2020年1月25日 (土)

大阪満喫

7時半に起床。昨夜遅かったからさすがに眠い。
10時前にはチェックアウトして、梅田東通りにある「横綱」で呑む。
今回はあまりゆっくり出来ないけれど、大阪へ来たからには串カツを食べないと。
1時間ほど呑み喰いしてから、御堂筋線に乗って新大阪駅へ。
予定をちょっと前倒しして、12時過ぎの新幹線で東京へ戻る。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

大阪の夜の出来事

友達とブラブラと駅へ向かう途中、道端でスマホを拾う。
正確には拾った人が道端の石段に置くところを見て「えっ?」と思って預かる。
人に踏まれないようにという配慮だとは思うけど、そんなとこに置いたら絶対見つからないだろ。
というわけで曽根崎警察へ届けに向かう。友達の電車の時間があるから焦ったけど、
自分の中で「落とし物を拾ったらキチンと対応してあげよう」という気持ちがあるから。
これまで二回ほど落とし物をして無事に返ってきたことがあるので、その時の恩は忘れられない、
拾った時は恩返しをしたいと思っているのだ。警察へ行く途中で本人から電話があり、無事に返却。
女子四人組。女子会かなんかの帰りなのかな? 楽しい気分が台無しになるところだった。
良かった・・・すごく喜んでいた。「気をつけて帰ってください」とか言ってくれた。なんだか逆にありがたい。
友達を改札まで送ろうとしたら、御堂筋線の入口がどこも閉まっていて焦る。
どうやら大きい入口しか開いていなかった模様。運転はホントに2時までやっていた。
友達とバイバイして1時半過ぎにホテルへ戻る。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

大阪満喫

7時半に起床。昨夜遅かったのでさすがに眠たくて二度寝。
11時にホテルをチェックアウトして、道頓堀界隈をブラブラ。
散々迷った挙句、もはや恒例となっている「づぼらや」で昼呑み。
ビールとひれ酒をのみながら、てっさ・てっちり・ふぐ唐揚げ・・・シメはふぐ雑炊。
二時間近くかけてじっくりと満喫して、13時過ぎに店をあとにする。
もう思い残す事は無いので、予約を前倒しして14時過ぎの新幹線に乗り込む。
酎ハイを呑みながら思い切り爆睡して、16時半ごろ東京駅へ戻る。

 

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

2019年末・京都<Day-3>

6時に起床。あいかわらず意味も無く早起き。
そのままウダウダ過ごして、11時ごろチェックアウト。
大晦日のお昼ごはんは、やはり「常磐」のにしんざるに限る。
開店と同時に店に入ったけど、あっと言う間に満席になったのでビックリ。
それからブラブラと歩いて京都駅へ戻る。途中に磔磔と佛光寺に寄るのはお約束。
意外と混んでいる上りホーム。13時過ぎの新幹線に乗り込み東京へと戻る。
滋賀のあたりでは窓一面に大きな虹。なんだか不思議な感じがした。
駅前で年越し蕎麦を買って、16時過ぎに無事に帰宅。

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

2019年末・京都<Day-2>

6時半に起床。気がつけば今日は営業日なんだな。
窓の外は雨・・・年末で混んでいるだろうし、観光はあきらめてウダウダする。
11時前にはホテルを出て、麩屋町三条の「晦庵 河道屋」でにしんざるを食べる。
春に見つけたこの店で、年末に蕎麦を食べる不思議。この一年を噛みしめる。
それから中古盤屋巡り。「Joe's Garage」「HOT LINE」「スーパーミルク」の定番コース。
その頃には雨もあがっていたので、鴨川のほとりをブラブラしてからホテルへ戻る。

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

2019年末・京都<Day-1>

今日から二泊三日の予定で、年末恒例の京都遠征。
年末に京都へ行くのはこれで何度目だろうか? 今年も無事に行ける事に感謝。
帰省ラッシュが始まり、ごった返す東京駅。新幹線のホームもすごい人。
それでも乗ってしまえばこっちのモノ。グリーン車しか予約出来なかったのも幸いして快適な旅。
13時過ぎに京都駅に到着。今年もやって来ました約束の地。まずは京都タワーに挨拶。
それからブラブラと歩いて四条へ行くのが流儀。思っていたほど寒くない。
京都で一番好きな場所「佛光寺」へ寄ったあと、定宿の「セントラル・イン」にチェックイン。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

沖縄<Day-2>

6時ごろ起床。昨夜はいつの間にか寝落ちしたみたいだ。
呑みそびれた「シークヮーサー香るさわやか泡盛」なるものを呑みながらしばらくウダウダ。
9時半にホテルをチェックアウトして、ブラブラと歩いて第一牧志公設市場へ向かう。
一階の市場に並ぶ珍しい魚を眺めながら、二階の飲食店エリアで朝食兼昼食。
「えん」という店で海ぶどう・刺身盛り合せ・沖縄やきそばを食べながら、ビールとうっちんハイを呑む。
なんだか朝からずっと呑んでいる感じ・・・かなり気持ち良くなっている午前10時半。
酔い醒ましをしながら国際通りを歩いて、牧志駅からモノレールで首里へと向かう。
目指すは首里城。10月末の火災でひどいことになっていて、ちょっとばかり複雑な気持ち。
だけど展望台から臨む街の風景とその向こうに見える海は、胸にスッと入り込んでくるような気がした。

再びモノレールに乗って美栄橋駅まで戻り、そこから歩いて海へ行ってみる。
何の変哲も無い道だけど、なんとなく本土とは違った空気が漂っている。
30分ほど歩いて「波の上ビーチ」に到着。人工の砂浜だけど、さすがに水は透き通って綺麗。
思わず裸足になって海へ入る。水はちょっと冷たいけれど、気持ち良くてたまらない。
市場で買ったサーターアンダギーを食べながら、しばらく海を眺めて過ごす。
それからまた少し歩いて「波の上うみそら公園」へ。こちらは岩場になっている。
さっきまで暑いぐらいだったけど、雲が出てきて少しだけ寒くなってきた。
このまま那覇空港まで歩けるかと思ったけど、自動車専用道路なので断念。
旭橋駅からモノレールに乗り込み、16時過ぎに那覇空港駅へと戻る。

空港では最後のあがきで、琉球そばを食べながらオリオンビールを呑む。
そんなことをしているうちに搭乗時間が近づいて来たので、急いで保安検査場へ。
ところがまさかの大行列。係の人に別の入口を案内され、空港内を右往左往。
1時間以上前に空港へ着いたのに、乗る間際にドタバタする羽目になってしまった。
なんとか無事に飛行機に乗り込み、17時30分発のスカイマーク便で19時45分ごろ羽田空港へ戻る。
弾丸だったけど楽しかった沖縄。また行くことを誓いつつ、モノレールに乗って帰宅。

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

沖縄<Day-1>

今週末は沖縄へ。
「今年の無理は今年のうちに」の言葉通り、一泊二日の強行スケジュール。
しかも半世紀以上生きてきて、正真正銘これが初めての沖縄。
1996年に自分のホームページで「めざせ!!全国制覇」という企画をスタートさせ、
都道府県単位で行ったところ(通過は除く)を塗り潰してきたけれど、
なかなか塗りつぶす事が出来なかった沖縄県。23年かかってようやく達成することが出来る。
そんな思いを胸にモノレールで羽田空港へ向かい、11時15分発のJAL便に乗り込む。
予定より遅れて離陸。機内ではWiFiを使ってインターネット。機内モードでWiFiが使えるのを初めて知った、
やっぱりJAL便は快適。3時間弱の長いフライトも、あっという間に感じた。
14時05分に那覇空港へ到着。いよいよ沖縄県に初めて降り立つ瞬間。
「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」という言葉通りの感覚。
予想通りとても暖かいけど、陽射しはそれほどキツくない。見るものすべてが鮮やかに感じる。

空港からは「ゆいレール」というモノレールを利用。二両編成の車両の先頭に乗り込む。
目の前に広がる街並みは本土とはやはり違っていて、沖縄へ来たなぁ~と実感する。
美栄橋駅で下車して、国際通りへ向かいつつ、遅めの昼食をとろうと店を探す。
ほどなくして「我部祖河食堂」という1966年創業の「元祖ソーキそばの店」を見つける。
なかなか味のある外観と店内、オリオンビールを飲みながらソーキそばをいただく。
それから国際通りへ。思い切り観光地という雰囲気だけど、沖縄初心者にはちょうどイイ。
市場本通りで屋台を冷やかしつつ、今夜のライブ会場「桜坂劇場」を下見。
「桜坂劇場」前の坂をあがった公園には、遠藤ミチロウがまたがったはずの我自由丸。
沖縄はやはり特別なシンパシーを感じる。しばらくミチロウの事に思いを寄せる。
再び国際通りへ戻り、「MARUTAKA MUSIC」で沖縄ならではのCDを購入。
そして今夜泊まるホテル「シーサー・イン那覇」へ17時ごろチェックイン。値段なりのホテル、悪くはない。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

関西ツアー5日目:姫路

ツアー最終目、6時半に起床。テレビを観ながらウダウダして、9時にチェックアウト。
ちょっと寒いけど、呆れるぐらいいい天気。さっそく姫路城へ向かう。
天守閣は六階建、百間廊下という長い回廊もあるので、全部まわるのに2時間かかった。
歴史を感じるのには充分な造りで、今まで見た中でも上位に入る感じ。
12時過ぎてお腹も空いたので、お昼ごはんを食べようと商店街を徘徊。
友達に教えてもらった「赤心」のオムライスも食べたいけど、「やま義」のあなごめしも捨てがたい。
お昼時ということもあり、どちらの店も並んでいる。究極の選択の結果、「やま義」の列に並ぶ。
意外と早く20分ほどで入店。あなごめしと焼きあなご、ひねポンが付いた特上セットをチョイス。
ひつまぶし方式で、最後はお吸い物をかけて食べる。これがメチャメチャ旨かった。

時間は13時。まだ早いけど、さすがに遊び疲れたので帰ることにする。
旅の終わりはいつもこんな感じ。見逃したもの、やり残したこと、食べ損なったもの・・・たくさん有るような。
だからこそまた来たいと思うのだろうな。きっと必ず来るよ、姫路。いい街だった。
13時49分姫路駅発の新幹線に乗り込み、3時間ほどかけて東京駅へ到着。
ずっと寝ていたこともあって、意外と早く感じた。時間の感覚なんて、そんなもの。
これにて四泊五日の関西ツアーは終了。今回もメチャメチャ楽しかった。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

関西ツアー4日目:明石~姫路

ツアー4日目、6時半に起床。今回のお宿は朝食付き、8時ごろ美味しくいただく。
10時にチェックアウトして、御堂筋線で梅田駅まで行き、JRへ乗り換え・・・ここで軽く迷子。
駅は「駅!」という感じにしてくれていれば良いのに、変にデパートのように装ってるのでわかりにくい。
それでもなんとかJR神戸線に乗り換えて、1時間ほどで明石駅へ到着。気が向くままぶらり途中下車。
駅から少し歩くと明石港。海の向こうに明石海峡大橋が見えるシチュエーション。暑いぐらいの陽気が気持ちいい。
明石へ寄ったのは明石焼きを食べるため。魚の棚商店街で店を探し、「明石焼き ゴ」という店に入る。
明石焼きを本場で食べるのは二度目。朝食をしっかり食べたので、15個はキツいかと思ったけどあっさり完食。
具はタコ、アナゴ、コンスジ。漢字クイズで割引ということだけど、あまりにも難しすぎて玉砕。
ここの商店街は美味しそうなモノばかり並んでいる。ふぐ天150円はビックリ。キリが無いので足早に立ち去る。
駅の反対側に出ると明石公園。明石城址ということで特に何も無いけど、のんびりと過ごすことが出来た。
ミュージシャンはよく「バンドでツアーしてると、だんだんアタマがグジャグジャになる」と言うけど、
ちょっとわかるような気がする。こんな旅でもすでにグジャグジャになってきている。ここはどこ?

再びJR神戸線に乗り込み、15時過ぎに姫路駅へ到着。2007年7月以来 12年ぶり三度目の来姫。
思っていたより駅前は賑やかで、人もたくさん歩いている。ちょっとだけホッとした。
姫路城へ行こうと思ったけど、時間が無いので明日に変更。遠くから眺めるだけにする。
16時に今夜泊まるホテル「ホテルリブマックス姫路駅前」へチェックイン。
部屋の鍵がデジタルロック形式だったり、電子レンジが置いてあったり、なにかと斬新。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧