム北九州や港などを見てまわる。

13時半過ぎの新幹線の乗って博多駅まで戻り、駅周辺をブラブラ。
博多駅地下街の「Groovin'」、アミュプラザ博多の「Tower Records」を覘いてみる。
そろそろ飛行機の時間が気になってきたので、地下鉄で福岡空港へと移動。
空港の展望ロビーで時間調整してから、16時20分発の飛行機に乗り込む。
今回はスカイマーク。椅子以外は何もないという感じのシンプルな機内。
羽田空港が混んでいるということで、20分ほど遅れて18時15分ごろ到着。
いろいろあったけど、とっても楽しい旅であった。

| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

福岡・山口ツアー<day-2>

朝、5時に目が覚める。旅の朝だからといいつつ、ちょっと早過ぎかな。
今日の予定を考えながらウダウダと支度して、9時にチェックアウト。
博多駅までブラブラと歩いて、9時57分発のソニック13号に乗り込む。
小倉駅で各駅停車に乗り換えて、15分ほどで門司港駅に到着。
レトロな雰囲気の街並み。前回来たのは2007年だから11年ぶりになるのか。
お腹が空いたのでまずは腹ごしらえ。名物の焼きカレーを食べに「伽哩本舗」へ。
有名店ということもあり混んでいたけど、カウンターが空いていたのでラッキー。
熱々のチキン焼きカレーと門司港驛ビールを堪能。本当に美味しかった。

それから街並みを眺めつつ1時間ほど歩いて、関門トンネル人道へ。
海底のトンネルを歩いて、九州から本州へ渡れるというたまらない体験。
全長780メートル、意外と長く感じた。これを作った人の苦労はいかなるものだったか。
出口に位置する御裳川からバスに乗って下関へ。駅前はすっかり変わってしまった印象。
まだ15時前だけど、ひとまず今夜泊まる「プリンスホテル下関 」へ行ってみる。
かなりレトロな印象。おまけに繁華街から離れていて、風俗街の真っ只中というシチュエーション。
というわけで急遽キャンセルして、ホテルの予約を取り直す。申し訳ないけど、仕方が無い。
海峡ゆめタワーや下関港国際ターミナルを見てまわり、予約した「スマイルホテル下関」にチェックイン。
「すごく狭い部屋」という訳ありプランのはずが、ツインの部屋を用意しておいてくれたのでありがたい。

しばらくホテルで休んでから、18時半ごろ再び出かける。
駅前はデパートやショッピングモール、少し離れたところに呑み屋が並んでいる。
どの店にしようか迷ったけど、11年前に入ったことがある「和や」に入ることにした。
ふく料理のコースを注文して、てっさ、ふく白焼、ふく唐揚、てっちりをひと通り満喫。
呑み物はもちろんふくひれ酒。当然つぎ酒も。シメにふく雑炊って、もうたまらない。
観光客オーラ丸出しの私に、食べ方をレクチャーしてくれた店員さんにも感謝。
2時間ほどで店をあとにし、調子に乗って二次会。「豊丸水産」というどこかで聞いたような名前の店へ。
ここはありがちな「いまどきの店」という感じだけど、それなりに楽しむことが出来た。
さすがに呑み過ぎたので、23時前にはホテルへ戻る。

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

大阪からの帰り道

6時半に起床。
台風の影響はまだ無い様子。雨は降っておらず、どんよりと曇っている。
大阪は午後から荒れ模様になるみたい。新幹線は11時40分で運休するとの事。
そのため、のぞみは軒並み満席。早いうちに予約変更しておいて良かった。
8時50分ごろチェックアウトして、ブラブラと歩いて御堂筋線に乗り込み新大阪駅へ。
コンビニや土産物屋も臨時休業していて、開いている店はたいへんな混み具合。
それでもどうにか弁当を調達して、ホームにあがる。ココもまたたくさんの人。
9時50分発ののぞみに乗車。指定席は満席、デッキにも人が溢れている。
おまけに指定席の通路までお客さんが立っている。こんなの初めてだ。
一日分の乗客が半日で移動するのだから仕方がないか・・・。
移りゆく空模様を眺めながら、12時20分過ぎに東京駅へ無事到着。

今夜は日比谷野音で“仲井戸麗市BAND”と“のん with SUPERHEROES”のライブがある予定だったけど、
「台風24号の接近に伴う影響を考慮した結果、大変残念ながら公演中止」とのこと。
東京駅で乗り換えるついでに、なんとなく日比谷野音へ寄ってみる。
当然ながら誰もおらず、入口には「公演中止」の貼り紙。
何気に楽しみにしていたので、残念だけれど仕方がない。
霞ヶ関駅まで歩いて、千代田線に乗って帰宅。

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

大阪ツアー<Day-3>

6時半に起床。昨夜遅かったから、しばらく二度寝。
9時半にはホテルをチェックアウトして、なんばグランド花月へ本公演を観に行く。
このところ大阪へ来るたび、すっかり恒例となっている漫才&よしもと新喜劇。
今回も早々にチケットを予約して、9時45分の本公演1回目を見ることにしたのだ。
今日の席は1階P列1番、ステージ下手の一番端。ステージからちょっと遠いけど観やすい。

“へびいちご”の前説に続いて、9時45分からいよいよ本編が始まる。
“テンダラー”は「THE MANZAI」でファイナリストになっただけあって、とってもしっかりとした漫才。
“相席スタート”は男女のコンビ。山﨑ケイはテレビでよく見かけるけど、漫才は初めて見た。
“モンスターエンジン”は「神々の遊び」のようなテレビ向けのネタでなく、オーソドックスなネタで良かった。
川上じゅんはホワイトボードを使った腹話術。どのような仕掛けになっているのかは謎。
“ジャルジャル”は有名だけど、漫才は初めて見たかも? 意外とおもしろくて好印象。
そしてやっぱり“西川のりお・上方よしお”が最高におもしろい。往年の持ちギャグを連発。
「オレたちひょうきん族」にハマっていた世代としては、漫才といえばいつまでもこの人達。
桂 文珍も世代的にピンポイント。ちょっと毒のある小噺が、最高に可笑しくて笑えた。

10分間の休憩時間をはさんで、「吉本新喜劇」が始まる。
出演は、酒井 藍、Mr.オクレ、島田珠代など。名前は知らないけど、見たことのある人もちらほら。
ストーリーは、蕎麦屋を舞台にしたドタバタ人情喜劇。借金まみれの父親の息子と
裕福な家に生まれ育った娘をなんとか結婚させようと、みんなでいろいろと小細工をする。
小細工を重ねていくうちにボロが出て、ドタバタと大騒ぎになるところがおもしろい。
45分ほどの公演。12時10分ごろすべて終了。

お腹が空いたので、これまた大阪定番の「づぼらや」へ。
ビールとひれ酒を呑みながら、てっさ、てっちり、ふぐ唐揚を満喫。
昼間からこうして呑み喰い出来るのって、本当にありがたい事だと思うわ。
14時過ぎにはおひらきにして、御堂筋線で新大阪駅へ。
15時ごろの新幹線の乗り込み、17時半に東京駅へ戻る。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧